ソニーモバイル、4K有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップモデル 「Xperia 1」を発表

スポンサーリンク

ソニーモバイルコミュニケーションズ

2019年2月25日、スペイン・バルセロナで開催されているMWC19 Barcelonaに合わせてソニーモバイルコミュニケーションズが2019年のフラッグシップモデル「Xperia 1」を発表しました。

やはり噂通り今年のフラッグシップモデルの名称は「Xperia XZ4」ではなく「Xperia 1」だったようです。

 

 

2019年 フラッグシップモデル「Xperia 1」

Xperia 1

今回発表されたXperia 1 (エクスペリア ワン)の一番の特徴は、映画館のワイドスクリーンと同じ縦横比 21:9の6.5インチ 4K 有機ELディスプレイを搭載しているところです。

 

4K 有機ELディスプレイ

4K 有機ELディスプレイ

ちなみにこの21:9という比率はシネマスコープサイズ(シネスコ)と呼ばれ、映画などのコンテンツに採用されています。

そのため、Xperia 1で映画を見る時フルスクリーン(全画面表示)にすると、ディスプレイいっぱいに高精細で色鮮やかな映像が映し出されるはずです。

実際に見ていないので断言することはできませんが、このディスプレイであればかなり期待できます。

 

トリプルレンズカメラ 

トリプルレンズカメラ 

次に目を引くのは背面のトリプルレンズカメラです。こちらは3つとも1200万画素のカメラですが、それぞれ焦点距離が異なっており、焦点距離は「16mm  / 26mm / 52mm」となっています。

さらにノイズを軽減する画像処理エンジン「BIONZ X」や、被写体の目を追跡してフォーカスする「Eye AF」、被写体が動いていてもベストショットを逃さない最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連続撮影機能も搭載しています。 

また、プロカメラマンのようにシャッタースピードやISOを全てマニュアルにして撮影することもできます。

 

 

デザイン

筐体は金属フレームと傷に強い耐久性のある化学強化ガラス「Gorilla Glass 6」を採用したフラットなデザインになっていています。

ただ、背面は湾曲していませんがカメラ部分がすこしで飛び出しているようです。

ですが、この出っ張りはケースを付けると目立たなくなるので多くの人は気にしないと思いますけどね。

デザイン

 

そして今回カラーバリエーションにパープルが復活しました。「やっぱりXperiaと言えばこの色」という人も多いかもしれませんね。僕も個人的にこの色はXperiaの色という感じがします。

パープル

 

なんとなくですがデザインが以前のXperiaに少し戻ったような感じがします。個人的にはXZシリーズのような湾曲したデザインよりもこのようなシンプルなデザインが好みです。

 

対応周波数帯(バンド)

Xperia 1は世界中の様々な国で発売される予定ですが、海外で発売されるグローバルモデルのXperia 1も、日本の携帯電話会社の周波数帯に対応しているようです。

J8110, J8170, J9110 / GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,19,20,26,28,29,32,38,39,40,41,46,66
LTE (4G) Cat19/Cat13

Xperia 1の対応周波数帯(バンド)を見てみると、ドコモ・au・ソフトバンクのプラチナバンド(LTE)に対応していました。

ただし、グローバルモデルのスマホでauの音声通話は利用できない可能性が高いので要注意です。それとグローバルモデルのスマホを日本で使用する場合は自己責任となります。ご注意ください。

 

その他の特徴
  • CPUはハイエンド向けのQualcomm Snapdragon 855を採用
  • 横幅は72mmと握りやすいサイズに収まっている
  • イヤホンジャックは無し
  • 防水・防じん仕様
  • カラーバリエーションは「ブラック / ホワイト / グレー / パープル」の4色

 

「Xperia 1」スペック

メーカー名 ソニーモバイルコミュニケーションズ
モデル名 Xperia 1
OS Android 9.0 (Pie)
ディスプレイ 画面サイズ 6.5インチ 有機EL / 縦横比 21:9 解像度 フルHD+ (3840 x 1644ドット) / 米コーニング社 Gorilla Glass 6
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 855 (オクタコア)
メインメモリ 6GB
内蔵ストレージ 64GB / 128GB
カメラ (アウト) 1200万画素 x 3
(16mmスーパーワイド・52mm望遠・2倍光学ズーム)
カメラ (イン) 800万画素
バッテリー容量 3330mAh (急速充電 USB PDに対応)
サイズ 167 x 72 x 8.2mm
重さ 約 180g
Bluetooth Bluetooth 5.0
センサー GPS / 指紋認証 
外部メモリ microSD (最大 512GB)
その他 防水・防じん (IP65・IP68) / USB 3.1 Type-C / ハイレゾ音源に対応
カラーバリエーション ブラック / ホワイト / グレー / パープル

 

まとめ

MWC 2019に合わせてソニーモバイルから2019年版フラッグシップモデル「Xperia 1」が発表されました。

そして例年通りフラッグシップモデルの「Xperia 1」のみが、2019年 夏モデルとして5月頃からドコモ・au・ソフトバンクの3社より発売されるのではないかと思います。

販売価格に関しては、最近だとハイスペックモデルのスマホの価格が10万円を超えるのも珍しい事では無くなってきているので、今回発表されたソニーモバイルのフラッグシップモデル「Xperia 1」もそのぐらいの価格になるかもしれませんね。

 

Xperia 1 - Official website - Sony Mobile (Global English)