ASUS、TangoとDaydreamに対応した「ZenFone AR」を発売!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20170623233825j:plain

ASUSジャパンは6月20日、GoogleのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に対応した画面サイズ5.7インチのSIMフリースマホ「ZenFone AR (ZS571KL)」を6月23日(金)より発売すると発表しました。

ZenFone ARの市場想定価格はRAM 8GB / ROM 128GBのモデル「ZS571KL-BK128S8」が99,800円(税別)、RAM 6GB / ROM 64GBのモデル「ZS571KL-BK64S6」が82,800円(税別)となっています。

 

 

 

ZenFone AR (ZS571KL)

f:id:hakoroid:20170623222132j:plain

ZenFone ARの特徴はなんと言ってもGoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」と、VR(仮想現実)技術「Daydream」両方に対応していると言う所です。

VRはPS VR等で最近話題にもなっていますし対応動画がYoutubeにもあるので皆さんご存知ですよね。ARはあまり聞き慣れないかもしれませんが、少し前に流行ったPokemon Goのように現実世界に仮想のキャラクターが現れたように見えるアレのことです。何もないはずの空間に3Dのキャラクターや物が現れたように見えます。

ZenFone ARを使うと色々な遊びができそうですね。

 

「ZenFone AR (ZS571KL)」の特徴

  • 画面サイズは5.7インチでSuper AMOLED(有機LE)液晶
  • 解像度はWQHD[2K] (2560 x 1440ドット)
  • ディスプレイは傷が付き難い米コーニング社 Gorilla Glass 4を採用
  • 筐体は高級感のあるレザーとメタルフレームを採用
  • OSは最新のAndroid 7.0 (Nougat)
  • CPU(SoC)はハイエンドモデル用のQualcomm Snapdragon 821
  • メモリも大容量の6GB / 8GB
  • 高音質音源「ハイレゾ」に対応
  • 上下を気にせず使えるUSB Type-Cコネクタを採用
  • メインカメラは高解像度の2300万画素カメラ
  • QuickCharge 3.0(急速充電)に対応
  • 通信(LTE)はドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドに対応
  • 6月23日のアップデートによりau VoLTEにも対応
  • 直ぐにVRを体験できる「組み立て式VRメガネ」とハイレゾ対応イヤホン「ZenEar」、クリアケースが標準で付属
  • Tangoに必要な対象物の動きを追跡するモーショントラッキングカメラと距離を測定する深度カメラを搭載

    f:id:hakoroid:20170623233127p:plain

 

PV

 

「ZenFone AR (ZS571KL)」スペック

メーカー ASUS
モデル名 ZenFone AR (ZS571KL)
OS Android 7.0 (Nougat)
ディスプレイ 5.7インチ Super AMOLED / 解像度 WQHD[2K] (2560 x 1440ドット) /
米コーニング社 Gorilla Glass 4 /
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 821 MSM8996
[ 2.4GHz (クアッドコア) ]
GPU Adreno 530
メインメモリ 6GB / 8GB
内蔵ストレージ 64GB / 128GB
カメラ (メイン/サブ) 2300万画素 / 800万画素
通信 (3G) Band 1/2/5/6/8
通信 (4G/LTE) Band 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/
28/38/40/41
Wi-Fi (無線LAN) IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー容量 3300mAh
サイズ 158.98 x 77.7 x 8.95mm
重さ 約 170g
メモリーカードスロット MicroSD (最大 2TB)
SIMカード nanoSIM x 2 (デュアルSIM)
センサー GPS / 加速度 / 電子コンパス / 光 /
磁気 / 近接 / ジャイロスコープ / 指紋 / RGB / 気圧計 / NFC
その他 Tango / Daydream / QuickCharge 3.0(急速充電) /
ハイレゾ / USB Type-C
カラバリ ブラック

 

 

所感

やはりARやVRを快適に楽しむ為、ものすごいハイスペックモデルとなっていますね。僕もVRゴーグルにXperia X Performanceを装着してVR動画を楽しんだりしていますが、画面サイズ 5.7インチで応答速度の早い有機EL液晶を採用したZenFone ARでVR動画を見てみたいですね。

ちなみにZenFone ARには「組み立て式VRメガネ」が同梱されているようです。もし購入したらVRメガネを付けてYoutubeのバーチャル リアリティ(VR)チャンネル(公式)を見てみてください。面白い動画が沢山ありますよ。

僕もVR動画を初めてみた時はちょっと感動しました。

もちろんZenFone ARを購入しなくてもハイスペックのスマホならVRゴーグルに装着してVR動画を楽しむことが出来ます。ただし長時間見続けると頭が痛くなる可能性もあります。

また子供の場合、目にダメージを負う恐れがありますので気をつけてください。特に小さい子供の場合はVR動画を見てはいけません。ある程度の年令(中学生ぐらい)になってから楽しむようにしましょう。

 ※PS VRでも対象年齢は12歳以上と定めています、12歳未満の方はVR視聴を止めておきましょう。

 

ASUS ZenFone Shop

 


にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村