【レビュー】iPhone 8対応Qi充電器「Seneo Qi ワイヤレス充電器 (3コイル)」を購入しました。

スポンサーリンク

Seneo Qi ワイヤレス充電器 (SWC2)

今年アップルが発表した「Phone 8 / 8 Plus」には新たに「ワイヤレス充電」という充電機能が追加されました。

アップルが「iPhone 8 / 8 Plus」に搭載したワイヤレス充電を可能にする為の仕様は、国際標準規格のQi (チー)と言うもので、これは一部のAndroid端末 (GalaxyやNexus等)で既に採用されているワイヤレス充電の規格と同じものとなっています。

まだ、アップル純正の「Qi対応 ワイヤレス充電器」は発売されていませんが、この規格にあった「Qi対応ワイヤレス充電器」であればiPhone 8 / 8 Plusでも利用できるはずなので、早速アマゾンで「Qi対応ワイヤレス充電器」を探してみたところ、スタンド型で充電に使用するコイルを3つ搭載、更に異常な過熱を防ぐ保護機能も搭載した「seneo Qi ワイヤレス充電器」という充電器を見つけました。

スタンドに置くタイプなら充電中「iPhone」がズレることも無さそうですし、異常加熱を防ぐ保護機能があると安心だと思い、このワイヤレス充電器を購入することにしました。

そこで今回はアマゾンから届いた、iPhone 8で使えるワイヤレス充電器「Seneo Qi 急速ワイヤレス充電器」のレビューをしたいと思います。

新型iPhoneのワイヤレス充電に興味のある方は、是非参考にしてみてください。

 

 

「seneo Qi ワイヤレス充電器」の特徴

「seneo Qi 急速ワイヤレス充電器」
画像引用 :Amazon

 

ワイヤレス充電 Qi (チー)

Qi (チー)とはWPC (ワイヤレスパワーコンソーシアム)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格の事で、充電には「電磁誘導方式」という方式を利用します。

これは2つのコイルを向かい合わせに配置して片方のコイルに電流を流すと磁界が発生し、もう一つのコイルでも電流が発生するという現象で、 このとき発生した電流を利用してスマホの充電を行います。

※昔学校で習った覚えがあるという方も多いかもしれませんね

有線(ケーブル)で直接電流を流すのとは違い、ロスが発生するため充電の効率は落ちてしまいますが、金属同士を接触させる必要が無いので接触不良やコネクタの破損などを防止することが出来ます。

Qi ワイヤレス充電は以前からAndroid端末のGalaxyやNexus等に搭載されていた機能ですが、正直あまり普及していませんでした。ですが、今年iPhoneがこの「Qi ワイヤレス充電」に対応すると発表したので、今後は日本でもワイヤレス充電が普及していくかもしれません。

今のところQiは最大5Wの低電力向けの充電規格となっていますが、今後はもっと電力を高める予定となっています。

既にアメリカではスターバックスコーヒー店舗内にワイヤレス充電器が設置されているみたいですよ。

※スターバックスコーヒー店舗内には以前からQiとは違う規格のワイヤレス充電器が設置されていたようですが、今後それをQiに対応させていくとのことです、もしかするともう既に対応している店舗もあるかもしれません。今後はこれが日本にも来るといいですよね。

 

形状は「スマホスタンド型」で「コイルは3つ」

「seneo Qi 急速ワイヤレス充電器」はスマホスタンド型のワイヤレス充電器で3つのコイルにより充電面積を広くしているのでiPhoneを縦においても横に置いても充電できます。

本来充電しながらの作業はあまりバッテリーに良くないのですが、スマホスタンドにiPhoneを横向に置いて充電しながら動画を見ることも可能です。でもバッテリーに負担がかかってしまうのでできるだけ避けましょう。

それとiPhoneに装着しているカバーやバンパーの素材によっては上手く充電されない事もあるかもしれません。金属製の物を使用している場合はちょっと注意が必要です。

スマホスタンドからの充電有効範囲が4~8mmなので手帳型カバーぐらいの厚さであれば問題ないはずです。僕はiPhone 8にTPU製のソフトケースを装着していますが問題なく充電できました。

※手帳型カバーを装着して試してみましたが、閉じた状態であれば厚みがそれほどでもないので大抵の場合ワイヤレス充電できると思います。ただ開いた状態でカバーの後ろの厚みが増すと上手く充電されない場合があるようです。

 

ワイヤレスだと充電速度が遅くなる? 

ワイヤレスによる充電は、通常の有線ケーブルを使用した場合と比べると、充電にかかる時間が長くなると言われていますが、これはワイヤレス充電という特性上どうしてもロスが発生するので仕方がない事です。

ただ、最近のワイヤレス充電器は技術が向上していて電力の伝送効率や転換効率もよくなっているので、そこまで充電にかかる時間が長くなるという事も無いようです。ちなみに今回購入した「Seneo Qi ワイヤレス充電器 (3コイル)」の電力転換効率は 72%以上と書かれています。

ちなみに有線による充電でも電力転換効率は100%ではないはずです、たしか80%以上ぐらいだったかな? 

