DTI SIMからYouTubeとTwitterが使い放題になる新プラン「DTI 見放題 SIM」が登場!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20161121165826j:plain

f:id:hakoroid:20170527165229j:plain

ドリーム・トレイン・インターネット (DTI)は5月26日(金)、同社の格安SIMサービス「DTI SIM」より、対象サービスのデータ通信をカウントしない新プラン「DTI 見放題 SIM」および「DTI 見放題 SIM + ルーターセット」の提供を、本日5月26日(金)より開始すると発表しました。

 

 

DTI 見放題 SIM

「DTI 見放題 SIM」プランは所謂カウントフリーのプランで対象サービスである「Youtube」「Twitter」を利用する際のデータ通信量に関してはカウントされません。

もし、その他の通信で基本データ通信量の7GBを超過してしまっていても対象サービスに使用される通信に関しては通信速度制限が無いので安心して快適な通信速度で利用することが出来ます。

 

f:id:hakoroid:20170527161407p:plain

「DTI 見放題 SIM」プランの月額料金は 2,430円(税別)、Wi-Fiルーターとセットの「DTI 見放題 SIM + ルーターセット」の場合の月額料金は3,696円(税別)です。

また、今はYoutubeとTwitterの2つが対象サービスとなっていますが、今後この対象サービスを追加していく予定もあるようです。普段よく使うサービスがこの対象になれば嬉しいですね。

 

Youtubeを快適に視聴できる

DTI SIMの公式サイトでYoutubeを快適に視聴できる仕組みが説明されていました。

f:id:hakoroid:20170527162924j:plain

これなら確かに「DTI 見放題SIM」用の通信帯域を確保すれば遅延は発生しにくいのかもしれませんが「360pの画質で快適に視聴できる通信速度に調整」と書かれています。

画質が360pの場合、画像は640 x 360ドット、必要な通信速度(ビットレート)の範囲は400 ~ 1000kbpsになるようです。

これって要するに最大通信速度 1Mbpsの制限をかけて大勢の方が動画を視聴していても通信帯域を圧迫して遅延が発生しないようにしているということかな

ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度 - YouTube ヘルプ

 

まぁ画質 360pでもスマホの画面で見る分にはあまり気にならないと思いますが、パソコンやテレビなど大画面で視聴する時はちょっと画質が荒いと感じることもあるかもしれません。

ちなみにTwitterに関しては気にする必要は無さそうです。

 

カウントフリー対象になる通信

f:id:hakoroid:20170527164645p:plain

 基本的に公式アプリやブラウザ(Chrome,Safari)を使用してYoutubeを視聴したりTwitterを利用する分のデータ通信はカウントされませんが、その他のアプリや非公式のサイトを経由してYoutubeを視聴したりTwitterを利用すると、その分のデータ通信はカウントの対象となってしまいます。本サービスを利用する場合はそのあたりも注意してください。

 

 

DTI SIM_基本LP

 

所感

スマホでYoutubeをよく見ているという方は多いと思いますが、月のデータ通信量の殆どが動画を見るために使われているという方は今回の新プランを検討してみるのも良いかもしれませんよ。

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村