KDDI (au)が「Xperia X Performance / Xperia XZ / Xperia XZs」 にAndroid 8.0 (Oreo)へのOSアップデートを開始

スポンサーリンク

kDDI (au) 

Xperia X Performance (SOV33)

Xperia XZ (SOV34)

Xperia XZs (SOV35)

KDDI (au)は2月8日(木)、ソニーモバイル製スマホ「Xperia X Performance (SOV33) / Xperia XZ (SOV34) / Xperia XZs (SOV35)」の3機種に対し以前より告知していたAndroid 8.0 (Oreo)へのOSアップデートを実施すると発表しました。

ただし、これら3機種に対して同時にアップデートを開始するのではなく、Xperia XZs (SOV35)は9月9日 (金) 14:00~Xperia X Performance (SOV33)とXperia XZ (SOV34)は9月21日 (水) 18:00~とOSアップデートの開始日は異なります。

 

 

アップデート内容

  • Android 8.0 (Oreo)へのOSアップデート
  • Androidセキュリティパッチレベルが2018年2月に更新されます。

※更新されるソフトウェアには、上記以外にもスマホより快適に利用する為の改善内容が含まれています。

 

Android 8.0 (Oreo)にアップデートすると

Android 8.0 (Oreo)

OSをAndroid 7.0からAndroid 8.0にアップデートすると、アイコンや文字の表記が変更されたり、一部の機能が削除、設定がリセットされたりもします。

まず、削除される機能は下記の3つです。

  • 「電話」アプリのボイスパーティー機能
  • 「カメラ」アプリのフロントカメラの解像度「8MP(4:3)、8MP(16:9)、3MP(4:3)、2MP(16:9)」
  • 「虫眼鏡」アプリ

ちなみに「電話」アプリのボイスパーティー機能については2018年3月31日で終了する予定となっています。

 

設定がリセットされるのはホーム画面に設置した「設定 (自動ルール)」「Lifelog」、auベーシックホームに配置した「Xperiaの紹介」、「カメラ」アプリ内の各種設定等です。

これらは再度設定し直す必要があります。

 

Android 8.0 (Oreo)の新機能

Android 8.0 (Oreo)になると「省電力機能 (Dozeモード)」が強化されたり、Android標準のセキュリティ機能「Google Play プロテクト」がついたり、メールなどで使えるアイコンが追加されたりします。

そしてAndroid 7.0 (Nougat)では上下2画面に分割していた「デュアルウィンドウ」が拡張され、Android 8.0 (Oreo)では画面内で片方のアプリ画面を小さく表示させる「ピクチャ・イン・ピクチャ (PIP)」という機能も追加されます。

ピクチャ・イン・ピクチャ (PIP)

 

 KDDI (au)の公式サイトでもAndroid 8.0 (Oreo)にアップデートした場合の変更点などをまとめたpdfファイルを公開しています。

Android 8.0 OSアップデートにおける 改善内容・初期化/削除項目について

 

「更新時間」と「ファイルサイズ」

機種 更新時間 ファイルサイズ アップデート開始日
Xperia X Performance (SOV33) 約 35分 約 1.3GB 2018年2月21日 18時開始
Xperia XZ (SOV34) 約 40分 約 1.4GB 2018年2月21日 18時開始
Xperia XZs (SOV35) 約 35分 約 1.3GB 2018年2月9日 14時開始

 

本アップデートはOSアップデートとなっている為、アップデートに必要なファイルサイズがとても大きなものとなっています。その為、LTE (モバイルデータ通信)接続のままアップデートを開始してしまうと大量のパケット通信が必要になります。

KDDI(au)はアップデートを行う場合でもパケット通信料は有料なのでデータ通信量に注意してください。出来ればWi-Fi接続でソフトウェアアップデートを実施する事をお勧めします。

スマホ(Android・iPhone)をアップデートする時に気をつけること

 

アップデート方法

Xperia本体で「メインメニュー」→「設定」→「 端末情報」→「ソフトウェア更新 」と操作するとアップデートが開始されます。

 

アップデート実施後の確認

ソフトウェア更新を行い自動的にスマホが再起動したあと、無事にアップデートが完了したのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

今回はOSアップデートなので起動時に直ぐわかるとは思いますけどね。

それとOSアップデートを実施した場合、最後の再起動に時間がかかりスマホの画面は真っ暗なままというのが少し続くかもしれません。ですが焦らずに起動画面が表示されるのを待ってください。少しの間画面に何も表示されなくても異常ではありません。

パソコンの場合、ここでHDDアクセスランプが点滅するので処理中であると判断できるのですが、スマホの場合は内蔵ストレージにアクセスしているときでもランプなどは点灯しないので、フリーズしているのか処理中なのかわからないんですよね・・・

 

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー → 設定 → 端末情報」で確認できます。

 

ここでビルド番号が「41.3.C.0.297」になっていればアップデートは無事完了です。

 

所感

KDDI (au)がAndroid 8.0 (Oreo)へアップデートする機種を発表してから4ヶ月ほど経過しましたが、ようやくXperia 3機種にOSアップデートが実施されることが決定しました。

KDDI (au)がOSアップデートを予定している機種はまだ他にもありますが、Xperiaに関してはこの3機種で全てとなります。

KDDI (au)、Android 8.0 (Oreo)へのアップデートを予定しているスマホを発表!!

 

Xperia™ X Performance(エクスペリア エックス パフォーマンス) SOV33 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

Xperia™ XZ(エクスペリア エックスゼット) SOV34 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

Xperia™ XZs(エクスペリア エックスゼットエス) SOV35 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村