Xiaomi 「MIUI 9」は完全日本語対応!? 実際にRedmi 4Xをアップデートしてみました。「レビュー」

スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ)[小米科技]

今回はXiaomi(シャオミ)[小米科技]がグローバルモデル向けに提供している最新のカスタムUI 「MIUI 9」で本格的に日本語に対応したという情報を得たので、実際にアップデート配信が開始されている「Xiaomi Redmi 4X (グローバルモデル)を使ってAndroid 7.0 (Nougat)ベースの「MIUI 9」の画面を確認してみたいと思います。

ちなみに「Xiaomi Redmi 4X」に関しては以前レビュー記事を書いています。Android 6.0ベースのMIUI 8の画面や端末の情報について詳しく知りたい方はこちらの記事を見て頂けるとうれしいです。

【レビュー】Xiaomi Redmi 4XはVRも楽しめる格安スマホでした!! - Z3C備忘録

 

「MIUI 9」へのアップデート

まず、Xiaomi Redmi 4Xでシステムアップデートの状況を確認してみると「MIUI V9 1.1.0 MAMMIEI | Stable」へアップデートできますよ。という通知を確認することが出来ました。

MIUI V9 1.1.0 MAMMIEI | Stable

「MIUI 9」と書かれていて、その後にStableと書かれています。これは安定版という意味なのでちょっと安心です。他のOSでもそうですが開発中の物だとDeveloperと書かれていたりします。流石に開発中のファームウェアを入れるのはちょっと怖いかも・・・

 

早速アップデート開始、思ったよりは早く完了しました。おそらく30分ぐらいかな?

起動画面で早速日本語が表示されました。しっかり日本語に設定されてるようです。

f:id:hakoroid:20171123225720j:plain

f:id:hakoroid:20171123230406j:plain

ロックを解除してホーム画面を見てみると全て日本語で表示されるようになっていました。更に以前MoreLocale 2を使用しても日本語化されなかった「設定」メニューを確認してみると、こちらもしっかり日本語化されていました。

f:id:hakoroid:20171123230128j:plain

※こちらの画像はキャプチャを忘れてて後から取り直したので時間がズレてしまいました。

「MIUI 9」にアップデートすることでアイコンやメニューの文字が全て日本語化されました。若干あれ?と思うような文字も有りましたがほとんど気になりません。

MIUI 8では英語表記だった「端末情報」もMIUI 9になると右のように全て日本語になりました。

f:id:hakoroid:20171123231625j:plain

 

更に設定メニューを確認してみると「言語と入力」では日本語に設定でき、「日付と時刻」でもタイムゾーンは日本標準時に設定することが出来ます。

f:id:hakoroid:20171123230938j:plain

f:id:hakoroid:20171123230758j:plain

 

「MIUI 9」対応アプリ 

「MIUI 9」にアップデートした後に、既にインストール済みのゲームアプリ「パスドラ」や「モンスト」そしてVRアプリを起動してみましたが、普通に遊ぶことが出来ました。MIUI 9にアップデートしてもアプリ周りでの問題は無さそうです。

おそらくAndroid 7.0に対応するアプリは普通に動くと思います。

 

Android 7.0 (Nougat)の新機能 

「MIUI 9」ではAndroid 7.0 (Nougat)になって追加された画面分割機能「デュアルウィンドウ」も使用できるようです。

f:id:hakoroid:20171123235501j:plain

デュアルウィンドウを使用するには、まず、いくつかのアプリを起動した状態で画面左下のマルチタスクボタンをタップします。そして左上に現れる「画面分割」をタップすると使用できるようになります。

f:id:hakoroid:20171123235518j:plain

このような感じで表示されます。もちろん上下それぞれ操作可能です。

 

 

所感

今まではXiaomiのスマホを購入すると日本語対応させるために一手間掛ける必要がありましたが、今後は「MIUI 9」に対応するスマホやタブレットを購入した場合は特に何もしなくても始めから日本語で使用できるようになります。

コスパの高いと有名なXiaomi製端末が始めから日本語使えるようになれば、それが理由で今まで避けていた人もXiaomiの端末を選ぶようになるかもしれませんね。

それにしても、なぜ今頃「Xiaomi」が日本語対応を始めたのでしょう・・・ もしかして今後日本市場に参入するつもりなのかな? 確か今年代理店が出来たはずなのでそこから発売!?

 

「PR」

今回検証に使用した「Xiaomi Redmi 4X」は以前レビュー用に海外通販サイトの「GearBest」さんから提供してもらった端末です。

と言うわけで最後にGearBestさんの宣伝をさせていただきたいと思います。

今、「GearBest」ではブラックフライデーセールを開催中です。セール会場を確認してみると、いつもより多くの機種がセールの対象となっているように感じます。今回のブラックフライデーセールはスマホをお得に購入できるチャンスかもしれません。

そしてセール期間中はスマホ全般に使用できるクーポンコードの配布や日替わりセール(FLASH SALE)が行われています。

f:id:hakoroid:20171123221543j:plain

 

更にブランド別のセール品を確認してみると「Xiaomi Redmi 4X」も割引の対象となっていました。Snapdragonを搭載しRAM 3GB / ROM 32GBのモデルがこの価格です。しかもAndroid 7.0 (Nougat) / MIUI 9にアップデートできます。やはりXiaomiのスマホは格安スマホの中でもコスパ高いですね。

f:id:hakoroid:20171123221654j:plain

他のブランド「HUAWEI」や「ASUS」のページもあるので気になるスマホがある方はそちらをチェックして見てください。

ちなみにGearBestでは11月27日にブラックフライデーセールが終了しても、同日からサイバーマンデーセールが開催されるみたいです。セール会場のトップページの上に11月27日~12月4日にサイバーマンデーセールを実施すると予告されていました。11月後半からは年末セールラッシュですね。

 

ブラックフライデー | GearBest

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村