読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽天モバイル「HUAWEI Mate 9」を発売! 更に最大1万円割引きキャンペーンを開始!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20161217145227j:plain

楽天モバイルは、今月13日にファーウェイ・ジャパンより発表されたばかりの、第2世代のライカ ダブルレンズカメラを搭載したハイスペックSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」の取り扱いを12月16日(金)より開始すると発表しました。

更に楽天モバイルでは「HUAWEI Mate 9」発売記念として端末価格から最大10,000円割引くキャンペーンも開催しています。

 

「HUAWEI Mate 9 」発売記念キャンペーン

キャンペーン期間

  •  2016年12月16日(金)10:00 ~ 2017年1月13日(金)9:59

キャンペーン特典

キャンペーン期間中に楽天モバイルのSIMとセットでHUAWEI Mate 9を購入した場合に通話SIMとのセットでは10,000円の割引データSIMとのセットでは5,000円の割引が端末価格に適用されます。

 

【割引適用後のHUAWEI Mate 9の価格】

  • 通話SIM  :  50,800円(税抜)
  • データSIM (SMSあり/なし) :  55,800円(税抜)

 

【 HUAWEI Mate 9の価格 】

f:id:hakoroid:20161217145249j:plain

楽天モバイルは大手携帯電話会社のような割賦販売にも対応していて、端末代金を一活払いだけではなく分割にする事も出来ます。分割払いを選択すると毎月の通信料と合わせて端末の分割金を24回に分けて支払うことになります。

 

HUAWEI Mate 9

HUAWEI Mate 9の特徴

  • 画面は5.9インチのIPS液晶、解像度はフルHD (1920 x 1080ドット)
  • 画面サイズは大きくても狭額縁デザインにより横幅のサイズを抑えています
  • ボディはメタル素材
  • CPU(SoC)にはHiSilicon製の高性能チップセット「Kirin 960」を採用
  • OSは最新のAndroid 7.0 (Nougat) / EMUI 5.0を採用
  • 4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、超急速充電に対応
  • 臨場感のある4K動画の撮影に対応
  • 約0.4秒でロック解除可能な指紋認証センサーを搭載
  • 3G+LTE(4G)の同時待ち受け(DSDS機能)にも対応
  • 3G/LTE(4G)共にNTTドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応
  • 端子の上下を気にせず使えるUSB Type-C端子を搭載

※ネットワークを確認するとLTEは一応auのプラチナバンド(Band 26)にも対応していますが、auのSIMカードでは音声通話を利用できません。auの3G (CDMA2000)にもスペック表では対応していましたが、注意書きでChina Telecomのみ対応と書かれています。

更に「本端末はKDDIの移動体通信網を利用した通信サービスには対応しておりません」と書かれています。

楽天モバイルから購入する場合、楽天モバイルのSIMカードはNTTドコモの回線網を使用するので問題ありませんが、au網を使用するSIMカードでの運用を考えている方は注意してください。

 

 

ライカのダブルレンズカメラ

f:id:hakoroid:20161224113236j:plain

f:id:hakoroid:20161224111928j:plain

メインカメラ( ダブルレンズ):

  • 1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)

 

メインカメラは1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサーを搭載した第2世代ライカダブルレンズカメラで、暗い場所でも撮影しやすくなるレーザーオートフォーカス機能や、2つのカメラを使って被写体までの距離を測るデプスフォーカス機能、手ブレを防ぐための光学式手ぶれ補正機能、2倍までズームしても画像が劣化しないハイブリッドズーム機能等、様々な機能を搭載しています。

 

 

電池長持ち機能 

f:id:hakoroid:20161224112350p:plain

公式の発表によると大容量バッテリーと節電技術により2日間の連続使用が可能。そして超急速充電(HUAWEI スーパーチャージ技術)により20分の充電で約1日使用可能となっています。

もちろんこれらは「節電を意識した使い方で」という事だとは思いますが、それでも普通に使用していても電池の持ち時間がとても長く、また充電時間もとても短いという事は容易に想像できます。

 

HUAWEI Mate 9 スペック表

メーカー HUAWEI (ファーウェイ)
モデル名 Mate 9
OS Android 7.0 (Nougat) / EMUI 5.0
ディスプレイ 5.9インチ IPS液晶 /
解像度 フルHD (1920 x 1080ドット)
CPU(SoC) Hisilicon Kirin 960
[ 2.4GHz x 4 + 1.8GHz x 4 (オクタコア) ]
GPU Mali-G71 MP8
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
メインカメラ
[ダブルレンズ]
1200万画素(カラーセンサー)
+ 2000万画素 (モノクロセンサー)
サブカメラ 800万画素
通信 (3G) Band 1/2/4/5/6/8/19
通信 (LTE)
[ SIMスロット1のみ対応 ]
Band 1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/
20/25/26/28/29/38/39/40/41
Wi-Fi (無線LAN) IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー容量 4000mAh
サイズ 156.9 x 78.9 x 7.9mm
重さ 約 190g
メモリーカードスロット microSD (最大 256GB)
SIMカード デュアルSIM nanoSIM x 2 (DSDS対応)
センサー GPS / 加速度 / 電子コンパス / ジャイロ /
光 / 近接 / ホール / 指紋認証 / 気圧
その他 急速充電対応 / USB Type-C
カラバリ ムーンライトシルバー / シャンパンゴールド

※Mate 9はデュアルSIMモデルでSIMカードを入れるスロットが2つありますが、スロット2 (SIM2)は3Gのみ対応となっています。またスロット2(SIM2)はmicroSDと排他使用となっています、スロット2にSIMカードを入れて使用する場合はmicroSDが使用できないのでご注意ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

【楽天モバイル】

 

所感

Mate 9は今年の夏に発売されたHUAWEI P9と同じライカ製のダブルレンズカメラを搭載していますが、モノクロセンサーが1200万画素から2000万画素にパワーアップしています。

また、Mate 9にもカメラの撮影モードの中にプロ用のマニュアルモードが有り、その機能を利用するとISO感度やシャッタースピード、ホワイトバランス等を自由に調整できるようになるので撮影がとても楽しくなります。

それにしても発売されたばかりのHUAWEI Mate 9 をいきなり1万円割引きとは太っ腹ですね。

ちなみにHUAWEI Mate 9はファーウェイ公式のオンラインストア等により端末のみの販売も行われています。もし格安SIMの契約が必要ないという場合はこちらを検討してみて良いかもしれません。

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村