アップル、「iOS 11.2.6」へのアップデートを2/19より開始、特定の文字列でアプリがクラッシュする不具合の修正

スポンサーリンク

Apple 

Apple(アップル)が、iPhone・iPad向けOSのアップデート配信を2月19日より開始しました。本アップデートを実施するとOSのバージョンは「iOS 11.2.6」になります。 

今回のアップデートは数日前から話題となっていた、インドの一部地域で使われている「テルグ文字」のある文字が含まれたメッセージをSMS等で送りつけられると、メッセージを受け取ったiPhoneやiPadのアプリがクラッシュしてしまう不具合を修正するためのものです。

 

アプリがクラッシュする危険な文字

不具合が発生するのはこのような文字です。 

f:id:hakoroid:20180221024946j:plain

これは「画像」なので、iPhoneやiPadで表示しても大丈夫ですが、「SMS、LINE、Facebook」等のアプリでこの文字が含まれたメッセージを受信するとアプリがクラッシュします。更にiPhone・iPadが強制的に再起動してしまう場合もあるようです。

 

「iOS 11.2.6」へのアップデート

iOS 11.2.6

 

アップデート内容

  • 特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする問題を修正
  • 一部の他社製のアプリが外部アクセサリに接続できない問題を修正

※本アップデートには上記以外のバグの修正および改善も含まれます。

 

「iOS 11.2.6」のセキュリティ情報。

Apple セキュリティアップデート - Apple サポート

 

「iOS 11.2.6」へのアップデートに必要なファイルサイズは手元のiPhone 8で確認すると「約41MB」となっていました。今回は特定のバグを修正するためのアップデートなのでファイルサイズが小さいですね。

 

スマホ(Android・iPhone)をアップデートする時に気をつけること - Z3C備忘録

アップデート方法

iPhoneやiPad本体でアップデートを実施する場合はホーム画面にある「設定」アプリを開き「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして行きます。

直ぐにアップデートを実行する場合は、「ダウンロードとインストール」をタップしてください。次にパスコードを入力するとアップデートが開始されます。

 

アップデート実施後の確認

再度、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と順にタップしていくことにより最新バージョンになっているのか確認することが出来ます。

 

まとめ

数日前に見つかった「iPhone・iPadで特定の文字列を使用(表示)した際にアプリがクラッシュする」不具合ですが、早速アップルが修正を開始しました。

今回見つかった不具合では特定の「テルグ文字」が話題となっていますが、実際には他の言語の文字でも同様の問題が発生する可能性があったようです。 

皆さんはくれぐれも軽い気持ちで悪用したりしないでくださいね。そしてiPhone・iPadユーザーはなるべく早めに今回のアップデートを実施しておきましょう。

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村