NTTレゾナント、gooのスマホ 第8弾「g08 (グーマルハチ)」を発売

スポンサーリンク

gooのスマホ

g08 (グーマルハチ)

NTTレゾナントは2月23日(金)、同社が販売している「gooのスマホ」ブランドの第8弾「g08 (グーマルハチ)」を本日発売すると発表しました。

「g08 (グーマルハチ)」はNTTレゾナントが運営する公式通販サイト「gooSimseller」ですでに販売が開始されており、スマホ単体で購入する「通常セット」の通常価格は 25,800円(税別)、「OCNモバイルONE」の音声対応SIMとセットになった「らくらくセット」ではの販売価格は16,800円(税別)となっています。

  

g08 (グーマルハチ)

gooのスマホ「g08(グーマルハチ)」

 「g08 (グーマルハチ)」はフランスのWikoが開発・製造したSIMフリースマホで、最近流行の縦横比 18:9の縦長ディスプレイを搭載、画面サイズは約 5.7インチ、インカメラがデュアルレンズモデルになっていて大人数でのグループショットや背景を入れたワイド撮影を楽しむことができるSIMフリースマホとなっています。

 

「g08 (グーマルハチ)」の特徴

  • 縦横比(アスペクト比) 18:9の縦長ディスプレイを搭載し、大画面でも持ちやすいスリムボディ
  • 画面サイズは約 5.7インチ、解像度はHD+ (1440 x 720ドット)
  • 筐体は上質感のあるメタルデザイン
  • メインカメラ下に指紋認証センサーを搭載
  • OSはAndroid 7.1 (Nougat)
  • CPU(SoC)はQualcomm製Snapdragon 430 (オクタコア)を搭載
  • RAM 4GB / ROM 64GB
  • アウトカメラは1600万画素でF値 2.0レンズを搭載
  • インカメラはデュアルレンズカメラで2000万画素 + 800万画素(120℃広角レンズカメラ)、オートグループセルフィ機能により大人数でのセルフィや背景を入れたワイド撮影が可能
  • 3000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • コネクタはmicroUSB (Type B)を採用
  • 通信(LTE)はNTTドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドに対応
  • NTTドコモ、au、ソフトバンク 3社のVoLTEに対応
  • デュアルSIM仕様で(3G + 4G/LTE)のDSDS (デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応、そして2枚のSIMカードとmicroSDを同時に使えるトリプルスロットを搭載
  • カラーバリエーションは「チェリー・レッド、ディープ・ブリーン、ブラック、ゴールド」の4色

 

「g08 (グーマルハチ)」スペック

メーカー Wiko (ウイコウ)
モデル名 g08(グーマルハチ)
OS Android 7.1 (Nougat)
ディスプレイ 5.7インチ 縦横比 18:9 / 解像度 HD+ (1440 x 720ドット) / IPS液晶
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 430 MSM 8937
[ 1.4GHz x 4 + 1.1GHz x 4 (オクタコア) ]
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
カメラ (アウト/イン) 1600万画素 (F値 2.0)/
2000万画素 + 800万画素 (120℃広角レンズ) 
通信 (3G) Band 1/2/5/6/8
通信 (LTE) Band 1/3/5/7/8/18/19/20/26/28B/38/41
Wi-Fi (無線LAN) IEEE802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 152.3 x 72.8 x 8.3mm
重さ 約 162g
メモリーカードスロット microSD (最大 128GB)
SIMカード デュアルSIM (microSIM + nanoSIM)
その他 DSDS対応[3G + 4G] / 指紋認証 / 3キャリア対応 VoLTE / SIM x 2 + microSDに対応したトリプルスロット
センサー GPS / 加速度 / 近接 / 環境光 / ジャイロ / 電子コンパス
カラーバリエーション チェリー・レッド / ディープ・グリーン / ブラック / ゴールド

 

「g08 (グーマルハチ)」(Wiko View Prime)のベンチマークスコア

今回「g08 (グーマルハチ)」として発表されたスマホは昨年Wikoが発表した「Wiko View Prime」という端末がベースになっているようです。

そこで「g08 (グーマルハチ)」のベンチマークテストのスコアが気になったので、先に海外で発売されている「Wiko View Prime」のベンチマークスコアを調べて見ることにしました。

「Wiko View Prime」のAntutu Benchmark ver 6.x でのスコアは約43000、3Dを多用した動きの激しいゲームアプリを快適に動作させるにはちょっと厳しいかもしれませんが、このスコアであれば普通のパズルゲーム等は快適に動作しそうです。

ちなみに最新バージョンのAntutu Benchmark ver 7.xになるとベンチマークのスコアが一気に上るようなので、今までのver 6.xのスコアとは比べることができなくなりそうです。

実際、Snapdragon 430を搭載したスマホをAntutu Benchmark ver 7.xで計測するとベンチマークスコアは5万を超えていました。今後Antutu Benchmarkのバージョンが7になってベンチマークスコアの基準値が変わってくると処理性能が少しわかりにくくなるかもしれませんね。 

Wiko Mobile - VIEW PRIME

 

 

所感

gooのスマホ 第8弾が発表されましたが、今回はフランスのスマホメーカー「Wiko」の端末をgooのスマホとして採用したんですね。

今まではZTEやSHARP、コヴィア等のスマホを採用していたので、今回はちょっと意外でしたが、「g08 (グーマルハチ)」は最近の流行り機能をしっかり抑えた最新のスマホとなっています。

縦横比 18:9の縦長ディスプレイで、セルフィ用のデュアルレンズカメラを搭載、SIMカードを2枚入れてもmicroSDが使える。スマホでよくセルフィ (自撮り)する方や、できるだけ画面サイズが大きく片手で持てるスマホが欲しいなら「g08 (グーマルハチ)」はピッタリかもしれませんね。

 

らくらくセット : OCN モバイル ONE

通常セット :  gooSimseller

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村