読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FREETELが「MUSASHI (FTJ161A)」に日本語入力の向上を含むアップデートを実施!!

FREETEL

スポンサーリンク

FREETEL

MUSASHI (FTJ161A)

プラスワン・マーケティングは、FREETELブランドより今年の3月発売した2つ折りのSIMフリースマホ「MUSASHI (FTJ161A)」に対し、日本語入力・変換機能が向上するキーボード「FSKAREN for MUSASHI」を追加するソフトウェアアップデートの配信を11月21日(月)に開始しました。

 

対象となる「MUSASHI (FTJ161A)」のビルド番号

  • ビルド番号「FREETEL_FTJ161A_20160415」
  • ビルド番号「FREETEL_FTJ161A_201603010」

 

本アップデートの内容

  • 日本語入力キーボード「FSKAREN for MUSASHI」を追加
  • 日本語入力キーボード「Open Wn」をアンインストール出来ないようにしました
  • 認証情報を正しい位置で表示するようにしました
  • 緊急通報が「緊急通報ガイダンス」経由ではなく、ダイレクトに繋がるようになります

※「FSKAREN for MUSASHI」はデフォルトでは設定されていません、使用する場合は「設定」→「言語と入力」→「キーボードと入力方法」で設定する必要があります。

 

「緊急通報がガイダンス経由ではなくダイレクトに繋がる」

 緊急通報とはスマホのロックがかかった状態でも「110番、118番、119番」等に発信できる機能のことで、ロック画面でも下にある「緊急通報」をタップすると発信できます。

f:id:hakoroid:20160921235005j:plain

※画像はXperia Z3 Compactのものですが基本的にはこのように表示されているはずです。

 

今まではMUSASHIで緊急電話の発信を行うと、直ぐに110番や119番に繋がるのではなく、ガイダンスが流れてその後に番号を押す必要がありました。

本アップデートを実施すると今後は「緊急通報」で110番等へダイレクトに発信できるようになります。

 

 

アップデート方法

通知が来ている場合は「通知バー」→「ワイヤレスアップデート」→「ダウンロード」をタップしてガイダンスに従いアップデートを実施してください。 

まだ通知が来ていない場合、「アプリ一覧」→「設定」→「端末情報」→「ワイヤレスアップデート」を順にタップし、そこで最新バージョンが見つかればそこからアップデートを実施することも出来ます。

 

アップデートに関する注意事項

  • 本アップデートに必要なファイルサイズは下記のとおりです

【ビルド番号 「FREETEL_FTJ161A_20160415」からアップデートする場合】886.26MB  

【ビルド番号 「FREETEL_FTJ161A_201603010」からアップデートする場合】886.2MB

今回のアップデートでは約890MBもダウンロードする必要があるので、アップデートを行う際はWi-Fi接続の状態で行うことをオススメします。モバイル通信 (3G/LTE)に接続している状態でアップデートを行うと大量のデータ容量を消費することになります。

  • アップデートにかかる時間は約40分です。ソフトウェアアップデートを行っている間、スマホの機能は全て使えなくなります。通話やメールも利用できないので時間に余裕のある時にアップデートを実施しましょう。
  • アップデートを実施する際にはバッテリー残量に注意してください。できれば満充電の状態で行ったほうが安心です。 (最低30%以上)
  • SDカードを内部ストレージとして使用している場合、一度アンマウントしてSDカードを外しておいてください。またアップデートを実施する前に万が一に備え大切なデータ(電話帳や大切な写真など)はSDカード等にバックアップを取っておいたほうがより安全です。

 

最後に「ビルド番号」の確認

アップデートが完了したら、ビルド番号が更新されているか確認します。下記の手順でビルド番号を確認し、ビルド番号が「FREETEL_FTJ161A_20161110」になっていれば無事完了です。

 

ビルド番号の確認方法

「アプリ一覧」→「設定」→「端末情報」を順にタッチしていくと、一番下に「ビルド番号」が表示されています。

 

 

 

 所感

今年の春に発売された2つ折りで2画面ある珍しい形状のSIMフリースマホ「MUSASHI」にアップデートが配信されました。ガラケーのように物理的なキーボードを搭載しているモデルなので、より日本語入力が便利になるように新しいキーボードを追加したのかな? ガラケーの入力に慣れている人にとっては、スマホの画面でフリック入力するよりも従来の形のほうが入力しやすいのかもしれませんね。

それと今回、MUSASHIに新しく追加された「FSKAREN for MUSASHI」は、富士SOFTが開発した「FSKAREN for Android」を移植したのかな?

「FSKAREN for Android」 |富士ソフト株式会社

 

そしておそらく同じものはGoogle Playでも配信されています。(有料)

MUSASHIを持っていなくても同じ入力ソフトを使いたいと思っている方がいたらGoogle Playからお持ちのスマホにインストールすることも出来ますよ。

FSKAREN(日本語入力システム) - Google Play の Android アプリ

 

 

「MUSASHI」 アップデート開始のお知らせ | FREETEL(フリーテル)

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村