読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトバンクからXperia XZ (601SO)が発表されました! 発売は11月2日

携帯電話会社-ソフトバンク Xperia

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20161016210347j:plain

f:id:hakoroid:20161016222443j:plain

10月12日(水)、ソフトバンクはソニーモバイルコミュニケーションズの新フラッグシップモデル「Xperia XZ」を11月上旬以降発売予定と発表しました。

 

そろそろ日本でも発表があるとは思っていましたが、国内では一番初めにソフトバンクからXperia XZ (601SO)が発表されました。10月19日にNTTドコモが開催する新商品発表会より早かったですね。そしてKDDI(au)からも10月18日に発表されました。

NTTドコモが「2016-2017年冬春 新サービス・新商品発表会」を10月19日に開催します!! 

 

追記

ソフトバンクが10月31日にXperia XZ (601SO)を11月2日に発売すると発表しました。これでソフトバンク、KDDI (au)、NTTドコモの3社からXperia XZの発売日が発表されたことになります。それぞれXperia XZの販売価格は違いますが、日本では3社揃ってXperia XZを11月2日に発売することになりました。 

 

 「Xperia XZ」について

Xperia XZは今年9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFA2016に合わせてソニーモバイルコミュニケーションズが発表した最新のフラッグシップモデルです。

 

f:id:hakoroid:20161016211700j:plain

Xperia XZの特徴

  • 画面サイズは従来のZシリーズと同じ5.2インチで解像度はフルHD (1920 x 1080ドット)
  • 画面は傷が付き難い米コーニング社のGorilla Glassを採用
  • ボディは神戸製鋼の高輝度で高純度の新しいメタル素材「アルカレイド」というアルミ素材を採用
  • 2.5Dラウンドエッジ加工で全体的にループ形状の新デザイン
  • 右側面にある電源ボタンには指紋認証センサーを搭載
  • 上下を気にせず使えるUSB Type-C採用
  • 4K動画の撮影に対応
  • 防水・防塵対応
  • 日本独自の「テレビ(フルセグ/ワンセグ)、おサイフケータイ」に対応
  • LTE回線使った通話機能「VoLTE」/ 3Gでも高音質な通話が出来る「HD Voice」に対応
  • カラーバリエーション「フォレストブルー、ミネラルブラック、プラチナ、ディープピンク」の4色

 

高性能なカメラ機能

 Xperia XZには動いている被写体の次の動きを予測してフォーカスする「先読みオートフォーカス」と、薄暗い場所でも高速でピントを合わせることが出来る「レーザーオートフォーカス」、ホワイトバランスを自動で設定してくれる「RGBC-IR」というカラーセンサーが搭載されています。

薄暗い場所でも高速でオートフォーカスが可能なレーザーオートフォーカスはXperiaシリーズでは初の搭載モデルとなります。

今までXperiaは薄暗い場所での撮影が少し苦手だったようですが、それが今回のフラッグシップモデル「Xperia XZ」で克服されます。また新たに登場した「RGBC-IRセンサー」では光のRGBバランスだけでなく目に見えない赤外線も捉えて周りの明るさを判断し的確なホワイトバランスを設定できるようになりました。

そしてXperia X Performance同様に約0.6秒の高速起動・撮影と0.03秒の高速オートフォーカス機能は健在です。更にXperia X Performanceでは一度無くなった4K動画撮影機能が戻ってきました。

 

RGBC-IRセンサーの有無

f:id:hakoroid:20161016213314j:plain

これなら鮮やかな写真が撮れそうですね、何となくですが日本ではスマホで食べ物の写真を撮る方が多いような気がするので少し薄暗い場所でもきれいな写真が撮れるスマホは喜ばれそうな感じがします。

 

更にXperia XZはスマホでは世界初の「5軸手ブレ補正」が付きました。

f:id:hakoroid:20161016213909j:plain

これで撮影時少しぐらい手がぶれても安心です。これまた日本特有かもしれませんがペットの犬や猫を撮影する時に手が少しぶれても大丈夫 (笑)

本来なら「先読みオートフォーカス」で被写体(犬や猫)が動いても大丈夫と言いたいところですが、僕が持っているXperia X Performanceでは被写体が早く動くと動きを追えてきれていないようなので、そこはより制度が上がってないとちょっと難しいかもしれません。ただシャッタースピードはかなり早いので少しぐらい被写体が動いていてもブレのない撮影はできるかも

 

オーディオ

音楽CDの約3~6倍の情報量を持つハイレゾ音源の再生と周囲の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能が搭載されています。

