読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KDDI(au)が「Xperia X Performance」「Xperia XZ」にAndroid 7.0のOSアップデートを開始します!!

スポンサーリンク

kDDI (au)

Xperia X Performance (SOV33)

Xperia XZ (SOV34)

 1月13日(金)、KDDI (au)は同社から販売中のソニーモバイル製「Xperia X Performance (SOV33)」と「Xperia XZ (SOV34)」に対してAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデートを1月18日(水) 18時より開始すると発表しました。

 

 

アップデート内容

  • OSがAndroid 7.0 (Nougat)にアップデートされます。
  • Androidのセキュリティパッチレベルが「2017年1月1日」となります。 

 

セキュリティパッチレベルについては下記のリンク先で詳しく説明されています。日付の横に「日本語」と書かれているリンクがあり、そこを開くと日本語で内容を確認することが出来ます。

Android Security Bulletins | Android Open Source Project

 

 

「更新時間」と「ファイルサイズ」

 【Xperia X Performance (SOV33)】

f:id:hakoroid:20170114022802p:plain

 

【Xperia XZ (SOV34)】

f:id:hakoroid:20170114022821p:plain

 

本アップデートを行う場合、アップデートにかかる時間は両機種とも約40分、アップデートに必要なファイルサイズはXperia X Performanceが約1.3GB、Xperia XZは約1.1GBとなっています。

KDDI(au)ではソフトウェアアップデートを行う場合、パケット通信料は有料なので注意してください。今回のOSアップデートではアップデートに必要なファイルサイズが1GB以上と、とても大きいのでWi-Fi接続でアップデートを実施してください。

 

Android 7.0 (Nougat)の新しい機能

  • マルチウィンドウ、マルチタスクに対応しディスプレイ上に2つのアプリの画面を同時に表示させることが出来るようになります。

    f:id:hakoroid:20170114023351p:plain

  • 通知パネルが更に便利で分かりやすくなりました。

    f:id:hakoroid:20170114023517p:plain

  • Android標準の省電力機能が強化されました。(設定不要)
  • データ通信量を抑える「データセーバー」という機能が追加されました。

    f:id:hakoroid:20170114023739p:plain

【注意】

データセーバーという機能をONにすると、ほとんどのアプリはバックグラウンドでのデータ通信が制限されます。

EメールアプリやLINEアプリ等に対して、通信に制限をかけるとスマホを触っていない時にメッセージが送られて来ても「通知されず」気が付かない可能性があります。

データセーバーを使用する場合は「データ通信を制限しないアプリ」という設定でこれらのアプリを予め除外しておきましょう。

ちなみにWi-Fi接続の時はデータセーバーの機能は止まるようです。3G/LTEのときだけ有効になるデータ通信量の節約機能です。

 

 

  • 電話アプリが更に便利で分かりやすくなりました。

     f:id:hakoroid:20170114024039p:plain

 

Xperia X Performanceのカメラ機能について

ドコモから販売されているXperia X PerformanceはAndroid 7.0 (Nougat)にアップデートするとカメラ機能にマニュアルモードが追加され、マニュアルフォーカスやシャッタースピードの調整機能が付きました。

f:id:hakoroid:20170114034015j:plain

海外で販売されているグローバルモデルのXperia X Performanceにもアップデート後この機能が追加されたので、おそらくauから販売されているXperia X Performance (SOV33)もアップデート後はカメラ機能にマニュアルモードが追加されていると思います。この機能で好みの調整ができるようになるとカメラ撮影が楽しくなりますよ。

 

 

OSアップデート後に削除される機能

    •  

      • 「電話」アプリのスマートサーチ機能の検索対象のカナが削除されアルファベットのみになります。
      • 「連絡先」アプリで連絡先を全件一括選択する機能が削除されます。
      • 「設定」アプリの「壁紙」→「ライブ壁紙」内の「バブル」、「フィーズビーム」、「ブラックホール」、「ホロ(スパイラル)」が削除されます。OSアップデート前に上記壁紙を設定していた場合は、アップデート後はXperia™壁紙が設定されます。
      • など

       

    • これらの機能が削除されるので注意してください

アップデート方法

Xperia本体で「メインメニュー」 → 「設定」 → 「端末情報」  →  「ソフトウェア更新」と操作するとソフトウェアアップデートが開始されます。

f:id:hakoroid:20170114034310j:plain

 

注意事項

アップデートを実施する前に電池の残量を確認してください、今回のOSアップデートにかかる時間は約40分です。アップデートに必要なファイルサイズも大きいですし、Wi-Fi接続で時間に余裕のある時に実施しましょう。

公式サイトの注意書きの中に以下のような文がありました。最近はアップデート中に電源が切れても壊れないように対策が取られてる?

万一OSアップデート中に電池切れとなった場合は、充電の後、再度電源を投入いただけると更新処理を再開致します。

でも、下記のようにも書かれているのでやっぱりダメなのかな

  • OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。

電池切れで電源が切れる場合は対処できるけど、突然電源を切られると壊れるかもしれないということかな? どちらにしても電池を満充電の状態にしてアップデートを実施したほうが安全ですね。

 

アップデート中はスマホの機能が全て使用できなくなります。電話やメール、SNS(Twitter,LINE)等の機能も使えなくなるので注意してください。

そして今回のOSアップデートが完了すると省電力機能の「STAMINAモード」がリセットされてOFFになります。その為アップデート完了後に再度設定を行う必要があります。

 

アップデート実施後の確認

ソフトウェア更新を行い自動的にスマホが再起動したあと、無事にアップデートが完了したのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

今回のOSアップデートではXperia X PerformanceもXperia XZも同じビルド番号になります。

アップデート完了後、ビルド番号が「39.2.C.0.203」になっていればアップデートは無事完了です。ただAndroid 6.0 (Marshmallow)からAndroid 7.0 (Nougat)にアップデートしても見た目はそれほど違わないかもしれません。上の通知エリアが少し変わるぐらいかな

でも、中身はAndroid 7.0 (Nougat)になっているので「マルチウィンドウ」等の機能は使えるようになっているはずです。

 

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー」 → 「設定」 → 「端末情報」で確認できます。

 

所感

先日、NTTドコモが「Xperia X Performance」と「Xperia XZ」にAndroid 7.0へのOSアップデートの配信を開始しましたが、auも18日からアップデート配信を開始します。

いつも大手携帯電話会社の中でauが一番最後にアップデートの配信を実施するのですが今回は早かったですね。

あとソフトバンクもXperia X PerformanceとXperia XZを販売しているので、こちらも近日中にOSアップデートの配信を開始しそうですね。

 

Xperia™ X Performance SOV33 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

Xperia™ XZ SOV34 OS アップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村