ソニーモバイルからXperia 2017年モデル 4機種が発表されました。日本で発売されるのは2機種かな?

スポンサーリンク

Xperia

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日(月)、スペイン・バルセロナで開催された世界最大規模のモバイル展示会「MWC2017 (モバイル・ワールド・コングレス 2017)」にてプレスカンファレンスを開催し2017年に発売するXperia 4機種の発表を行いました。

 

f:id:hakoroid:20170301183218j:plain

MWC2017で発表されたXperia 4機種

 今回ソニーモバイルより発表されたXperiaは4機種で、日本でも発売されそうな2機種は画面サイズが5.5インチのフラッグシップモデル「Xperia XZ Premium」と、今現在販売中のXperia XZの後継機種と思われる「Xperia XZs」です。

おそらくXperia XZ PremiumはXperia Z5 Premiumのようにドコモからのみ販売されるのではないかと思います。そしてXperia XZsはXperia XZと同じように大手携帯電話会社3社から発売されると思います。

ちなみにXperia XZsの背面に「au」のロゴが入っている画像が公式サイトでチラッと出ているようです。auから発売されているXperia XZも背面の中央に「Xperia」その下に「au」と書かれているので同じデザインでXperia XZsも発売されそうですね。

「Xperia XZs」はドコモ、au、ソフトバンクの夏モデルとして登場するかな? そして少し時期をずらしてドコモからXperia XZ Premiumが発売されるかも・・・ これはあくまでも予想ですけどね。

 

そして残りの2機種は海外で販売されている「Xperia XA」「Xperia XA Ultra」の後継機種「Xperia XA1」と「Xperia XA1 Ultra」です。Xperia XAはミドルハイクラスのスマホで、このあたりのスペックを持つXperiaは何時も日本で発売されません。

おそらく今回も日本での発売はないと思います。それでもXperia XA1は以前のモデルよりもスペックが向上していますし、画面サイズが6インチのファブレットにあたるXperia XA1 Ultraも日本でも発売されれば一定の需要はありそうですけどね・・・ 

日本で発売するとなると色々と問題があるのかもしれませんね。 ちなみにXAシリーズは日本で標準装備となりつつある「防水・防塵」機能は付いていません。

 

強化されたカメラ機能

Xperia XZ PremiumとXperia XZsに新たに搭載された 1900万画素の「Motion Eyeカメラ」にはシャッターを押す数秒前から4枚の写真を自動的に撮影しておいてくれる「Predictive Capture」という機能と、最大960fpsのスローモーション撮影が可能な「Super Slow Motion」という2つの機能が備わっています。

f:id:hakoroid:20170301183528j:plain

f:id:hakoroid:20170301183532j:plain

ちなみに上記では新機能のみ紹介していますが、Xperia XZ以前から備わっているハイブリッドオートフォーカス機能やRGBC-IRセンサー、手ぶれ補正もあります。

 

Motion Eyeのプロモーション動画がYoutubeに上がっていました。動画を見ましたがスローモーション撮影はちょっと面白そうですね。

 

以前からそうですが新モデルのXperiaには必ず高機能カメラが搭載されていますよね。スマホに搭載されているカメラがここまで高性能なものになるとプロのカメラマン以外はデジカメも必要なくなってきそうですね。もう既になっているかな?

 

ここからはモデル別に特徴を紹介していきたいと思います。

Xperia XZ Premium

f:id:hakoroid:20170301184022j:plain

まず初めは画面サイズ5.5インチのフラッグシップモデル「Xperia XZ Premium」から、こちらはXperia Z5 Premiumの後継モデルでしょうか?  上記で紹介した新カメラ機能「Motion Eyeカメラ」を搭載、ディスプレイは4K ( 3840 x 2160ドット)  HDR(ハイダイナミックレンジ)液晶を搭載。CPU(SoC)にはQualcomm製の最新チップ「Snapdragon 835」を採用しメインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBあります。

そして指紋認証センサーを搭載し、OSは最新のAndroid 7.1(Nougat)で通信も下り最大1Gbpsの高速モバイル通信に対応しています。最新技術を詰め込んだまさにフラッグシップモデルといった感じです。

 

Xperia XZs

f:id:hakoroid:20170301184032j:plain

こちらはXperia XZのマイナーチェンジかな? 見た目や搭載されているCPU(SoC)はXperia XZとほぼ同じでした。ただカメラ機能は今回登場した「Motion Eyeカメラ」が搭載されています。またメインメモリが3GBから4GBにアップしました。複数のアプリを同時に起動するAndroid 7.0 (Nougat)の新機能「マルチタスク」や「マルチウィンドウ」に対応し高性能カメラの動作を快適にするためにメモリは増量したのかもしれませんね。

 

 

