ポケットにも入る超小型ノートPC「GPD Pocket」を最安値で購入できる!?

スポンサーリンク

GPD Pocket

以前、当ブログでパソコンゲームに特化した小型ノートパソコン「GPD WIN PC」の紹介をしましたが、今海外で大人気の超小型ノートパソコンがあるとGearBestの担当さんから教えて頂いたので、今回その人気の超小型ノートパソコン「GPD Pocket」の特徴やスペックについて調べていきたいと思います。

かなり人気の機種との事なので知っている方も沢山いるかもしれませんね。

では早速、GPD Pocketについて書いていきます。

GPD Pocket 

GPD Pocketは米国のクラウドファンディング「Indiegogo」において当初の目標金額を大幅に超えた金額が集まり開発された超小型ノートパソコンです。ちなみにこのサイズのパソコンはUMPC (ウルトラモバイルパソコン)というカテゴリーになるようです。

確かに普通に販売されているノートパソコンに比べてかなり小型ですよね。最近よく目にするタブレットにキーボードを付けたような形状の 2in1デバイスに近いかも・・・

 

GPD Pocketはサイズがとても小さいので、文字通り上着のポケットになら入るようです。

f:id:hakoroid:20170712231441j:plain

 

「GPD Pocket」の特徴

  • 画面サイズは約7インチのIPS液晶
  • 解像度はWUXGA(1920 x 1200ドット)[323ppi]
  • 画面はモース硬度8HのGorilla Glass 3を採用
  • タッチスクリーン
  • OSはWindows 10 Home [Ubuntu (Linux)にも対応、ただしサポートなし]
  • CPUにINTEL製の省電力プロセッサー「ATOM x7-Z8750」を搭載
  • メインメモリは8GB
  • 内蔵ストレージは128GB (eMMC 5.1)
  • 筐体はマグネシウムアルミ合金、カラーは「シルバー」
  • 7000mAhの大容量リチウムポリマーバッテリーを搭載 (駆動時間は約12時間 [目安です])
  • 操作性重視のアイソレーションキーボードを搭載
  • マウス操作のためのポインティングステックを搭載 (ステックの色は青かもしれません)

 

f:id:hakoroid:20170712221307j:plain

 

 

キーボード

f:id:hakoroid:20170712220553j:plain

全体的にキーが大きく隙間もあるのでキー入力は問題無さそうですね。

ポインティングステックも付いていますし画面をタッチすることでも操作可能なので別途マウスを持ち歩く必要は無さそうですね。

小さなカバンでノートパソコンを持ち歩く時、ACアダプターやマウスが意外とじゃまになるのでこれは嬉しい仕様です。

 

入出力端子

f:id:hakoroid:20170712224619j:plain

本体右側に入出力端子が集中しています。このサイズのノートパソコンなのでDVDドライブは当然付いていません。DVDからソフトをインストールする時はUSB接続のDVDドライブを使用してインストールすることになります。内蔵ストレージは128GBあるので、それなりにソフトを入れることは出来ると思います。それこそパソコンゲームとか数本なら入りそうですね。

それとGPD Pocketは高解像度のパソコンですが、どうしても画面サイズが7インチでは小さすぎると感じることもあるかもしれません。そういう時はマイクロHDMIを利用して大きな画面に表示させることも出来ます。

 

Excel / Word

GPD Pocketは画面サイズ10インチ以下でWindows 10を搭載しているので「Windows 10版 Office Mobile」が無料で使用できます。ただし商用利用はダメなのであくまでも個人で使用する場合に限ります。

Officeのソフトも使用したいという方は「ストアアプリ」から「Word Mobile」「Excel Mobile」をダウンロードしてください。

 

OSについて

一般的にはWindows 10 Home (64bit)で使われることが多いとは思いますが、GPD PocketはUbuntu (Linux)にも対応しています。

ただしサポートはありません。でも、プログラマーやネットワークエンジニアだと小型で軽量なパソコンでLinuxが動作するのであれば使いみちは沢山有るかもしれませんね。UbuntuをサポートしているのであればX Window Systemもすぐに使えそうですしターミナルを複数開いてコマンド入力できれば作業も捗るかもしれません。

※僕は趣味程度でしかLinuxを触っていないのであまり難しいことはわかりませんけどね・・・(汗)

 

 

「GPD Pocket」スペック表

メーカー名 GPD
モデル名 GPD Pocket
OS

Windows 10 Home (64bit) (日本語の設定可能)

ディスプレイ 7インチ / 解像度 WUXGA (1920 x 1200ドット)[323ppi] /
米コーニング社 Gorilla Glass 3
CPU(SoC) INTEL Atom X7-Z8750
[ 1.6Ghz (クアッドコア)] (ブースト時 2.56GHz) 
GPU INTEL HD Graphics 405
メインメモリ 8GB
内蔵ストレージ 128GB (eMMC)
バッテリー容量 7000mAh (USB PD 2.0の急速充電に対応)
サイズ 180 x 106 x 18.5mm
重さ 約480g
無線LAN IEEE802.11 ac/a/b/g/n (2.4/5GHz)デュアルバンド対応
Bluetooth Bluetooth 4.1
センサー 重力 / 磁気
入出力端子 USB Type-C x 1 / USB A3.0 x 1 /
マイクロHDMI (Type D) / ヘッドホン端子

GPD Pocket : GPD社のサイト (日本語で表示されます)

※もし日本語で表示されなかったら右上の「Japanese」を押してください

 

 

GPD Pocket Mini Laptop  : GearBest

 

所感

GPD Pocketについて色々調べてきましたが、なかなか面白そうなノートパソコンですね。CPUも省電力で高性能なAtomを搭載していてメインメモリは8GB積んでいるのでキビキビとした動作が期待できそうです。バッテリー容量も大きいので長時間使うことができそうですね。ちょっと気になるのは内蔵ストレージの容量ですかね。

モバイルと割り切ってあまりデータを入れないようにすれば問題ないかもしれませんが、ここまで高性能だと色々な事がしたくなって沢山ソフトやデータを入れてしまいそうな気が・・・ USBメモリでも購入してデータはそちらに入れておいた方が良いのかな

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村