※ノイズキャンセリングは対応のヘッドセットを別途購入する必要があります。

f:id:hakoroid:20161016214537j:plain

f:id:hakoroid:20161016214541j:plain

 

 

スマホの寿命が延びるバッテリー保護機能

Xperia X Performanceでも採用されていた「バッテリーの寿命が従来の最大2倍になる」米Qnova社の技術と、更にバッテリーに負荷が掛からないようにする「いたわり充電」という新機能を搭載、いたわり充電は使用者の普段の生活の中での充電の仕方を学習し過充電にならないように充電の速度を調整する機能です。

※海外ではBattery Careと呼称されていましたが、日本では「いたわり充電」と言うようですね。

f:id:hakoroid:20161016215803p:plain

 

そしてXperiaに標準搭載の省電力機能「STAMINAモード」にも新しいモードが追加されました。今までは「ON / OFF / バッテリーが15%以下になったらON」と3つの中からモードを選択でしたが、Xperia XZではもう少し柔軟に節電することが可能になります。

f:id:hakoroid:20161016215822j:plain

この中だと「バランス良く節電したい」辺りが無難なのかも、それでバッテリーのもち時間を見てから調整するのが良さそうですね。

 

 

カラーバリエーション

最初グローバルモデルの発表会では「ミネラルブラック、フォレストブルー、プラチナ」の3色だけ紹介され、そこ後ソニーモバイルから公開されたホワイトペーパーの中で一部の地域ではディープピンクも発売する予定と書かれていたのですが、日本は該当する地域のようですね。

f:id:hakoroid:20161016211957j:plain

 

PV

 

Xperia XZ (601SO) のスペック

メーカー名 ソニーモバイルコミュニケーションズ
モデル名 Xperia XZ (601SO)
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5.2インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080) /
トリミナスディスプレイ / 強化ガラス
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996
[ 2.2GHz / 1.6GB (クアッドコア) (64bit)]
GPU Adreno 530
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
カメラ (メイン/サブ) 2300万画素 / 1320万画素
バッテリー容量 2900mAh
サイズ 146 x 72 x 8.1mm (突起部を除く)
重さ 161g
Bluetooth Bluetooth 4.2
無線LAN IEEE801.11 a/b/g/n/ac (MIMO) (2.4GHz/5GHz)
microSD microSD / SDHC / SDXC (最大256GB)
SIMサイズ NanoSIM
防水・防塵 IPX5/IPX8 , IP6X
カラバリ フォレストブルー、ミネラルブラック、
プラチナ、ディープピンク
その他 指紋センサー搭載/QuickCharge 2.0(急速充電)対応/
日本語入力のPOBox Plus搭載/
テレビ (TVアンテナケーブル同梱)/おサイフケータイ

連続待受時間 : 3G 約845時間 / 4G 約710時間

連続通話時間 : 3G 約1890分 / 4G (LTE) 約1710分

 

ソフトバンクでの「 Xperia XZ (601SO)」の価格

ソフトバンクから発表された「Xperia XZ (601SO)」は11月上旬以降の発売を予定していて、端末価格は93,120円です。

そして実際に購入する時の負担金額は「新規、機種変更」の場合、月月割は 2,400円 x 24回57,600円が割引され、実質負担は1,480円/月 x 24回合計 35,520円です。

他社から乗り換え(MNP)の場合は月月割 3430円 x 24回82,320円が割引され、実質負担は 450円/月 x 24回合計 10,800円となります。

 

f:id:hakoroid:20161016203336j:plain

以前書いた記事を確認してみると今年の6月にソフトバンクから発売されたXperia X Performanceと、今回のXperia XZの本体価格は同じですね、ただ実質負担は今回のほうが安いようです。

日本で発売される「Xperia X Performance」の発売日は6月24日(金)に決定!! 各社の価格も調べてみました! 

 

 

所感

今回日本では一番はじめにソフトバンクからXperia XZの発表がありました。やはりハイスペックモデルのXperia XZなので本体価格は約9万円でした。

それと少し前に総務省から各大手携帯電話会社にクーポン等を使用した場合のスマホ代金実質0円に対して行政指導が入っているので、今回ソフトバンクも実質0円での販売はできないかもしれませんね。

それでもMNPなら実質負担は10,800円とかなり安くなっていますね。機種変更(買い増し)でも本体代金が約3万5千円と考えれば十分かもしれません。

 

 またソフトバンクオンラインショップではXperia XZを予約購入した方の中から抽選で200名様にソニー製Bluetoothスピーカーのプレゼントキャンペーンも実施していますよ。

 

ソフトバンクオンラインショップ

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村