楽天モバイルがFREETELのMVNO事業を11月に買収

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20170927011120j:plain

f:id:hakoroid:20170927011125j:plain

楽天は9月26日(火)、プラスワン・マーケティングが「FREETELブランド」で運営しているMVNO事業を会社分割の方法を用いて11月1日(水)付で楽天が継承すると発表しました。 

また、プラスワン・マーケティングではMVNO事業の他に「FREETELブランド」でSIMフリースマホ等の開発・販売も行っていますが、こちらは今後もプラスワン・マーケティングにて継続されるとのことです。

 

楽天モバイルに引き継がれる通信サービス

  • FREETEL SIM(使った分だけ安心プラン、使った分だけ安心プラン 最大20GB、定額プラン、プレミアムバリュープラン 、スマートコミコミプラン、スマートコミコミ+プラン)
  • FREETEL SIMに付帯する通話サービス(FREETELでんわ、FREETELでんわ だれでもカケホーダイ、プラスワン・マーケティング通話料いきなり半額)
  • YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL
  • ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL

 

freetel mobile (フリモバ)、プリペイドSIM以外のほとんどのサービスは、そのまま楽天モバイルに引き継がれる事になります。

 

既存のFREETEL SIMユーザーは11月1日から契約先が楽天モバイルに変更となりますが、今までのサービスはそのままの形で引き継がれるので特に変更などはありません。またキャンペーン適用中の方もそのまま継続されることになります。

11月1日以降の利用料の請求は楽天モバイルから請求されるようになりますが手続きの必要ありません。

ちなみに今現在「FREETEL SIM」をスマホに入れて利用している方も、現在のところAPN設定の変更は必要ないとの事です。ただ、これはもしかすると今後変更のお願いがあるかもしれませんけどね。

 

所感

最近、FREETELの専門ショップ「フリーテルショップ」が相次いで閉店しているというニュースが出ていましたが、MVNO事業は上手く行ってなかったようですね。今年の4月に総務省から行政指導を受けたダメージが大きかったのかなぁ・・・

総務省|プラスワン・マーケティング株式会社に対する電気通信サービスに関する広告表示に係る措置(指導)

 

ただ、これからモバイル端末事業への投資により注力していくとのことなので、今後もコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホを海外だけでなく日本でも発売する予定なのだと思います。そろそろFREETELの新端末をみたいですね。

それとモバイル端末事業はそのまま継続されるとの事なので、既に販売済みの端末に関する保証も今まで通りで良さそうですね。

 

楽天株式会社:  会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ | ニュース

会社分割に関するお知らせ | FREETEL(フリーテル)

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村