Covia、i-dioに対応したSIMフリースマホ「i-dio Phone」を発売

スポンサーリンク

i-dio Phone

コヴィア・ネットワークスは12月17日、これから始まる新放送サービス「i-dio」や、ワイドFMラジオ、地デジ(ワンセグ放送)に対応するSIMフリースマホ「i-dio Phone」を12月21日(月)より発売すると発表しました。

 

i-dio Phone

i-dio Phone

「i-dio Phone」特長 

  •  画面サイズ 約 5インチのIPS液晶を搭載
  • CPUは 1.2GHzのクアッドコア
  • OSはAndroid 5.1
  • 800万画素のカメラと3000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 地デジ(ワンセグ)の視聴が可能
  • 通信はドコモのプラチナバンドに対応
  • バッテリー交換が可能

  

新放送サービス「i-dio」

i-dioはTOKYO FM / JFN 他各社が推進する新放送サービスで、地デジ化にともなって使用されなくなった、地上アナログ放送の電波 UHFを利用した無料の放送サービスです。

i-dio主に移動体端末のスマホやカーナビに向けて発信する新しい「マルチメディア放送」で人気のパーソナリティの楽しいトークやノンストップでJ-POPやアニソンが聞けるチャネルなどがあります。

初めは「福岡、東京、大阪」で放送を開始し、2016年以降全国で順次放送開始予定です。

 

「i-dio Phone」スペック

モデル名 i-dio Phone
OS Android 5.1 (Lollipop)
ディスプレイ 5インチ / 解像度 HD (1280 x 720)
CPU (SoC) クアッドコア [ 1.2GHz ]
メインメモリ容量 2GB
内蔵ストレージ 16GB
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 200万画素
バッテリー容量 3000mAh
通信 (3G) [W-CDMA] 2100MHz(B1)/800MHz(B6)
通信 (LTE) 2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/800MHz(B19)/1500MHz(B21)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
本体サイズ 143.7 x 71.5 x 10.6mm
本体重量 158g
Bluetooth Bluetooth 4.0
microSD microSD (SDHC対応)
SIMサイズ microSIM
その他 地デジ(ワンセグ)対応/テザリング機能 / microUSB端子

 

電波はドコモ網に合わせてありFOMAプラスエリアプラチナバンドに対応しています。そしてLTEの1500MHz(B21)と少し珍しいバンドにも対応しているようです、この1500MHz(B21)は北海道、東北、四国、北陸など地方都市で使用されている電波なのでi-dio Phoneは地方都市でも電波の受信感度が少しよくなるかも・・・

ただ、auやソフトバンクのバンドにはほとんど対応していないようです。これだとドコモのSIMカードかMVNOのドコモ網を使用する格安SIMを入れて使うことになりますね。

また、動画を視聴中電池切れを起こさないために比較的大容量のバッテリーを搭載していますね。