ドコモ、中古のスマホでもSIMロック解除に対応

スポンサーリンク

NTTドコモ

NTTドコモは2月15日(金)、今後SIMロック解除の受付条件を一部変更し、2019年2月20日(水)以降は中古端末でもSIMロック解除に応じると発表しました。

 

 

SIMロック解除

SIMカード

これまでは他人が購入した端末のSIMロック解除はできず、端末のSIMロックを解除したい場合はスマホを購入した契約者本人がSIMロック解除を行わないといけませんでした。

それが今回の受付条件の一部変更により、2019年2月20日(水)以降はショップから購入した中古のスマホや、知人や家族から譲り受けたスマホでもSIMロック解除の手続きが可能となります。

 

中古端末のSIMロック解除方法

中古端末のSIMロック解除手続きも、契約者本人が端末のSIMロック解除を行うときと同じように「ドコモオンライン手続き」か「ドコモショップ」で行います。

 

ドコモオンライン手続きであればSIMロック解除の手数料は無料。ただし手続きを行うには無料で作れるdアカウントが必要となります。

ドコモショップで手続きする場合はSIMロック解除の手続きで1台あたり3,000円(税別)の手数料が発生します。

※ドコモショップでは一度の受付で2台までSIMロック解除の手続きが可能です。 

 

まとめ

これまでは中古で販売されているiPhoneでもSIMフリーやSIMロック解除済みのほうが高値で販売されていましたが、今後中古端末でもSIMロックの解除ができるようになるとSIMロックが掛かった状態のドコモ版 iPhoneでも、SIMフリー版のiPhoneと同じような扱いとなり、中古で販売されているドコモ版 iPhoneの販売価格が少し高くなるかもしれません。

また、中古のドコモ版 iPhoneでも、SIMロック解除を行えばSIMフリー版のiPhoneと同じように、月額料金の安いY!mobileやUQモバイル、そしてau・ソフトバンク系の格安SIMで利用できるようになります。

 

今回のSIMロック解除条件の一部変更はドコモと契約している人や、ドコモ系の格安SIMを使っている人には、それほど影響のないニュースだったかもしれませんが、au網やソフトバンク網を利用しているユーザーにとって、今回のドコモの発表は朗報だったのではないでしょうか。

でもドコモから購入したiPhoneを売る時に少し高く売れるようになるかな?

 

ドコモからのお知らせ : SIMロック解除の受付条件を一部変更 | お知らせ | NTTドコモ