ドコモから段階制データプラン「ベーシックパック / ベーシックシェアパック」が登場

スポンサーリンク

「ベーシックパック / ベーシックシェアパック」

NTTドコモは4月27日、毎月使ったデータ通信量に応じて4段階で料金が決まる「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」という新パケットパックの受付を5月25日(金)より開始すると発表しました。

 

 

「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」について

5月25日(金)より受付が開始される新パケットパックの「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」は使用したデータ通信量に応じて4段階で料金が決まるパケットパックです。

ファミリー割引などを組んでいない個人の方は「ベーシックパック」への申込み、家族でデータ通信量をシェアする場合は「ベーシックシェアパック」への申込みとなっています。

そして「ベーシックパック」は、これまでシェアプラン専用だった「シンプルプラン (月額 980円)」にも対応すると発表されているので、通話をあまりしない方で「カケホーダイライトプラン (月額 1,700円)」を申込していた方は「シンプルプラン」に変更すると基本プランが今よりも720円安くなります。

 

基本プラン
基本プラン かけ放題 月額料金
カケホーダイプラン 国内通話が対象 2,700円
カケホーダイライトプラン 1回5分以内の国内通話 /
家族内の国内通話
1,700円
シンプルプラン 家族内の国内通話 980円

 

個人向けの「ベーシックパック」

ベーシックパック

「ベーシックパック」では月に使用するデータ通信量が1GB以内であれば料金が2,900円、1GB~3GBなら4,000円、3GB~5GBなら5,000円、それを超えると20GBまでは7,000円となります。

今までのパケットパックだと月のデータ通信量が2GBまでの「データSパック (3,500円)」が最安プランだったので、月に使用するデータ通信量が1GB未満の方は「ベーシックパック」にすることで今までよりも600円安くなります。

また、今までドコモが提供していなかったデータ通信量 3GBのパケットパックが追加されたと考えると「データSパック (3,500円)」+1,000円 (1GBの追加料金)で4,500円払うよりも「ベーシックパック」で1GB~3GBの間に収めて料金を4000円にしたほうが「データSパック」で1GB追加するよりも500円安くなります。

 

※僕は2GBでは足りなくて時々+1,000円で1GBのデータ通信量を追加購入しているので直ぐにでも「ベーシックパック」に申込したいです。(笑)

 

既存の「データパック 」
データパック名 データ通信量 料金
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
データMパック 5GB 5,000円
データSパック 2GB 3,500円

色々と料金が安くなる新パケットパックの「ベーシックパック」ですが、毎月大量のデータ通信を利用している方はちょっと注意が必要です。 

月のデータ通信量が3GB~5GBの場合は、「ベーシックパック」でも既存の「データMパック (月額 5,000円)」でも料金は同じですが、毎月使用するデータ通信量が5GBを超えていて、20GBまで高速通信が利用可能な「ウルトラデータLパック (月額 6,000円)」を契約している方が「ベーシックパック」に申込むと、データ通信量は同じでも「ベーシックパック」の料金が7,000円となり月額料金が「ウルトラデータLパック」よりも1,000円上がる事になります。

月のデータ通信量が5GB以上の方で「ウルトラデータLパック」を契約中の方はそのままにしておきましょう。

 

家族向けの「ベーシックシェアパック」

ベーシックシェアパック

家族でデータ通信量をシェアできる新パケットパックの「ベーシックシェアパック」で、データ通信量が5GB未満の場合料金は6,500円となり、5GB~10GBなら9,000円、10GB~15GBだと12,000円、15GB~30GBの場合は15,000円となります。

 

既存の「シェアパック」
シェアパック名 データ通信量 料金
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円
シェアパック15 15GB 12,500円
シェアパック10 10GB 9,500円
シェアパック5 5GB 6,500円

※シェアパックを利用する場合、シェアオプション月額定額料として1回線あたり500円/月が必要となります。

「シェアパック5」の料金が6,500円なので、5GB未満であれば「ベーシックシェアパック」にしても同じ料金ですが、月に使用するデータ通信量が5GB~10GBであれば「シェアパック10」の料金が9,500円に対し、「ベーシックシェアパック」の料金は9,000円となるので500円安くなります。

また、15GBの「シェアパック15」でも「ベーシックシェアパック」のほうが既存のシェアパックの料金よりも500円安く設定されています。

ただ、こちらも「ベーシックパック」と同様に30GBの「ウルトラシェアパック30」の料金が13,500円に対して「ベーシックシェアパック」で15GB以上利用した場合の料金が15,000円と既存のパケットパックよりも1,500円高くなるので注意してください。

 

旧プランの廃止

「ベーシックパック / ベーシックシェアパック」の申込み受付開始に合わせて前日の5月24日より既存の「データSパック」「データMパック」と「シェアパック 5・10・15」の新規受付が終了します。

一度「ベーシックパック」や「ベーシックシェアパック」に変更するとデータ通信量の少ない旧プランに戻せなくなるので注意してください。

ドコモショップへ行きプラン変更の申込みをするのであれば、ショップ店員さんに今の利用状況などを調べてもらいアドバイスを聞くと良いかもしれませんよ。

 

まとめ

今回ドコモから発表された新パケットパック「ベーシックパック / ベーシックシェアパック」はデータ通信をあまり使用しない方にとってはとてもお得なプランです。

それと月ごとに使用するデータ通信量が変動するので毎回パケットパックを変更しているという方も「ベーシックパック / ベーシックシェアパック」に申込しておけばいちいちプラン変更する手間が省けます。

通話もあまりしないのであれば基本プランを「シンプルプラン」に変更することで更に月額料金が安くなります。SNSやメール、Webサイトによる調べ物がメインで通話はあまりしない言う方にはオススメですよ。

余談ですが今回発表した新プランによりドコモの収益が落ちるのは間違いないと思います。そこまでしてもドコモとしては最近勢いのあるKDDI(au)やソフトバンクのサブブランド「UQ mobile」「Y!mobile」への流出を抑えたいという狙いがあるのかもしれません。CMも凄いですし家電量販店に行くと「UQ mobile」「Y!mobile」のジャンパーを着た専門スタッフが沢山いますからね~

もしかするとデータ通信量の少ないパケットパックの料金だけを値下げしたのは、「UQ mobile」「Y!mobile」では20GB以上の大容量データプランを提供していないからかなと思ったりしました。

※記事内の金額は全て税抜き表記です

 

ドコモ公式サイト : NTTドコモ

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村