アップルが「iOS 11.1.1」へのアップデートを11/9より開始、Siriにスルーされる不具合の修正

スポンサーリンク

Apple 

Apple(アップル)が、iPhone・iPad向けOSのアップデート配信を11月9日に開始しました。本アップデートを実施するとOSのバージョンは「iOS 11.1.1」になります。 

 

「iOS 11.1.1」へのアップデート

iOS 11.1.1

 

アップデート内容

  • キーボードの自動修正機能の問題を修正
  • 「Hey Siri」が作動しない問題を修正

 

今回のアップデートでは、英語キーボードで「i」と入力した際、自動修正機能の不具合により「A[?]」に置き換えられてしまう問題が修正され、iPhoneやiPadに「Hey Siri !」と声をかけても反応しないという「悲しい事象が発生する」不具合の修正となっています。

僕は人前でiPhoneに「Hey Siri」とは恥ずかしくて言えませんが、それでも勇気を振り絞って言った時にスルーされたらと思うと・・・泣けてきます。

これは改善されてよかった。(笑)

ちなみに今回のアップデートには「セキュリティ関連」の修正は含まれていないようです。

「iOS 11.1.1」へのアップデートに必要なファイルサイズは手元のiPhone 8で確認すると「約53.2MB」となっていました。ただ、このファイルサイズは端末により若干違う場合もありますので、手元の端末で正確なファイルサイズを確認してください。

とは言えWi-Fi環境でアップデートを実施することになるのでファイルサイスが若干違っても問題ないとは思いますけどね。

 

アップデート方法

iPhone本体でアップデートを実施する場合、先にネットワークをWi-Fi接続の状態にしておく必要があります。モバイルデータ通信(3G/4G[LTE])ではアップデートを実施できません。

Wi-Fi接続の状態になったら、「設定」アプリを開き「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップしていくと、更新情報があるかどうかの確認が実行されます。

そこで新しいバージョンが見つかった場合、上記のような画面が表示されます。

直ぐにアップデートを実行する場合は、「ダウンロードとインストール」をタップしてください。次にパスコードを入力する画面が表示されます。ここで正しくパスコードを入力するとアップデートが開始されます。

アップデート実施後の確認

再度、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と順にタップしていくことにより最新バージョンになっているのか確認することが出来ます。

 

所感 

どうやら「Siri」さんに無視される事案が発生していたようです。声をかけても無視されると悲しくなるので、これは直ぐにアップデートを実施しないといけませんね。

あと、一部の「iPhone 8 / 8 Plus / X」でGPSの制度に関する不具合が発生しているようです。これはナビ機能を使用している時に現在の位置が少しづつずれていくという現象のようですが、こちらも早い段階で修正されると良いですね。

 

【追記】

先日11月17日にiOS 11.1.2の配信が開始されました。よって最新バージョンは「iOS 11.1.2」になります。こちらの記事は数日前に書いたもので最新バージョンの紹介ではありません。

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村