最近「MVNO (格安SIM)」に興味が出てきました

スポンサーリンク

MVNO(格安SIM)

少し前から、安い料金でスマホが持てるMVNO(格安SIM)というサービスが気になっていたのですが、最近はそのMVNOを始める会社が増えたり、サービスいろいろが変更されたりとなかなか面白そうなので、今後はMVNOのサービスについてもいろいろ書いていこうと思います。

安い料金でスマホを持てるようになれば良いですよね。

 

MVNOが大手携帯電会社の電波を使える仕組み

MVNOとは仮想移動体通信事業者という意味で、この事業者(企業)の多くは自社で通信用の回線や電波設備をもっていません。

ではなぜ、回線を持っていない会社(MVNO)がNTTドコモの電波を提供するサービスを販売できるのでしょう

それは大手携帯電話会社(MNO)が回線を卸売しているからです。

その流れはこの様になっています。

  1. まず大手携帯電話会社(MNO)が仮想移動体サービス提供者(MVNE)という企業や団体に回線を使う権利をまとめて販売します。
  2. そしてMVNEはMNOから購入した回線を、さらに小分けしてMVNO(仮想移動体通信事業者)に卸します。
  3. MVNOは個人(消費者)にNTTドコモ等大手携帯電話会社の回線を使用できるSIMカードを販売します。

 

MVNOが格安SIMサービスとして提供する通信回線は多数のSIMカードで共有するのでより安く販売することができます。ただ、限られた回線を複数の人が共有することになるのでその分通信速度は遅くなります。

MNO → MVNE → MVNO → (一般の消費者)

こういう流れで一般の消費者が大手通信会社の電波を安く使用することができるようになっています。

 

ただ、流れとしてはこのようになっていますが、実際にMVNOと契約して格安SIMを利用するユーザーは上記の内容を気にする必要はありません。

自分の契約している格安SIMがどの携帯電話会社の電波を使用するのかだけ確認しておけば大丈夫です。

※ほとんどの場合はNTTドコモの回線を提供していますが、一部のMVNOではauやソフトバンク回線を提供しているところもあります。

 

格安SIMは初期設定が必要

とりあえずNTTドコモの電波を使用する格安SIMなら、NTTドコモから販売されたスマホにSIMカードを入れるだけで音声通話が可能です。

ただし、この状態ではモバイルデータ通信ができないので、格安SIMを入れたスマホで「APN設定」をおこなう必要があります。APN設定の仕方は各MVNOから案内が出ているので契約するMVNOの説明通りやれば、それほど難しくないので大丈夫です。

 

これからのMVNO

今はOCNのMVNO「OCNモバイルONE」やIIJのMVNO「IIJmio」が月々の通信容量を2GB/月から3GB/月に増やすキャンペーンを開始する予定だったり、これまでよりも通話料金を安くしたりとMVNO間の競争が激しくなってきています。

競争が激しくなると競争原理が働いて、より安い料金でより良いサービスを受けることができるようになるかもしれません。当ブログではこのように今熱いMVNO(格安SIM)の情報をどんどん集めていきたいと思います。

みんなでお得にスマホを使っていきましょう

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村