ソニーモバイル、MWC19に合わせミドルレンジの「Xperia 10 / Xperia 10 Plus」を発表

スポンサーリンク

ソニーモバイルコミュニケーションズ

2019年2月25日、スペイン・バルセロナで開催されているMWC19 Barcelonaに合わせてソニーモバイルコミュニケーションズが、ミドルレンジモデルの「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」を発表しました。

 

 

2019年版 ミドルレンジモデル「Xperia 10 / Xperia 10 Plus」

Xperia 10 Plus

MWC19 Barcelonaに合わせてソニーモバイルが発表した2019年版 Xperiaの特徴は、何と言っても縦横比 21:9のシネマスコープサイズ 縦長ディスプレイを搭載しているということです。

今回発表されたフラッグシップモデルの「Xperia 1」はもちろんのこと、ミドルレンジモデルの「Xperia 10」と「 Xperia 10 Plus」まで、このシネマスコープサイズの縦長ディスプレイを搭載しています。

そして「Xperia 10」の画面サイズは約 6インチ、「Xperia 10 Plus」の画面サイズは約 6.5インチで、両機種ともに画面は傷に強い米コーニング社のGorilla Glass 5を採用、背面にデュアルレンズカメラを搭載し、右側面に指紋認証センサーを備えています。

ただし、このクラスのXperiaは残念ながら防水・防じん機能は備えていません。

また、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」には共通する部分も多くありますが、それでも画面サイズ以外に搭載しているCPUやメモリの容量、カメラの仕様やバッテリー容量等、多少違うところもあるので、それぞれの特徴やスペックをまとめました。

 

Xperia  10

Xperia  10

昨年まではソニーモバイル製のミドルレンジモデルのスマホには「XA」という名称がついていましたが、今年のミドルレンジモデルにはこの名称がついていませんでした。

この"名称なし"が今回限りなのか、それとも新しいシリーズなのかわかりませんが、スペックを見る限り、今回発表されたミドルレンジモデルの「Xperia 10」は、昨年まで発売されていた「XAシリーズ」の後継モデルという認識で間違いなさそうです。

 

ちなみに海外のソニーモバイル公式サイトで「Xperia 10」のシングルSIMモデルが£299 (ポンド)、日本円にすると約44,000円で販売されています。

Official Sony Xperia Store UK

 

「Xperia 10」の特徴
  • 画面サイズは約 6インチ、縦横比 21:9の縦長ディスプレイを搭載しており解像度はフルHD+
  • 傷に強い化学強化ガラス 米コーニング社 Gorilla Glass 5を採用
  • CPU(SoC)はミドルレンジモデル向けのQualcomm Snapdragon 630 (オクタコア)を採用
  • RAM 3GB、ROM 64GB
  • OSは最新のAndroid 9.0 (Pie)を搭載
  • メインカメラは1300万画素+500万画素のデュアルレンズ仕様
  • 3.5mmヘッドホンジャックあり
  • ハイレゾ音源に対応
  • USB Type-Cコネクタを搭載
  • 外部メモリ microSDに対応
  • 右側面に指紋認証センサーを搭載
  • 本体はスリムで横幅が68mm
  • カラーバリエーションは「ブラック / ネイビー / ピンク / シルバー」の4色展開

 

Xperia 10 サイズ

 

「Xperia 10」スペック
メーカー名 ソニーモバイルコミュニケーションズ
モデル名 Xperia 10
OS Android 9.0 (Pie)
ディスプレイ 画面サイズ 6インチ 縦横比 21:9 解像度 フルHD+ (2520 x 1080ドット) 米コーニング社 Gorilla Glass 5
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 630 (オクタコア)
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 64GB
カメラ (アウト) 1300万画素 + 500万画素
カメラ (イン) 800万画素
バッテリー容量 2870mAh
サイズ 156 x 68 x 8.4mm
重さ 約 162g
Bluetooth Bluetooth 5.0
センサー GPS / 指紋認証 
外部メモリ microSD (最大 512GB)
その他 USB Type-C / 3.5mmヘッドホンジャックあり / ハイレゾ音源に対応
カラーバリエーション  ブラック / ネイビー / ピンク / シルバー

