DMMモバイルが「VAIO Phone A」を3,000円値下げしました!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160930011026j:plain

DMM.comは7月6日(木)、同社のMVNO「DMMモバイル」にて現在販売中のAndroid搭載SIMフリースマホ 「VAIO Phone A」の販売価格を今までの24,800円から3,000円値下げし今後は21,800円(税別)で販売すると発表しました。

 

VAIO Phone A

f:id:hakoroid:20170708110653j:plain

「VAIO Phone A」の特徴

  • 画面サイズは5.5インチ / 解像度はフルHD (1920 x 1080ドット)
  • ボディはアルミニウム(メタルボディ)を採用
  • OSはAndroid 6.0 (Marshmallow)
  • 3G + 4G(LTE)のDSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)に対応
  • NTTドコモ回線による高品質通話機能「VoLTE」に対応
  • 電波を束ねて高速通信を可能にする「CA (キャリアアグリゲーション)」に対応 (下り最大 225Mbps)
  • 通信は3G/LTE共にNTTドコモのプラチナバンドに対応
  • CPU(SoC)はSnapdragon 617 (オクタコア)を搭載
  • メインメモリは3GB
  • カラーバリエーションは「シルバー」の1色

 

「VAIO Phone A」スペック

モデル名 VAIO Phone A
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5.5インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080ドット)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 617
[ 1.5GHz x 4 + 1.2GHz x 4 (オクタコア)]
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 1300万画素 / 500万画素
バッテリー容量 2800mAh
サイズ 156.1 x 77 x 8.3mm
重さ 約 167g
通信 (3G) Band 1/5/6/8/11/19
通信 (LTE) Band 1/3/8/19/21
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
microSD microSD (最大 64GB)
センサー GPS / 加速度 / 電子コンパス / 光 / 近接
SIMサイズ デュアルSIMモデル ( microSIM x 1 / nanoSIM x 1)
カラバリ シルバー
その他 NTTドコモのVoLTE / CA (キャリアアグリゲーション)に対応

※microSDを使用する場合、スロット2のnanoSIMと排他利用になるためnanoSIMが使えなくなります。

 

月額料金

今回の価格改定によりVAIO Phone Aを24回の分割払いで購入した場合、月々の端末代金は1,159円になりました。これにDMMモバイルの利用料金を合算した金額が月額料金となります。

 

VAIO Phone Aを購入した場合の月額料金 (24ヶ月)

f:id:hakoroid:20170708101600p:plain

※税込み表記

 

上記の月額料金はデータ容量 1GB / 5GB / 8GB を選択した場合の金額です。DMMモバイルではこれら以外にも多数の料金プランを用意しているので、上の表の参考プラン以外を選択することも出来ます。

参考プラン以外を選択する場合は下記の料金プランに月々の端末支払代金 1,159円を足した金額が月額料金となります。

 

「DMMモバイル」料金プラン

f:id:hakoroid:20170404211730j:plain

※データ通信SIMプランでSMSを利用する場合は別途オプション代金として150円/月がかかります。

 

DMMモバイルだと余ったデータ容量は自動的に翌月へ繰り越しされるので無駄になる事はあまり無いと思いますが、もし毎月データ容量が余るようであればプランを変更したほうが良いかもしれません。

また、専用アプリを使うと残りのデータ通信量の確認や、高速データ通信のON/OFFの切り替え、プラン変更や月額料金の確認などが簡単に行えるようになっています。

僕もよくデータ通信量の確認に使っていますが、DMMモバイルの格安SIMを利用する端末にはこちらのアプリを入れることをオススメします

 

DMM mobile
DMM mobile
無料
posted with アプリーチ

 

初期費用無料の「格安SIMお得にスタートキャンペーン」

しかも今なら通常「DMMモバイル」の新規申し込みに必要な新規契約手数料 (3,240円)が無料になるキャンペーンも実施されています。

このキャンペーンは8月31日(木)までの期間限定なので、DMMモバイルの格安SIMを申し込むなら今がチャンスです。

ただし、7月31日以降になるとSIMカードを発行した際に各種申込手数料とは別に「SIMカード準備料」の384円(税別)が発生するのでご注意ください。

 

DMMモバイル、初期費用が無料になる「格安SIMお得にスタートキャンペーン」を開始!! 

DMMモバイルも7月13日以降は「SIMカード準備料」が必要になります

 

 


【DMMモバイル】業界最安値水準

 

所感

以前から「VAIO Phone A」はスペックも高くコストパフォーマンスの良いSIMフリースマホでしたが、今回の価格改定により更に購入しやすくなりました。

VAIO Phone AはWindows 10 Mobileを搭載したビジネス向けスマホ「VAIO Phone Biz」をベースにOSをAndroidに変更したモデルで、そのせいか内蔵ストレージが16GBと容量はあまり大きくありません。その為使い方によっては補助記憶としてmicroSDカードを使う必要があるかもしれません。

microSDカードを使う場合はnanoSIMスロットと排他利用となっているのでSIMカードのサイズはmicroSIMを選択しましょう。

※もしくはnanoSIMを選択してSIMアダプターを利用するという方法もあります。こうすると今後nanoSIM対応の端末を購入した時にSIMカードの再発行を依頼せずに済みます。

 

それ以外のCPUやカメラ、メモリに関しては十分なスペックがあると思いますが、欲を言うならOSを最近のAndroid 7.0 (Nougat)にアップデートして貰えるとより使い勝手が良くなるのではないかと思います。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村