 

充電中の発熱について

ワイヤレス充電器によっては充電中かなり発熱を伴う製品もあるようですが、今回購入した「seneo Qi 急速ワイヤレス充電器」には温度調整機能が備わっており充電中40℃以上の高温は制御するように設計されています。これは安心して使えるので良いですね

ただし充電中にスマホを使用していると通常通り発熱するのでこれには注意が必要です。

 

 

「seneo Qi ワイヤレス充電器」開封

f:id:hakoroid:20171022205901j:plain

f:id:hakoroid:20171022205914j:plain

アマゾンから届いた「Seneo Qi ワイヤレス充電器 (3コイル)」の外箱はとてもシンプルな箱でした。そして箱の裏には製品の仕様が英語で書かれています。

 

「Seneo Qi ワイヤレス充電器 (3コイル)」仕様

  • 3コイル
  • INPUT : 5V - 1500mA
  • サイズ : 118 x 70 x 87.5mm
  • 充電の有効距離 : 4 - 8mm
  • 変換効率 : 72%以上
  • 重量 : 約150g

 

 

【同梱品】

f:id:hakoroid:20171022195312j:plain

  • ワイヤレス充電器
  • 取扱説明書 (英語)
  • microUSBケーブル (1m)

 

【取扱説明書】

f:id:hakoroid:20171022195021j:plain

f:id:hakoroid:20171022195030j:plain

説明書は全て英文で書かれています。図で何となくはわかりますが詳しい内容はちょっと・・・英語が読めないとキツイですね

 

スタンドの外観

f:id:hakoroid:20171022205228j:plain

正面の台座部分に充電の状態を示す「LEDライト」が有ります。スタンバイ中は「青」、充電が開始されると「緑」に光ります。

 

f:id:hakoroid:20171022200109j:plain

ちょっと見づらいですが、台座部分には滑り止めのラバーが張ってあります。

 

f:id:hakoroid:20171022200226j:plain

スタンドの後ろに充電用のmicroUSBケーブルを挿す端子があります。

 

f:id:hakoroid:20171022200238j:plain

スタンドの底にも滑り止めがついていて、机の上で横滑りしないように固定できます。

 

ワイヤレス充電開始

f:id:hakoroid:20171022200129j:plain

USB充電器は付属していないので、自分で持っているものを使用しました。スタンドにmicroUSBケーブルを接続すると、前面のLEDライトが青く光ります。

 

f:id:hakoroid:20171022200720j:plain

この状態でスタンドにiPhoneを置くと充電が開始されLEDライトが「緑」に光ります。

 

f:id:hakoroid:20171022200729j:plain

iPhoneを横向きにおいても充電が開始されます。

ただ、iPhoneのバッテリーが100%に充電されても、LEDライトは「緑」のままです。これは自分で管理する必要があります。

 

やってはいけない

ちょっとしたイタズラでiPhoneをわざと裏向きに置いてみました。LEDライトは「青」のままで充電は行われません。それどころか数秒後このLEDライトが消え充電もできなくなりました。

何かの保護装置が働いているのかも・・・ この状態になってしまったらスタンドの後ろのケーブルを抜いて電力供給を止め、しばらくしてからもう一度、ケーブルを挿して電力を流すと普通に使用できるようになります。

ただ、このような事は故障の原因になるかもしれないので、故意にやるのは止めておきましょう。もし誤ってこのように置いてしまい、スタンドのLEDライトが消えてしまったら上記の方法を試してみてください。

f:id:hakoroid:20171022201000j:plain

 

保証について

Seneo製品は購入日から18ヶ月間の保証がついているので、こちらのワイヤレス充電器を使用していて、何か変な事があれば直ぐにアマゾンの「出品者に連絡」から問い合わせすることが出来ます。保証期間が長いのはうれしいですね。

 

Qi非対応の端末でワイヤレス充電を可能にする方法

今回はiPhone 8でワイヤレス充電を行いましたが、Qiに対応していないAndroid端末やiPhone 7・iPhone 6等でも、このようなレシーバーシートを間に挟み込むとQiによる充電(ワイヤレス充電)が可能になります。

Qi非対応のスマホを愛用していて手帳型ケースを使用している方は、このような特殊なシートをスマホとケースの間に挟んでおくとワイヤレス充電が利用できるようになりますよ。

 

今回レビューした「Qi対応 ワイヤレス充電器」はこちらです。 価格も2,500円ぐらいで購入できるので興味のある方はアマゾンで確認してみてください。

 

 所感

以前iPhone 5を利用していた時にライトニングケーブルが何度か断線して買い替えたことが有りました。しかもケーブルの中で断線するので気が付き難い・・・ 最近は100均でもライトニングケーブルが売られているので金銭的な負担は以前に比べると軽くなったと思いますが、それでもiPhone本体のコネクタ部分が壊れたと言う話もよく聞くので、ケーブルの抜き差しはあまりしたくないというのが本音です。

充電の速度は思っていたほど遅くはありませんでした。電力の転換効率とかあまり難しいことを考えなくても。スタンドの中央にしっかりiPhone 8が置かれている状況であればワイヤレス充電が開始されますしとても便利です。

ただ、充電が完了したのか確認する作業はちょっと手間ですね。iPhone自体に充電完了がわかるLEDライトでも付けてくれたら良いのにとは思います。

それでもワイヤレス充電器による充電だと、ケーブルの抜き差しをしなくても良いですし、コネクタ端子の破損防止にもなるので購入してよかったと思っています。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村