 

 

 

Xperia  10 Plus

Xperia  10 Plus

約 6.5インチの大きなディスプレイを搭載した「Xperia 10 Plus」も、やはり昨年8月に海外で発売された「Xperia XA 2 Plus」の後継モデルにあたる機種と思われます。

こちらも「Xperia 10」同様に日本での発売はアナウンスされていませんが、「Xperia 10 Plus」のシングルSIMモデルが海外のソニーモバイル公式サイトで£349 (ポンド)、日本円にすると約51,600円で販売されています。

 

「Xperia 10 Plus」の特徴
  • 画面サイズは約 6.5インチ、縦横比 21:9の縦長ディスプレイを搭載しておりXperia 10と同じく解像度はフルHD+
  • 傷に強い化学強化ガラス 米コーニング社 Gorilla Glass 5を採用
  • CPU(SoC)はミドルレンジモデル向けのQualcomm Snapdragon 636 (オクタコア)を採用
  • RAM 4GB、ROM 64GB
  • OSは最新のAndroid 9.0 (Pie)を搭載
  • メインカメラは1200万画素 + 800万画素の2倍光学ズーム付きデュアルレンズ仕様
  • 3.5mmヘッドホンジャックあり
  • ハイレゾ音源に対応
  • USB Type-Cコネクタを搭載
  • 外部メモリ microSDに対応
  • 右側面に指紋認証センサーを搭載
  • カラーバリエーションは「ブラック / ゴールド / ネイビー / シルバー」の4色展開

 

Xperia 10 Plus サイズ

 

「Xperia 10 Plus」スペック
メーカー名 ソニーモバイルコミュニケーションズ
モデル名 Xperia 10 Plus
OS Android 9.0 (Pie)
ディスプレイ 画面サイズ 6.5インチ 縦横比 21:9 解像度 フルHD+ (2520 x 1080ドット) 米コーニング社 Gorilla Glass 5
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 636 (オクタコア)
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
カメラ (アウト) 1200万画素 + 800万画素
カメラ (イン) 800万画素
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 167 x 73 x 8.3mm
重さ 約 180g
Bluetooth Bluetooth 5.0
センサー GPS / 指紋認証 
外部メモリ microSD (最大 512GB)
その他 USB Type-C / 3.5mmヘッドホンジャックあり / ハイレゾ音源に対応
カラーバリエーション ブラック / ゴールド / ネイビー / シルバー

 

 

ETORENが「Xperia 10 / Xperia 10 Plus」の販売開始

日本からの利用者も多い海外通販の「ETOREN (イートレン)」が早速「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の販売を開始しました。

ETORENが「Xperia 10 / Xperia 10 Plus」の販売開始

取り扱いを開始したモデルは2機種ともSIMカードが2枚入る「デュアルSIMモデル」で販売価格は「Xperia 10」が40,100円、「Xperia 10 Plus」が49,300円となっています。(2019年2月27日現在)

ただ、ETORENの販売価格は変動しやすいので購入前にサイトでしっかり価格をチェックしてくださいね。

ETORENは僕も利用していますが、サイト内の文字や表記を日本語にできますし全ての商品に12ヶ月保証がついています。

また、万が一修理が必要な時でも日本国内の提携倉庫に送ることになるので海外に発送する必要はありません。日本語でのサポートも受けられますし、英語ができなくても安心して利用できる海外通販サイトです。

 


日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

 

まとめ

今回発表された「Xperia 10」、「Xperia 10 Plus」も「Xperia XAシリーズ」のように、フラッグシップモデルに比べると性能はやや控えめですが、最新機能や流行りの便利機能を搭載したスーパーミッドレンジクラスのスマートフォンに仕上がっています。

このスーパーミッドレンジクラスのスマホがSIMフリースマホとして日本で発売されれば人気が出ると思っているのですが、なにか大人の事情があるのか、それとも日本で販売するとなるとコストが合わないのか... 毎度のことながら少し残念です。