アップル、「iOS 11.3」へのアップデートを3/30より開始、AR機能が強化されバッテリー状態の確認が可能になります。

スポンサーリンク

Apple 

Apple(アップル)が、iPhone・iPad向けOSのアップデート配信を3月30日より開始しました。本アップデートを実施するとOSのバージョンは「iOS 11.3」になります。 

 

「iOS 11.3」へのアップデート

iOS 11.3

「iOS 11.3」へのアップデートに必要なファイルサイズは手元の「iPhone 8」で確認すると「約781MB」でした。

今回は「iOS 11.2 x」 から 「iOS 11.3」への少し大きなアップデートとなるので、アップデートに必要なファイルサイズは結構大きいですね。

 

アップデート内容

  • iPhoneのAR(拡張現実)機能「ARKit」をARKit 1.5にアップデート
  • iPhone X用の「アニ文字」に「ライオン、クマ、ドラゴン、どくろ」を追加
  • バッテリーの状態を確認できる「バッテリーとパフォーマンス管理機能」の追加
    ※iPhone 6以降のモデルでバッテリー交換が必要かどうかの確認も出来るようになります。
  • アメリカおよびカナダで提供されるメッセージ機能「Business Chat (ベータ版)」と、複数の医療機関から集めた自分の医療記録をiPhoneで確認できる「Health Records」という機能の追加

※本アップデートには上記以外のバグの修正および改善も含まれます。

 

ARKit 1.5

ARKit 1.5

本アップデートを実行しOSを「iOS 11.3」にアップデートするとiPhoneのAR機能「ARKit」も「ARKit 1.5」へとアップデートされます。

ARKit 1.5では従来の水平な仮想平面に加えて、壁などの垂直面もサポートされます。これにより円形テーブルのよう不規則なカタチの面も正確にマップできるようになるとのことです。

また、看板やポスター等の2D画像も検出・認識できるようになります。

アップル公式サイト内に「ARKit 1.5」のデモ動画がありますので興味のある方は下記のリンクから動画を視聴してみてください。

教室内に突然、絵画が登場しますよ。

ARKit_Boulevard-cc-us-_0323_v03_848x480.mp4

 

アップデート方法

iPhoneやiPad本体でアップデートを実施する場合はホーム画面にある「設定」アプリを開き「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして行きます。

直ぐにアップデートを実行する場合は、「ダウンロードとインストール」をタップしてください。次にパスコードを入力するとアップデートが開始されます。

スマホ(Android・iPhone)をアップデートする時に気をつけること - Z3C備忘録

 

アップデート実施後の確認

再度、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と順にタップしていくことにより最新バージョンになっているのか確認することが出来ます。

 

Apple公式サイト :  iOS 11.3、本日より提供開始

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村