Xperia XA1

f:id:hakoroid:20170301184039j:plain

Xperia XA1は名前の通りXperia XAの後継モデルですね。ただ以前よりもこのクラスのXperiaのスペックはかなり向上していると思います。以前はエントリーモデルぐらいのスペックしかなかったのですが、最近はミドルレンジクラスになっています。

最新のカメラ機能「Motion Eyeカメラ」や防水・防塵機能、指紋認証センサーは搭載していませんが、MediaTek製の高性能オクタコアCPU Helio P20を搭載しメモリは3GB、内蔵ストレージも32GB、OSはAndroid 7.0 (Nougat)、画面サイズは5インチで解像度はHD(1280 x 720ドット)で急速充電にも対応しています。

カメラもハイブリッドオートフォーカス機能により0.6秒で撮影可能な2300万画素のソニー製CMOSイメージセンサー Exmor RS for mibile (IMX-300)を搭載しています。少し前のハイスペックモデルに搭載されていたカメラ機能(Z5シリーズかな?)が付いている感じです。

ちなみに側面に指紋認証センサーを搭載していないためかサイドのベゼルはかなり狭くなっています。画面サイズが5インチでも横幅があまり無いのでしっかりと握れそうです。

正直、Xperia XA1欲しいです。昨年のXperia XAと同じぐらいの時期に発売されるなら6月初め頃発売で、おそらく価格は£240ぐらい日本で約3万5千円ぐらいかなぁ・・・

でも今回性能がかなり向上しているから価格も向上するかも (笑)

発売日が決まった辺りで海外通販サイトのEtorenが事前予約受付を開始すると思うので価格をみてちょっと検討したいです。

でも、最近端末購入しすぎで家族からちょっと無言の圧力が・・・


日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

 

 

Xperia XA1 Ultra

f:id:hakoroid:20170301184053j:plain

こちらはXperia XA1の画面サイズを大きくした様な6インチファブレットですね。

画面サイズが6インチになり解像度はフルHD (1920 x 1080ドット)、ディスプレイは2.5D曲面ガラスになっています。またおそらくこのXperia XA Ultra、Xperia XA1 Ultraは以前Xシリーズに統一される前のCシリーズの系統で自撮り(セルフィー)に特化したシリーズだと思います。

その為前面のカメラが高性能で光学式手ぶれ補正の付いた1600万画素のCMOSイメージセンサーが搭載されています。また前面にフラッシュも搭載していて少しぐらい薄暗い場所でも高解像度でブレない撮影が可能となっています。

更にメモリは4GBあります。これなら複数のアプリを同時に起動しても大丈夫そうですね。

 

SIMカードと対応周波数帯(バンド)

Xperia XZ PremiumとXperia XZsにはシングルSIMモデルとデュアルSIMモデルという2つのモデルが有ります。また発売される地域により対応周波数帯も変わってきます。おそらく日本で発売されるのは両機種ともシングルSIMモデルの方です。

販売する大手携帯電話会社のロゴが背面にある等、外見がちょっと違いますが基本的には同じ性能のものが日本でも発売されます。

Xperia XA1 / Xperia XA1 Ultraは多数の国で販売されるのでシングルSIMモデル、デュアルSIMモデルに更に対応周波数帯の違うモデルが多数存在します。

残念ながら日本では発売されないと思いますが、こちらは色々な国で販売されます。

White Paperというソニーモバイルが公開している仕様書のような物を確認しましたが、残念ながらXperia XA1 / XA1 Ultraはドコモのプラチナバンドには対応していないようでした。

ちなみにシングルSIMモデルのXperia XZ Premium(G8141)とXperia XZs (G8231)は両機種ともLTE(4G)はドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクのプラチナバンドに対応しています。そして3G (W-CDMA)はドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応しています。

auがXperia XZsを発売する場合は4G(LTE)回線を使用する通話(au VoLTE)に対応したモデルを販売するはずなので問題ありませんが、これらを個人輸入してauのSIMカードを入れるとおそらく通話できないので気をつけましょう。まぁそんなことをする人はいないと思いますけど・・・念のため

# UQ mobileも同じですよ。偶にXperia XZやXperia X PerformanceのデュアルSIMモデルにauのSIMを入れて通話やデータ通信が出来ないと騒いでいる人を見かけるので一応書いておきます。ちなみにデータ通信のみなら設定で「LTE Only」にするとなんとかなるみたいです。

 

所感

プレスカンファレンスでは発表がなかったようですが、おそらく日本でもXperia XZ PremiumとXperia XZsが各キャリアから夏モデルとして発売されるのではないかと思います。

ただ今回の発表を見て正直Xperia XZsはXperia XZからのマイナーチェンジでカメラ機能が強化された事とメモリが3GBから4GBに増量されたこと以外はほとんど変化はないように感じました。せっかく新モデルとして発表するのならデザインなどを色々変えてきてほしかったなぁ

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村