ドコモ、Xperia Z4 Tablet (SO-05G)にAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデートを開始!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20161025143659j:plain
f:id:hakoroid:20161025140926j:plain

NTTドコモは4月19日(水)、ソニーモバイル製の約10.1インチ薄型タブレット「Xperia Z4 Tablet (SO-05G)」にAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデートを含むソフトウェア更新を本日より開始すると発表しました。

 

アップデート内容

  • OSがアップデートされAndroid 7.0 (Nougat)になります。
  • まれに発信者番号通知の設定が有効にならない不具合の修正

※これ以外にもより快適に利用するための更新や一部仕様および表示変更も含まれます。

 

 

Android 7.0 (Nougat)の新しい機能

  •  マルチウィンドウ、マルチタスクに対応しディスプレイ上に2つのアプリの画面を同時に表示させることが出来るようになります。

※このマルチウィンドウという機能を利用する時は、右下の□を長押しすると画面が上下に分割されます。

f:id:hakoroid:20170112132416j:plain

  • Android標準の省電力機能「Dozeモード」がより強化されました。(設定不要)
  • アプリ利用中に通知エリアからLINEアプリでのメッセージ送信が可能になります

    f:id:hakoroid:20170112132641j:plain

  • Android 7.0 (Nougat)へのアップデートに合わせて「電話アプリ」のデザインや機能に若干の変更があります。 

    f:id:hakoroid:20170330141719j:plain

     

 

 

更新にかかる時間

端末本体でソフトウェアアップデートを行う場合約54かかります。

やはりOSアップデートとなるとアップデートに必要なファイルサイズも大きくなりますし更新にかかる時間も長くなります。

ドコモの場合アップデートにかかるデータ通信量はカウントされないので電波状況の良い場所であればモバイルデータ通信(4G/LTE)でもアップデートを実施することは可能ですが、通信速度や通信の安定性を考えると出来るだけWi-Fi接続でアップデートを実施したほうが良いかもしれません。

 

アップデート方法 (端末本体で行う場合)

待ち受け画面で「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」を選択し、そこから案内にしたがって操作を行うとソフトウェアアップデートを行うことが出来ます。

今回のOSアップデートにかかる時間は約54分と1時間近くかかります、そしてアップデート中は端末の全機能が利用できなくなります。通話やメールの送受信なども行えないので注意してください。またアップデート中に電源が切れると故障の原因になるので、満充電の状態でアップデートを実施したほうが安全です。

 

 

ソフトウェアアップデート実施後の確認

今回のソフトウェアアップデートが無事終了するとビルド番号は「32.3.D.0.116」になります。OSアップデートなので再起動した時の画面でわかるとは思いますが一応の確認です。

 

ビルド番号の確認方法

ホーム画面で「アプリボタン」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」

 

 

所感

Xperia Z4 Tabletは発売当時Android 5.0が入っていたので、今回で2回目のOSアップデートになります。Xperia Z4 Tabletは薄型で軽く、バッテリーも6,000mAhの大容量で防水機能まで備わっています。これで搭載しているCPU(SoC)が発熱問題で評判のあまり良くなかった「Snapdragon 810」でなければ、もっと人気のあるタブレットだったかもしれません。

 Xperia XシリーズでTablet出ないかなぁ・・・ でもその場合値段が高くなるかなぁ~

 

Xperia(TM) Z4 Tablet SO-05Gの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村