モトローラ、DSDS対応のSIMフリースマホ「Moto G5/ G5 Plus」を今月末に発売!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20170318182227j:plain

モトローラ・モビリティ・ジャパンは3月16日(木)、昨年日本で発売したMoto G4 Plusの後継機種にあたる「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を3月31日(金)より日本でも発売すると発表しました。

Moto G5の価格は22,800円(税別)、Moto G5 Plusの価格は35,800円(税別)です。

 

Moto G5 と Moto G5 Plusは2月末にスペイン・バルセロナで開催された世界最大規模のモバイル展示会「MWC2017 (モバイル・ワールド・コングレス 2017)」でモトローラより発表されたミドルレンジクラスのSIMフリースマホです。

f:id:hakoroid:20170318181205j:plain

 

「Moto G5 / Moto G5 Plus」について

昨年発売された「Moto G4 Plus」はSIMフリースマホで初の日本国内で利用可能な「DSDS (デュアルSIM / デュアルスタンバイ)対応」と言うことで、とても人気があり発売直後は多くの通販サイトで品切れになっていました。

今回発表された両機種も同じくDSDS対応機種なのですが、「Moto G5」は発売時は「3G + 4G (LTE)」のDSDS機能に対応していません。今年の夏に配信予定のアップデートで「3G + 4G (LTE)」のDSDS機能に対応する予定です。

なお、Moto G5 Plusは発売時から「3G + 4G (LTE)」のDSDS機能に対応しています。

また、Moto G4 Plusは3G (W-CDMA)のBand 6に対応と書かれていませんでしたが、今回は「Moto G5 / G5 Plus」共にしっかりとBand 19 (Band 6を内包)対応と書かれています。

 

対応周波数帯(バンド)に関しては3G / 4G (LTE)ともにNTTドコモ、ソフトバンクのプラチナバンドに対応しています、ただしKDDI (au)のプラチナバンドには対応していないようです。

 

※3G (W-CDMA)のBand 6はドコモのFOMAプラスエリア、俗に言うプラチナバンドの事です。こちらに対応していると電波の届きにくいビルの谷間や郊外などでも比較的電波の受信感度が良くなります。3Gの電波は主に「音声通話」に利用するので電波を受信できないとちょっと困ったことになる場合があります。

 

 

 Moto G5 

f:id:hakoroid:20170318181139j:plain

「Moto G5」の特徴

  • 画面サイズは5インチ、解像度はフルHD (1920 x 1080ドット) 441ppi
  • ボディはハイグレードのアルミニウム (メタルボディ)を採用
  • OSは最新のAndroid 7.0 (Nougat)で次のバージョンへのOSアップデートも予定
  • 2800mAhの大容量バッテリーは取り外し可能
  • 3G + 4G (LTE)のDSDS機能に対応予定
  • CPU (SoC)にはSnapdragon 430 (オクタコア)を搭載
  • メインメモリは2GB
  • 便利な指紋認証センサーを搭載 (ロック、ロック解除もワンタッチ)
  • 手首をひねってカメラをオンにする「Moto エクスペリエンス」という便利機能搭載
  • カラーバリエーションは「ルナグレー / ファインゴールド」の2色 

 

【カメラ機能】

f:id:hakoroid:20170318181150j:plain

メインカメラにF値 2.0の明るいレンズを採用、高速オートフォーカス(像面位相差オートフォーカス)機能を搭載し、写真用に8倍デジタルズームとビデオ用には4倍デジタルズーム機能を搭載しています。

またバーストモード(連射機能)や、ビデオ撮影時の手ブレ補正機能もあります。パノラマ撮影やスローモーション撮影する機能もついていてカメラ機能も充実してます。

ちなみにフロントカメラは500万画素の広角レンズカメラでセルフィーに利用できる「美化モード」も付いています。

 

【バッテリー】

Moto G5は2800mAhの大容量バッテリーを搭載し、1回の充電で終日駆動します。更に10Wの高速充電器が付属していて、こちらの専用充電器を使用すると15分の充電で最長4時間使用できるようになります。 (あくまでもメーカーの公称値です。)

 

【防水について】

耐水性能の所に「撥水ナノコーティング」と記載がありました。完全に防水というわけではないかもしれませんが、それなりの防水性能はありそうです。ただし過信は禁物です。

 

