au、Xperia XZ3 (SOV39)にGoogleレンズ機能追加とディスプレイの不具合を修正するアップデートを開始

スポンサーリンク

kDDI (au) 

Xperia XZ3 (SOV39)

KDDI (au)は11月27日(火)、ソニーモバイル製 Xperia XZ3 (SOV39)に対して、カメラアプリに検索・読み取り機能がつく「Google レンズ」機能を追加する為のアップデートを実施すると発表しました。

本アップデートにはこれ以外にもセキュリティ機能の改善や、画面が緑色になる場合がある事象の改善が含まれています。

 

アップデート内容

  • 画面が緑色になることがある事象の改善
  • Googleレンズアプリの対応
  • セキュリティ機能の改善 (Androidセキュリティパッチレベルが2018年11月となります。)

※更新されるソフトウェアには、上記以外にもスマホより快適に利用する為の改善内容が含まれています。

 

Google レンズ

Google レンズ

「Google レンズ」はカメラで映した物に対してWeb検索や翻訳、文章のコピー、商品や類似品の検索、バーコードリーダー機能が使えるようになる便利な機能です。

カメラに映すだけで英文を翻訳したり、画像から文章を認識し"文字として"コピーできる機能(OCR)は便利で良いですね。それ以外でも旅行先の観光名所を映して様々な情報を調べたり、珍しい動物や植物を見かけたときにも使えますね。

 

セキュリティ機能の改善 (Androidセキュリティパッチレベル)についての詳細は下記リンク先で詳しく説明されています。日付の横に「日本語」と書かれているリンクがあり、そこを開くと日本語で内容を確認することが出来ます。

Android Security Bulletins | Android Open Source Project

 

「更新時間」と「ファイルサイズ」

アップデート方法  更新時間 ファイルサイズ
端末本体(4G/Wi-Fi)/
パソコン利用
約8分  約485MB

 

スマホ本体でソフトウェア更新を行う場合、本アップデートに必要なファイルサイズは約485MB、更新にかかる時間は約8分です。

今回もアップデートに必要なファイルサイズが500MB弱となかなか大きなサイズとなっていますが、KDDI(au)はソフトウェアアップデートに必要なパケット通信料も有料となるので注意してください。データ通信量を無駄にしない為にも、出来ればWi-Fi接続でソフトウェアアップデートを実施する事をオススメします。

 

アップデート方法

Xperia XZ3本体で「メインメニュー → 設定  →  端末情報  →  ソフトウェア更新 」と操作するとソフトウェアアップデートが開始されます。

 

スマホ (Android・iPhone)のアップデート方法や注意点のまとめ

 

アップデート実施後の確認

ソフトウェア更新を行い自動的にスマホが再起動したあと、無事にアップデートが完了したのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー → 設定 → 端末情報」で確認できます。

ここでビルド番号が「52.0.C.1.127」になっていればアップデートは無事完了です。

 

所感

11月27日にドコモからもXperia XZ3に対して同様のアップデートが開始されています。画面に緑色の線が入るという問題は以前、有機ELディスプレイを搭載したiPhone Xで見かけましたが、今回Xperia XZ3で発生した問題はアップデートで対応できるようなのでハードウェアの故障では無さそうですね。それとカメラアプリに「Google レンズ」機能が追加されるのは嬉しいニュースですね。僕もこの機能使ってみたいなぁ~

  

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村