KDDI(au)が「Xperia Z5 (SOV32)」にAndroid 7.0へのOSアップデートを開始します!!

スポンサーリンク

kDDI (au)

Xperia Z5 (SOV32)

KDDI (au)は3月28日(火)、ソニーモバイル製 Xperia Z5 (SOV32)に対して以前より告知していたとおり「Android 7.0 (Nougat)」へのOSアップデートを3月30日(木) 18時より開始すると発表しました。

 

KDDI (au)からAndroid 7.0 (Nougat)へのアップデートを予定している端末リストが公開されました!! - Z3C備忘録

 

アップデート内容

  • OSがAndroid 7.0 (Nougat)にアップデートされます。

 

Android 7.0 (Nougat)の新しい機能

  • マルチウィンドウ、マルチタスクに対応しディスプレイ上に2つのアプリの画面を同時に表示させることが出来るようになります。

    f:id:hakoroid:20170114023351p:plain

  • 通知パネルが更に便利で分かりやすくなりました。

    f:id:hakoroid:20170114023517p:plain

  • Android標準の省電力機能が強化されました。(設定不要)
  • データ通信量を抑える「データセーバー」という機能が追加されました。

    f:id:hakoroid:20170114023739p:plain

【注意】

データセーバーという機能をONにすると、ほとんどのアプリはバックグラウンドでのデータ通信が制限されます。

EメールアプリやLINEアプリ等に対して、通信に制限をかけるとスマホを触っていない時にメッセージが送られて来ても「通知されず」気が付かない可能性があります。

データセーバーを使用する場合は「データ通信を制限しないアプリ」という設定でこれらのアプリを予め除外しておきましょう。

ちなみにWi-Fi接続の時はデータセーバーの機能は止まるようです。3G/LTEのときだけ有効になるデータ通信量の節約機能です。

 

 

  • 電話アプリが更に便利で分かりやすくなりました。

     f:id:hakoroid:20170114024039p:plain

 

 

「更新時間」と「ファイルサイズ」

f:id:hakoroid:20170329185920j:plain

Xperia Z5 (SOV32)本体で今回のOSアップデートを行う場合、アップデートに必要なファイルサイズは約1.2GB、更新にかかる時間は約60分です。やはりOSアップデートとなるとファイルサイズは大きくなりますし、更新にも時間がかかりますね。

そしてKDDI(au)はソフトウェアアップデートを行う場合でもパケット通信料は有料なので注意してください。3G/4G(LTE)に接続したままアップデートを実施すると大量のデータ通信が発生するので、Wi-Fi接続でOSアップデートを実施する事をお勧めします。

 

アップデート方法

Xperia Z5 (SOV32)本体で「メインメニュー → 設定  →  端末情報  →  ソフトウェア更新 」と操作するとソフトウェアアップデートが開始されます。

f:id:hakoroid:20160413014033j:plain

【注意事項】

アップデート中に電源が切れると故障の原因になります。アップデートを実施する前に電池の残量を確認してください、今回のアップデートにかかる時間は約60分と比較的長いので出来れば満充電の方が安心です。

更にアップデート中はスマホの機能が全て使用できなくなります。電話やメール、SNS(Twitter,LINE)等の機能も使えなくなるので注意してください。

また、OSアップデートを実施すると一部の設定が初期状態にリセットされます。

「カレンダーアプリ」の通知や「STAMINAモード」の設定など再度設定し直す必要があります。それと以前標準で入っていたライブ壁紙が新しいものに置き換えられます。

 

アップデート作業終了後の確認

ソフトウェア更新が終了し自動的にXperia Z5が再起動したあと、無事にアップデートが完了したのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー → 設定 → 端末情報」で確認できます。

 

ここでビルド番号が「32.1.C.0.401」になっていればアップデートは無事完了です。

 

 所感

僕も愛用中のXperia X PerformanceがAndroid 7.0 (Nougat)ですが、Android 6.0 (Marshmallow)の時よりも多機能になり使いやすくなったと思います。

Youtubeで動画を見ている時、LINEで連絡が来て返信したい場合や、ちょっとWeb検索をしたくなった時に右下の□を長押ししてマルチタスク・マルチウィンドウ機能を利用することがよく有ります。

この場合Youtubeで再生中の動画を止めなくても他のアプリが使えるのでとても良くなったと思います。ただし全てのアプリがこの機能に対応しているわけではありません。

また、2画面のマルチウィンドウを利用しなくてもYoutubeのアプリをバックグラウンドで動作させることが出来るので音楽を聞いている時は特にいいですね。

電池持ちに関しても元々あったAndroidの省電力機能「Dozeモード」が強化されているとのことです。ただXperiaだとXperia独自の省電力機能「スタミナモード」も利用しているので、これはどのぐらい変わったのか正直良くわからないですね・・・ なんにしても機能が増えより便利になるOSアップデートはオススメです。

 

ただOSアップデートを実施する際にはWi-Fi環境で行うことと、更新に約1時間かかることに注意してください。時間に余裕のある時にOSアップデートを実施しましょう。

 

そういえばXpera Z5はAndroid 5.0から6.0に一度アップデートを実施しているので今回のアップデートは2回目のOSアップデートですね。なかなかサポートが長いですね。

以前なら日本国内でキャリアが販売しているスマホに対するOSアップデートは1回しか実施されなかったのですが、今後は変わっていくのかな

 

Xperia™ Z5 SOV32 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村