KDDI(au)がXperia XZ (SOV34)にセキュリティパッチレベルを更新する為のアップデートを開始!!

スポンサーリンク

kDDI (au)

Xperia XZ (SOV34)

KDDI (au)は12月13日(火)、ソニーモバイル製 Xperia XZ (SOV34)に対して「セキュリティパッチレベルを2016年12月」に更新する為のソフトウェアアップデートを実施すると発表しました。

 

アップデート内容

  • Androidセキュリティパッチの適用を実施します。セキュリティパッチレベルが2016年12月となります。

※更新されるソフトウェアには、上記以外にもより快適に利用する為の改善内容が含まれています。

 

Androidセキュリティ機能については下記のリンク先で詳しく説明されています。日付の横に「日本語」と書かれているリンクがあり、そこを開くと日本語で内容を確認することが出来ます。

Android Security Bulletins | Android Open Source Project

 

「更新時間」と「ファイルサイズ」

「更新時間」と「ファイルサイズ」

Xperia XZ (SOV34)本体で今回のソフトウェアアップデートを行う場合、アップデートに必要なファイルサイズは約110MB、更新にかかる時間は約15分です。

※更新時間やファイルサイズが少し前に同じ内容のアップデートが実施されたXperia X Performance (SOV33)と同じようです。

 

それとKDDI(au)はソフトウェアアップデートを行う場合でもパケット通信料は有料なので注意してください。出来ればWi-Fi接続でソフトウェアアップデートを実施する事をお勧めします。

 

アップデート方法

Xperia XZ (SOV34)本体で「メインメニュー → 設定  →  端末情報  →  ソフトウェア更新 」と操作するとソフトウェアアップデートが開始されます。

 

注意事項

アップデート中に電源が切れると故障の原因になります。アップデートを実施する前に電池の残量を確認してください、今回のアップデートは約15分で完了するとの事なのでそこまで気にしなくても良いかもしれませんが出来れば電池が半分以上はある状態でアップデートを実施したほうが安全だと思います。

また、アップデート中はスマホの機能が全て使用できなくなります。電話やメール、SNS(Twitter,LINE)等の機能も使えなくなるので注意してください。

f:id:hakoroid:20161209031911j:plain

 

アップデート実施後の確認

ソフトウェア更新を行い自動的にスマホが再起動したあと、無事にアップデートが完了したのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー → 設定 → 端末情報」で確認できます。

 

ここでビルド番号が「39.0.C.1.24」になっていればアップデートは無事完了です。

 

 所感

今回、auが配信を開始したソフトウェアアップデートは不具合の修正ではありませんが、スマホにとって重要なセキュリティパッチレベルの更新です。時間に余裕のある時にアップデートを実施しておきましょう。

それと日本ではまだ配信が開始されていませんがグローバルモデル(海外版)のXperia XZにはAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデート配信が開始されています。

日本に住んでいる方で既にXperia XZをAndroid 7.0 (Nougat)にした方たちの話を聞くと、一部ゲームアプリがまだAndroid 7.0 (Nougat)には対応していないようですがKDDI(au)からOSアップデートの配信が始まる頃には殆どのアプリがAndroid 7.0 (Nougat)に対応しているかな。

早くAndroid 7.0 (Nougat)の新機能が使えるようになると良いですね。個人的には2つのアプリの画面を同時に表示させることの出来るマルチウィンドウという機能が気になります。

グローバルモデルのXperia XZにAndroid 7.0 (Nougat)へのOSアップデート配信が始まったようです!! - Z3C備忘録

 

 

製品アップデート情報│スマートフォン・携帯電話をご利用のお客さま│au

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村