アップル、「iOS 11.2」へのアップデートを12/2より開始、強制再起動の不具合を解消

スポンサーリンク

Apple 

Apple(アップル)が、iPhone・iPad向けOSのアップデート配信を12月2日より開始しました。本アップデートを実施するとOSのバージョンは「iOS 11.2」になります。 

今回のアップデートでは12月2日 未明より発生していたiPhoneやiPadが強制再起動されてしまう不具合の解消と、以前より噂されていたiPhone 8 / 8 Plus / Xの「高速ワイヤレス充電機能」が実装されます。

それ以外にも数多くの不具合が修正され、iPhone Xには新しいLive壁紙が3つ追加されます。

 

もし、今も再起動が繰り返されていてアップデートが実施できないという場合は、一度「設定」→「通知」から全てのアプリの「通知を許可」をオフにして、それからアップデートを実施してください。

一時的な対処法ですが、これで強制再起動が止まるはずです。

 

「iOS 11.2」へのアップデート

iOS 11.2

アップデート内容

  • 互換性のある他社製のアクセサリを使用した場合のiPhone 8、iPhone 8 Plus、およびiPhone Xの高速ワイヤレス充電への対応を追加
  • iPhone X用の新しい3つのLive壁紙を追加
  • ビデオカメラの安定性を改善
  • Podcastで、同じ番組の次のエピソードに自動的に移動する機能を追加
  • HealthKitに、データタイプとしてダウンヒル・スノースポーツの距離を追加
  • “メール”で、ダウンロードが完了したあとでも新規メールを確認をしているように見える問題を修正
  • Exchangeアカウントからのメール通知を消去しても再び表示される問題を修正
    “カレンダー”の安定性を改善
  • “設定”で、何もない画面が表示される問題を解決
  • ロック画面で、“今日”の表示またはカメラへスワイプできない問題を修正
  • ロック画面で、“ミュージック”のコントロールが表示されない問題に対応
  • ホーム画面で、Appのアイコンが間違った順序で配置されてしまう問題を修正
  • iCloudストレージ容量が制限を超えているとき、最近の写真を削除できない問題に対応
  • “iPhoneを探す”で、地図が表示されない問題に対応
  • “メッセージ”で、キーボードが最新のメッセージの上に重なってしまう問題を修正
  • “計算機”で、数字を速く入力すると正しく計算できない問題を修正
  • キーボードの反応が遅い問題に対応
  • 耳の不自由な方のために、リアルタイムテキスト(RTT)通話への対応を追加
  • メッセージ、設定、App Store、ミュージックで、VoiceOverの安定性を改善
  • VoiceOverが、受信した通知を報告しない問題を解決

 

また、「iOS 11.2」にはセキュリティアップデートも含まれているようです。

Apple セキュリティアップデート - Apple サポート

 

「iOS 11.2」へのアップデートに必要なファイルサイズは手元のiPhone 8で確認すると「約412.6MB」となっていました。ここ最近の中ではアップデートに必要なファイルのサイズは大きいように感じます。

 

アップデート方法

iPhone本体でアップデートを実施する場合、先にネットワークをWi-Fi接続の状態にしておく必要があります。モバイルデータ通信(3G/4G[LTE])ではアップデートを実施できません。

Wi-Fi接続の状態になったら、「設定」アプリを開き「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップしていくと、更新情報があるかどうかの確認が実行されます。

そこで新しいバージョンが見つかった場合、上記のような画面が表示されます。

直ぐにアップデートを実行する場合は、「ダウンロードとインストール」をタップしてください。次にパスコードを入力する画面が表示されます。ここで正しくパスコードを入力するとアップデートが開始されます。

アップデート実施後の確認

再度、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と順にタップしていくことにより最新バージョンになっているのか確認することが出来ます。

 

所感 

いきなりiPhoneの再起動が繰り返される不具合は困りますよね・・・ 幸い僕の手元にあるiPhone 8では発生しませんでしたが、2017年12月2日 00:15分(米国時間)より後に一部のアプリで通知機能が働いた時にOSがクラッシュするというのが原因だったようです。

そして、この緊急事態にアップルが急遽、不具合修正用のアップデート配信を行ったようです。

また、今回のアップデートによりiOSデバイス同士でお金のやり取りが出来る(個人間送金サービス)「Apple Pay Cash」というサービスが利用できるようになりましたが、これはアメリカ国内のみで日本ではこの機能を使うことは出来ないようです。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村