シャープがAQUOS sense2のSIMフリーモデルを12月27日に発売

スポンサーリンク

シャープが約5.5インチのフルHD+ IGZOディスプレイを搭載したスタンダードモデル 「AQUOS sense 2 SH-M08」のSIMフリーモデルを12月27日(木)より発売します。

AQUOS sense 2 SH-M08

「AQUOS sense 2」は現在ドコモ、au、UQ mobileにてキャリアモデルとして販売されていますが、同じ機種のSIMフリー版の発売が決定しました。

「AQUOS sense 2」SIMフリーモデルのカラーバリエーションはホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルーの4色で、楽天モバイルのみ限定カラーの「カーディナルレッド」を取り扱います。

また、「AQUOS sense 2 SH-M08」の販売価格に関してシャープの正式発表はまだですが、いち早く「AQUOS sense 2 SH-M08」の取り扱いを発表したMVNOの楽天モバイルでは、新規一括払いの価格が29,800円(税別)となっていたので、おそらく家電量販店やネット通販での販売価格もこれに近い金額ではないかと思います。

 

AQUOS sense2 SH-M08

AQUOS sense2 SH-M08

今回SIMフリーモデルの発売が発表された「AQUOS sense 2 SH-M08」は、やや丸みを帯びたアルミボディに2.5D加工を施した5.5インチ縦長ディスプレイを搭載、普段使いにとって重要な防水・防じん、おサイフケータイをサポートした、シャープがスタンダードモデルと位置づける「AQUOS senseシリーズ」の新モデルです。こちらは文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」などの便利機能もサポートしているので、スマホ初心者や年配の方でも安心して使うことができます。

 

AQUOS sense2 SH-M08の特長

  • 画面は縦長タイプの約5.5インチ フルHD+ IGZO液晶ディスプレイ
  • 画面に傷がつきにくい化学強化ガラス Gorilla Glass 3を採用
  • スマホ本体は剛性の高いアルミ素材を採用
  • 横幅71mmで丸みのあるデザインなので手にフィットして持ちやすい
  • OSはAndroid 8.1 (Oreo)を搭載
  • 水やホコリから守ってくれる安心の防水・防じん仕様
  • おサイフケータイに対応
  • 周囲の視線から画面を隠す「のぞき見ブロック」機能付き
  • 人工知能「エモパー」で気になる情報を自動でキャッチ

 

カメラ

カメラ

背面のメインカメラにはF値2.0の明るいレンズと従来モデルよりも大型のイメージセンサーを搭載。さらにハイスピードオートフォーカス機能によるすばやいピント合わせも可能で、薄暗い場所でもノイズやブレを抑えたキレイな写真が撮影できます。

また、AQUOS sense 2は「AQUOS senseシリーズ」で初の「AIオート」機能を搭載。被写体やシーン合わせてAIが最適な設定モードを選択してくれるので、写真撮影が苦手な人でも安心です。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーション

今回発表されたSIMフリーモデルは、既にキャリアから販売されているモデルのカラーバリエーションとは異なり、ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルーの4色をラインナップしています。

また、楽天モバイルは上記の4色に加え限定カラーの「カーディナルレッド」も取り扱います。

「カーディナルレッド」が気になるという人は、楽天モバイルの公式サイトをチェックしてみてください。このカラーは楽天モバイル限定なので量販店やネット通販では手にはいりません。

 

楽天モバイル限定カラー「カーディナルレッド」

 

楽天モバイル限定カラー「カーディナルレッド」

 

【楽天モバイル】: 楽天モバイル

 

安心の長期サポート

シャープの発表によると、AQUOS sense2 SH-M08 は発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップをサポートします。これなら新しいOSへのバージョンアップも期待できそうですね。

既にキャリアから販売されているAQUOS sense2にはAndroid 9.0 (Pie)へのアップデートが実施されていますし、SIMフリーモデルの「AQUOS sense2 SH-M08」も発売後すぐにOSアップデートが実施されるかもしれません。

こまめなアップデートや、次のOSへのアップデートも期待できそうですね。

 

AQUOS sense2 SH-M08 スペック

メーカー名 シャープ
モデル名 AQUOS sense2 SH-M08
OS Android 8.1 (Oreo)
ディスプレイ 約 5.5インチ IGZOディスプレイ / 2.5Dガラス Gorilla Glass 3 /
解像度 フルHD+ (2160 x 1080ドット)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 450 SDM450
[1.8GHz (オクタコア)]
メモリ(RAM) 3GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
カメラ (アウト/イン) 1200万画素 (F値2.0) /
800万画素 (F値2.2)
バッテリー容量 2700mAh
サイズ 148 x 71 x 8.4mm
重量 約 155g
通信 (3G) Band 1 / 5 / 6 / 8 / 19
通信 (4G/LTE) Band 1 / 3 / 5 / 8 / 12 / 17 / 19 / 26 / 41
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIMカード nanoSIM
センサー GPS(GLONASS、BeiDou対応) /
外部メモリ microSD (最大 512GB対応)
カラーバリエーション ホワイトシルバー / ニュアンスブラック / アッシュイエロー / アーバンブルー
その他 USB Type-C端子 / ハイレゾ / おサイフケータイ / イヤホンジャックあり / エモパー / 防水・防じん (IP65/IP68)

 

まとめ

AQUOS sense2は大画面で美しいIGZOディスプレイを搭載し、普段使いに必要な機能をしっかりサポートしたスタンダードモデルのスマートフォンです。

スタンダードモデルの「AQUOS senseシリーズ」なら販売価格もそれほど高額にはなりませんし、これだけの機能を備えて販売価格が3万円台ならコスパは良いほうだと思います。

SIMフリーモデルの「AQUOS sense 2 SH-M08」と月額料金(料金プラン)が安い格安SIMのセットで持てば月々の携帯料金を安く抑えることができますし、これからスマホを持とうと考えているスマホ初心者にはオススメのSIMフリースマホです。

最近、シャープはキャリア向けSIMフリー問わず新モデルをドンドン発表しています。やはり必要な機能をしっかりサポートしているAQUOSシリーズだからこそ人気があるんでしょうね。これは昨年に続き今年も日本でのAndroid搭載スマホのメーカー別販売台数シェア 第1位を獲得できるかもしれませんね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村