FREETEL、大容量バッテリー搭載で高コスパの「RAIJIN 雷神」「Priori 4」の予約受付を開始

スポンサーリンク

FREETEL

プラスワン・マーケティングが昨年12月26日に発表した「FREETEL」ブランドSIMフリースマホの新モデル「RAIJIN 雷神」と「Priori 4」の予約販売を開始すると発表しました。

Priori 4は予定通り1月27日から、RAIJIN 雷神は発売日が少し延期されマットブラックとシルバーは2月1日(水)、マットネイビーは2月9日(木)予定となりました。

 

「RAIJIN 雷神」「Priori 4」

 

RAIJIN 雷神

「RAIJIN 雷神」は5000mAhという大容量バッテリーを搭載しておりOSは最新Android 7.0 (Nougat)を採用、オクタコアCPUを搭載しメインメモリ 4GB、内蔵ストレージ 64GBとスペック的にも余裕のあるミッドレンジクラスのSIMフリースマホです。

また、最近流行りのDSDS(デュアルSIM /デュアルスタンバイ)機能にも対応し、従来のGPSだけでなく日本のJAXAが打ち上げた人工衛星「みちびき」とロシアの衛星測位システム「GLONASS」にも対応しています。

これにより測位精度が向上しているとの事なのでカーナビとして使う時に効果を発揮しそうです。

そしてRAIJIN 雷神のメーカー希望小売価格は29,800円(税抜)となっています。

 

FREETEL、大容量バッテリー搭載の「雷神(RAIJIN)」を来年の1月27日に発売!! - Z3C備忘録

 

 

Priori 4

「Priori 4」はFREETELブランドの中でも特にコストパフォーマンスに優れたエントリーモデル「Prioriシリーズ」最新モデルで、画面サイズは5インチ、OSはAndroid 6.0 (Marshmallow)でこちらも4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

5000mAhのバッテリーを搭載している「RAIJIN 雷神」よりは少し控えめですが4000mAhのバッテリーでも十分大容量と言えるでしょう。

また、Priori 4にはカラフルな6色バックカバーが全て付属しています。その時の気分でスマホの色を好きな色に変えることが出来ますよ。

そして何と言っても「Priori 4」の最大の魅力はその価格です。大容量バッテリーを搭載し、6色バックカバーを同梱しているのもかかわらず端末価格は14,800円(税抜)です。

「Priori 4」の発売日は1月27日(金)予定となっています。

 

また、購入時「Priori 4」のOSはAndroid 6.0 (Marshmallow)ですが、11月に開催された「FREETEL World 2016 Fall/Winter 2」においてPriori 4にも2017年春にAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデートを予定していると発表がありました。こちらも少し待てば最新のAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデートが実施される予定となっています。

FREETELからPrioriシリーズの新モデル「Priori 4」が発表されました!! - Z3C備忘録

 

 

 

所感

最近は大容量バッテリーを搭載したスマホが流行のようですね。昨年発売されたASUS製の大容量バッテリー搭載スマホ「ZenFone Max」が人気だったので他社もそれに追随する気なのかもしれません。

そしてエントリーモデルの「Priori 4」ですが、これだけ低価格でもそれなりのスペックのSIMフリースマホが発売されるようになったんですね。2万円以下でこのスペックのスマホが買えるなんてすごいと思います。これからスマホを使おうか検討中の方や子供向けのエントリーモデルとして良さそうですね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村