読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mineoが「HUAWEI P9 lite」を12月より値下げしました!!

MVNO-mineo HUAWEI

スポンサーリンク

mineo

㈱ケイ・オプティコムは11月28日(月)、同社のMVNOサービス「mineo」において現在販売中の「HUAWEI P9 lite」の端末価格を12月1日(木)より、これまでの27,600円(税別)から24,000円(税別)に値下げすると発表しました。

 

mineoサービスでのHUAWEI P9 liteの価格

f:id:hakoroid:20161209165100j:plain

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 liteはmineoが提供しているドコモプラン(Dプラン)で使用できるSIMフリースマホで、NTTドコモのプラチナバンドにも対応している為、日本中どこでも繋がる安心のSIMフリースマホです。

 

今回の値下げに関しては11月にファーウェイ・ジャパンがHUAWEI P9とP9 liteの価格改定を実施しているのでそれに合わせたものと思われます。 

HUAWEI P9 の新色「レッド・ブルー」が台数限定で発売決定! 更にP9 / P9 liteの本体価格値下げ!! - Z3C備忘録

 

 

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite

特徴

  • 画面は5.2インチのIPS液晶、解像度はフルHD (1280 x 1080ドット)
  • OSはAndroid 6.0 (Marshmallow)ベースのEmotion UI 4.1 (EMUI 4.1)
  • メタルフレームボディで厚みが7.5mmとスリム、重さも147gと軽い。
  • CPU(SoC)にはHisilicon Kirin 650 [ 2.0GHz (オクタコア)]を採用
  • メモリは2GB
  • 背面に指紋認証センサーを搭載
  • 背面カメラは1300万画素でソニー製のCMOSセンサーを採用
  • 3,000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 緊急地震速報 (ETWS)対応

 

HUAWEI P9 liteは昨年発売されて大人気だったHUAWEI P8 liteから全体的にスペックが向上していてOSもAndroid 6.0が採用されています。

メインカメラにはソニー製のセンサーを採用しており色鮮やかな撮影が可能です。

f:id:hakoroid:20161111140238j:plain

更にHUAWEI P9 liteは「プロカメラモード」というマニュアルモードまで備えています。自分で好きなように調整可能なのでお気に入りの写真を撮ることが出来るかも

f:id:hakoroid:20161209171633j:plain

 

 

そしてHUAWEI P9 liteには高感度指紋センサーも搭載されており、背面のセンサーに指を当てるだけで直ぐにログイン出来ます。 またそれ以外にもこちらの指紋認証センサーには色々な機能を割り当てることが出来ます。

f:id:hakoroid:20161111140344j:plain

 

3000mAhの大容量バッテリーと省エネ設計で電池の持ち時間も長くなっています。

連続待受時間

  • LTE : 約610時間
  • 3G : 約630時間

f:id:hakoroid:20161209170918j:plain

 

スペック

ブランド名 HUAWEI
モデル名 P9 lite
OS Android 6.0 (Marshmallow) /EMUI 4.1
ディスプレイ 5.2インチ ISP液晶 / 解像度 フルHD (1920 x 1080ドット)
CPU(SoC) HiSilicon Kirin 650 (64bit)
[ 2.0GHz x 4 + 1.7GHz x 4 (オクタコア)]
メインメモリ 2GB 
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 1300万画素 /800万画素
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 146.8 x 72.6 x 7.5mm
重さ 147g
無線LAN IEEE802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
microSD microSD (最大128GB)
SIM デュアルSIM (nanoSIM x 2)
カラバリ ホワイト/ゴールド/ブラック

 

 

 

月額756円(税込)からの格安スマホmineo

 

所感

コストパフォーマンスに優れているHUAWEI P9 liteですが、ここにきて各MVNOが値下げを発表しています。本体価格が2万円以下の格安スマホでこれだけのスペックのスマホが手に入るようになると、今後はさらに格安スマホの同士での競争が激化しそうですね。

良い製品が安く手に入るのは消費者にとってはいいことですが開発メーカーにとっては厳しい状況かも・・・

 

それと格安SIMのmineoは僕も使っていますが、データ通信量をmineoユーザー同士でシェアできる「フリータンク」や「チップ」といったサービスを提供していたりユーザー同士のコミュニティ(マイネ王)があったりとなかなか面白いMVNOです。少しでも興味を持たれた方は是非、公式サイトか下記の記事でこれらのサービスについて確認してみてください。

www.hakoroid.com

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村