ガラケーが終了!でもあの形の携帯電話が無くなるわけではない

スポンサーリンク

ガラケー

先日の日経新聞の記事によると、ガラケーを製造している日本の携帯端末メーカーから「2017年以降にはガラケーの生産を終了する」という内容の発表があったようです、そしてこの記事を見た多くの方が「ガラケーの生産が終了してしまったら、あの折りたたみ式の携帯電話が無くなっちゃうの?」と心配しているようなので僕の考えていることを記事にしてみることにしました。

 

  パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降 :日本経済新聞

この記事を読んで勘違いしないで欲しいのは、今売られている折りたたみ式のあの形状の携帯電話が無くなるわけでは無いと言う事です。

 

ガラケーとは

ガラケー= ガラパゴス携帯電話
この後は全てガラケーと書きます
 

簡単に説明すると「ガラケー」とは日本で独自の「おサイフケータイ・ワンセグ・ iモード」等といった機能が搭載された携帯電話の事で、OSは「Symbian OS」や「Linux」と言う世界的に見ると携帯電話としては少しマイナーなソフトウェアを搭載している携帯電話の事です。

※ AndroidはLinux (UNIX)の仲間です

 

今後どうなるのか

日本の大手家電メーカーである富士通やパナソニックはガラケーの製造は止めてもAndroid搭載の携帯電話の製造は続けていく予定です。当然、折りたたみ式のボタン操作が出来る携帯電話に対しては、今でも需要があるのですから携帯電話製造メーカーはその条件を満たす携帯電話をこれからも製造していくはずです

実際auから販売されているシャープ製のAndroidを搭載した、折りたたみ式で従来のガラケーにソックリな携帯電話があります。この手の携帯電話は一般的には「ガラホ」(ガラケー + スマホ)と言われています。

AQUOS K SHF31|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

 

きっと富士通やパナソニックもOSをAndroidに変えて、見た目や操作性は従来のガラケーソックリな携帯電話を発売し続けると思います。

そしておそらくほとんどのユーザーは、そのOSの違いに気がつかないと思います。内部的な動作は違っても見た目や操作性が変わらないならその違いに気がつくことはありませんよね。

 

ただ、ガラケーが無くなると言う事で大手携帯電話会社は3Gの電波を止めて行く方向に進めてLTE(4G)や5Gへ移行させて行くと思います。

そうなると料金プランがスマホに近い形になっていき、月額料金が上がってしまうかもしれません。既にauのガラホと呼ばれるAndroid搭載の「AQUOS K」がLTE通信に対応してパケットパックをつけた料金プランで販売されています。こちらの料金プランはスマホとあまり変わりません。

まぁちょっと割引をつけているみたいですけど

それでも月額5,500円を超えています

後から月額料金が安くなるようなプランが追加されました。
今は1,798円~とかなり安くなっています
 

きっと最低限の音声通話機能SMS、それに簡単なEメールが使えて月額料金も安い携帯電話のサービスも必要とされていると思いますが、大手携帯電話会社はそういうニーズに対応したプランは提供し続けてくれないのでしょうね・・・

  


 

2016年11月2日 追記

本日、NTTドコモから「ドコモ ケータイ (iモード)出荷終了について」という案内が公式サイトにて公開されました。

ドコモ ケータイ (iモード) いわゆるガラケーの出荷を11月~12月を目処に出荷終了にし在庫限りで販売を終了する。との事です。

今後ドコモ ケータイを欲しいと思う方にはガラホ (側はガラケーで中身がAndroidの機種)を販売していくという案内でした。それと「らくらくホン (iモード)」については当面継続されるとのことです。

NTTドコモが今すぐiモードサービスを終了すると言うわけではないので、当面はiモードを引き続き利用し続ける事が可能ですが、今後に向けて3Gの電波を止める準備を始めたのかなと感じたので追記しました。

ドコモからのお知らせ : ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について | お知らせ | NTTドコモ

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村