 

f:id:hakoroid:20170318181244j:plain

「Moto G5」スペック

メーカー名 モトローラ・モビリティ・ジャパン
モデル名 Moto G5
OS Android 7.0 (Nougat)
ディスプレイ 5インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080ドット)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 430
MSM8937 [ 1.4GHz (オクタコア) ]
GPU Adreno 505
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 1300万画素 / 500万画素
バッテリー容量 2800mAh
サイズ 144.3 x 73 x 8.7mm
重さ 約149g
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
通信 (LTE) Band 1/3/5/7/8/19/20/28/38/40
通信 (3G)[W-CDMA] Band 1/2/5/8/19 (Band 6を内包)
SIM デュアルSIM (nanoSIM x 2) (DSDS対応予定)
microSD microSD / SDHC /SDXC (最大 128GB)
センサー GPS / 指紋認証センサー / ジャイロスコープ / 加速度
カラバリ ルナグレー / ファインゴールド

 

 

Moto G (第 5 世代) | モトローラ (レノボの子会社)

 

Moto G5 Plus

f:id:hakoroid:20170318181740j:plain

「Moto G5 Plus」の特徴

  • 画面サイズは5.2インチ、解像度はフルHD (1920 x 1080ドット) 424ppi
  • 画面は傷が付き難い米コーニング社のGorilla Glass 3を採用
  • ボディはハイグレードのアルミニウム (メタルボディ)を採用
  • OSは最新のAndroid 7.0 (Nougat)で次のバージョンへのOSアップデートも予定
  • 3000mAhの大容量バッテリーを搭載 (こちらは取り外し不可)
  • 3G + 4G (LTE)のDSDS機能に対応
  • CPU (SoC)にはSnapdragon 625 (オクタコア)を搭載
  • メインメモリは4GB
  • 便利な指紋認証センサーを搭載 (ロック、ロック解除もワンタッチ)
  • 手首をひねってカメラをオンにする「Moto エクスペリエンス」という便利機能搭載
  • カラーバリエーションは「ルナグレー / ファインゴールド」の2色 

 

【カメラ機能】

f:id:hakoroid:20170318181826j:plain

メインカメラにF値 1.7のMoto G5よりも明るいレンズを採用しています。そしてデュアルピクセルオートフォーカスという機能により従来モデルよりも約60%高速なフォーカスが可能です。またビデオ撮影には手ぶれ補正機能もついていて4K動画の撮影にも対応しています。

Moto G5にもついているバーストモード(連写機能)やパノラマ機能ももちろんついていますよ。

 

【バッテリー】

Moto G5 Plusは3000mAhの大容量バッテリーを搭載し、1回の充電で終日駆動します。更に付属のTurboPowerチャージャーにより、15分の充電で最長6時間駆動します。 (あくまでもメーカーの公称値です。)

 

【防水について】

こちらも耐水性能の所に「撥水ナノコーティング」と記載がありました。それなりの防水性能はありそうです。公式サイトでは「水が跳ねても大丈夫」と書かれています。

そのぐらいの耐水性能のようです。日本でよく販売されている防水とは全く違うので注意しましょう。

 

 

f:id:hakoroid:20170318181840j:plain

「Moto G5 Plus」スペック

メーカー名 モトローラ・モビリティ・ジャパン
モデル名 Moto G5 Plus
OS Android 7.0 (Nougat)
ディスプレイ 5.2インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080ドット)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 625
[ 2.0GHz (オクタコア) ]
GPU Adreno 506
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 32GB
カメラ (メイン/サブ) 1200万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 150.2 x 74 x 7.7mm
重さ 約 155g
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n (2.4 / 5 GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
通信 (LTE) Band 1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
通信 (3G)[W-CDMA] Band 1/2/5/8/19 (Band 6を内包)
SIM デュアルSIM (nanoSIM x 2) (DSDS対応)
microSD microSD / SDHC /SDXC (最大 128GB)
センサー GPS / 指紋認証センサー / ジャイロスコープ / 加速度
カラバリ ルナグレー / ファインゴールド

 

 

Moto G Plus (5th Gen.) | Motorola

 

所感

名前や価格からわかると思いますが、Moto G5よりもMoto G5 Plus の方がスペックが上です。搭載しているCPUも高性能ですしメモリも2倍あります。またバッテリー容量や充電時間も多少違ってきます。あとは価格ですね。

できるだけ安いモデルがほしいのならMoto G5を、少し高くてもよりハイスペックなものをと思えばMoto G5 Plusをと言った感じでしょうか。

それ以外に比較するところとしては直ぐにDSDS機能が使いたい、充実したカメラ機能が欲しい、4K動画を撮影したいというのであれば Moto G5 Plusかな? 

スペックよりもバッテリー交換を手軽に行いたいと言うのであればMoto G5かな? でもバッテリーは別売で簡単に買えるのかどうかが気になりますね。 偶にバッテリー交換に対応していてもバッテリーが手に入らないという機種がありますからね。その辺りはよく確認してからのほうがいいかもしれません。

 

 ちなみにMoto G5 / G5 Plusは全国の家電量販店、ネット通販、IIJmioやDMMモバイル、BIGLOBE SIM等のMVNOからも発売される予定です。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村