MVNO(格安SIM)ってどうして料金が安いの?

スポンサーリンク

MVNO(格安SIM)

最近、雑誌やCMでよく目にするMVNO(格安SIM)ですが、格安SIMはどうしてあれだけ安い料金でも大手携帯電話会社のように音声通話やSMS、モバイルデータ通信を利用できるのかご存知ですか?

実は僕もそのあたりのことがとても気になっていたので、今回はどうして格安SIMの料金があれだけ安いのか調べてみました。

結論から言うとMVNO(格安SIM)は大手携帯電話会社の回線の一部を購入して、それを多くのユーザーに提供することで料金を安くしています。

これがお昼時や夕方の混み合う時間に通信速度がとても遅くなる原因なのですが、そのあたりのことをもう少し詳しく紹介していきますね。

 

格安SIMで大手携帯電会社の電波を使える仕組み

MVNOとは、日本語にすると「仮想移動体通信事業者」という意味で、この事業者(企業)は基本的に電波設備をもっていません。

ではなぜ、電波設備(回線)を持っていない会社(MVNO)がNTTドコモの電波を提供するサービスを販売できるのでしょう

それは大手携帯電話会社(MNO)が回線を卸売しているからです。

流れはこの様になっています。

  1. まず大手携帯電話会社(MNO)が仮想移動体サービス提供者(MVNE)という企業や団体に回線を使う権利をまとめて販売します。
  2. そしてMVNEはMNOから購入した回線を、さらに小分けしてMVNO(仮想移動体通信事業者)に卸します。
  3. MVNOは個人(ユーザー)にNTTドコモ等大手携帯電話会社の回線を使用できるSIMカードを貸与します。

※スマホに入れるSIMカードは購入するのではなく、通信会社から借りているものです。そのため解約時には返却することになっています。

 

MVNOが格安SIMサービスとして提供する通信回線は多数のSIMカードで共有するのでより安く販売することができます。

ただ、限られた回線を複数の人が共有することになるので、その分モバイルデータ通信の速度は遅くなります。

MNO → MVNE → MVNO → (ユーザー)

このようにしてユーザーが大手通信会社の電波を安く使用することができる仕組みになっています。

 

ただ、流れとしてはこのようになっていますが、実際にMVNOと契約して格安SIMを利用するユーザーは上記の内容を気にする必要はありません。

自分の契約している格安SIMがどの携帯電話会社の電波を使用するのかだけ確認しておけば大丈夫です。

※ほとんどの場合はNTTドコモの回線を提供していますが、一部のMVNOではauやソフトバンク回線を提供しているところもあります。

 

格安SIMを使うには初期設定が必要

NTTドコモの電波を使用する格安SIMであれば、NTTドコモから購入したスマホや家電量販店などで販売されているSIMフリースマホに入れるだけで音声通話が利用できるようになります。

ただし、この状態だとモバイルデータ通信ができないので、格安SIMを入れたスマホで「APN設定」というネットワークの設定をおこなう必要があります。

APN設定の内容は各MVNOにより多少違いがあるので、それぞれのMVNOからAPN設定に必要な情報の案内が出ています。

APN設定自体は契約するMVNOの説明通り行えば、それほど難しくないので心配しなくても大丈夫です。

 

MVNO(格安SIM)のこれから

今はOCNのMVNO「OCNモバイルONE」やIIJのMVNO「IIJmio」が月々の通信容量を2GB/月から3GB/月に増やすキャンペーンを開始する予定だったり、これまでよりも通話料金を安くしたりとMVNO間の競争がますます激しくなってきています。

各社の競争が激しくなると競争原理が働いて、より安い料金でより良いサービスを受けられるようになるので消費者にとっては歓迎すべきことです。

当ブログでは、このようなMVNOのお得なサービスについて今後も追っていき、面白い情報やお得な情報があれば皆さんにご紹介したいと思っています。

格安SIMサービスに興味のある人は是非当ブログを購読していただければ幸いです。

みんなでスマホの料金をお得にしていきましょう。