背面ガラスの「iPhone 8」を購入したので早速ケースと保護フィルムも買いました!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20170929235740j:plain

数日前、僕も「ビッグウェーブ」に乗るべく流行りの「iPhone 8 (ゴールド)」を購入しました。 (ちょっと古い?)

発売2日前にヨドバシカメラで予約したのですが、発売日には購入できると連絡をいただきました。やはり11月に発売される「iPhone X」の影に隠れてしまい「iPhone 8」の人気は今ひとつなのかもしれませんね。

でも、僕が最後に使っていたiPhoneが「iPhone 5」だったので、iPhone 8はかなり進化しているように感じました。ただ、今回発売された「iPhone 8」の背面は今までの金属製ではなくガラス製とのことなので、いくら頑丈なガラスを採用しているとは言っても心配なので機種変更と同時にケースと保護フィルムも購入して装着しました。

 

保護ケース

僕は基本的にシンプルなケースが好きなので、今回は持ちやすく机の上でも滑りにくい普通のTPUソフトケース (クリア)を選びました。

僕が購入したケースは「レイ・アウト製 TPUソフトケース ウルトラクリア」というケースで、こちらのケースは素材も柔らかく透明度も高いので背面のリンゴマークも見えてiPhoneを使っているという感じがします。

また、ケースの内側には小さな凹凸があり指でなぞるとちょっとだけザラザラしている感じがします。この凹凸により端末に粘着痕が付くのを軽減する仕組みとなっているようです。確かにビニールがピッタリ密着した時のあの感じにはなりませんね。

f:id:hakoroid:20170930000323j:plain

f:id:hakoroid:20170930000332j:plain

f:id:hakoroid:20170930000341j:plain

しかもこのタイプのケースは比較的安価な製品が多くお財布にも優しいです。

そして新モデル発売直後のこの時期だと、パッケージに「iPhone 2017年秋モデル / iPhone 7  (4.7インチ)」と書かれている商品が目立ちます。

これはiPhone 8が正式に発表される前からサプライ品メーカーには次期iPhoneのサイズが通知されていて、その段階でパッケージを印刷しているからだと思われます。そうしておかないと新iPhoneの発売と同時にケースを発売できませんからね。

ただ、今年発売された「iPhone8 / 8 Plus」は昨年発売された「iPhone 7 / 7 Plus」と本体サイズはほぼ同じでしたのでiPhone 7 / 7 Plus用のケースがそのまま流用できます。

機種 高さ 厚さ
iPhone 7 138.3 mm 67.1 mm 7.1 mm
iPhone 8 138.4 mm 67.3 mm 7.3 mm
iPhone 7 Plus 158.2 mm 77.9 mm 7.3 mm
iPhone 8 Plus 158.4 mm 78.1 mm 7.5 mm

筐体が金属からガラスになった為か 0.1~0.2mmの違いはありますが、その程度の差であればケースには問題なく入るようです。

ただし、正確にはiPhone8の厚みはiPhone7より若干厚くなっている為、パッケージにどちらかの機種専用と書かれていた場合は注意してください。

※余談ですがiPhone 6s / 6s PlusもiPhone 7 / 7 Plusと同じサイズでした。 

 

 

保護フィルム (ガラスフィルム)

前面の保護フィルムに関しては「Xperia X Performance」で初めてガラスフィルムを使った時、その透明感と触った感じに感激したので、iPhoneにもガラスフィルムを貼ることにしました。

それにしてもiPhone用の保護フィルムは種類が多いですね、これだけでもiPhoneがどれだけ高いシェアを占めているのかわかりますね。

ガラスフィルムは一度貼ればそう簡単に張り替えたりしませんし長く使うことも考えて、どのガラスフィルムを購入するか、かなり悩みましたが最終的に「 iPhone 8/7用 [剛柔]3Dフルガラス ホワイト / 高光沢 / ブルーライトカット (LEPLUS)」というガラスフィルムを貼ることにしました。

f:id:hakoroid:20170929183358p:plainこちらのガラスフィルムは3Dフルガラスとなっていて画面の縁のラウンドしているところまで保護するタイプのものとなっています。またディスプレイ以外の部分も白く塗装されていますが、こちらもガラス製で触った感じはツルツルしています。

この縁まで覆うタイプなら全体を保護してくれますし、 見た感じも継ぎ目が目立ちにくく一体感があります。

f:id:hakoroid:20170930001855j:plain

f:id:hakoroid:20170930001900j:plain

f:id:hakoroid:20170930001906j:plain

 

そしてこちらの製品は目に優しいブルーライトカット仕様になっています。その為か画面が付いていない状態だと若干紫っぽく見えます。でも画面が光っている時は特に気にならないので問題にはならないと思います。

耐久性に関しても超硬度強化ガラス 9H以上となっているので普通に使用している分には心配ありません。ちなみにこの硬度ならカッターの歯で擦っても傷がつかないはずです。 更に、このガラスフィルムには「30日間保証サービス」と言うものが付いていて30日以内であれば貼り付けミスや落下による破損でも1度だけ交換してくれます。

万が一フィルムを貼る際に失敗しても1回だけなら交換対応してもらえますよ。 

 

 

iPhone 8の強度について

ちょっと余談ですが、Youtubeでは「iPhone 8」の耐久性を調べる為に落下実験をしている動画がいくつも上がっています。

こちらの動画では3フィート(約90cm)で角に少し傷がついていました。5フィート(約150cm)では大部分にひび割れが発生していますね。最後は必要ないと思いますが50フィート(約15m)、当然バキバキになってiPhoneが壊れていました・・・

裸で使用していた場合は低い位置からでも落下させると傷はつきそうですね。ケースに入れていれば机の上から落としても運が良ければ無傷かも、耳の高さだとわからないですね。

やはりスマホは画面に保護フィルムを貼りケースに入れて使うのが無難かもしれません。

 

所感

iPhone 8はガラスフィルムを貼ってソフトケースを装着しても握りやすくていいですね。久しぶりのiPhoneですが、とても気に入りました。これから大事にメイン端末として使っていきたいと思います。 

でも、そのうち違うケースも装着してみようかなぁ~ iPhoneはサプライ品が沢山有るのでこういう楽しみかたもできますね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村