読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xperia X Compactがそろそろ日本で発表されるかも!? 取り扱いはドコモかな? 追記「発表されました」

Xperia

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160902000832j:plain

f:id:hakoroid:20161010205012j:plain

NTTドコモが2016年冬モデル、2017年春モデルの新商品発表会を10月19日(水) 12時から開催すると関係各位に通達を出しているようです。

という事は、今年の9月ドイツ・ベルリンで開催されたIFA2016において、ソニーモバイルコミュニケーションズから発表されたXperia Xシリーズのコンパクトモデル「Xperia X Compact (F5321)」とフラッグシップモデルの「Xperia XZ (F8331)」が、NTTドコモから発表されるかもしれません。

※おそらくXperia XZはKDDI(au)とソフトバンクからも発売されるのではないかと思います。

 

Xperia XZ について

 フラッグシップモデルのXperia XZに関しては以前記事を書いているので興味のある方はそちらの記事でスペックを確認してみてください。ただし下記の記事で紹介しているのはグローバルモデルのスペックなので日本で発売されるときは微妙に違いがあるかもしれません。

IFA2016でフラッグシップモデル「Xperia XZ (F8331 / F8332)」が発表されました!! 

 

Xperia X Performanceの時もバッテリー容量の数字が違ったり(容量は同じ)、日本で発売されるモデルだけ背面パネルの下が樹脂製になったりしました。 

日本で発売されるXperia X Performanceはグローバル版とちょっと違う所がある!?

 

 

そして今回はNTTドコモから発表されそうな、Xperia X Compactについて色々と調べてみました。

 

Xperia X Compact (F5321)

 

f:id:hakoroid:20160907022229j:plain

 

Xperia X Compact (F5321)の特徴

  • 画面サイズと解像度は今までのCompact同様、4.6インチ / HD (1280 x 720ドット)
  • ボディの材質はプラスチック製で塗装を工夫する事により陶器の様な質感に見えるようです
  • 筐体のデザインはXperia XZ同様「ループサーフェスデザイン」を採用しており側面は丸みを帯びている
  • CPU(SoC)はXperia X同様のSnapdragon 650 (ヘキサコア)
  • 2.5Dラウンドエッジ加工
  • 画面に傷が付き難い米コーニング社のGorilla Glassを採用
  • 裏表を気にせず使えるUSB Type-C採用
  • 急速充電のQuickChargeに対応

 

Xperia X CompactはXperia Xのコンパクトモデルという位置づけでミドルハイクラスのモデルとなっているようです。しかしバッテリー機能やカメラ機能に関してはハイスペックモデル同様の機能が備わっています。

 

バッテリーの寿命を伸ばす機能が強化されました

Xperia X Performanceでも採用されていた「バッテリーの寿命が2倍になる」米Qnova社の技術と、更にバッテリーに負荷が掛からないようにする「Battery Care」という新機能を搭載、Battery Careは普段の充電の仕方を学習し過充電にならないように充電の速度を調整する機能です。

 

 

 カメラ機能はハイスペックモデル Xperia XZ同様の機能が搭載されています。

カメラ機能も強化

f:id:hakoroid:20160902003547j:plain

カメラ機能はXperia X Performanceより強化され、動いている被写体の次の動きを予測してフォーカスする「先読みオートフォーカス」の他に薄暗い場所でも高速でピントを合わせることが出来る「レーザーオートフォーカス」とホワイトバランスを自動で設定してくれる「RGBC-IR」というカラーセンサーが追加されました。

 

スマホで世界初の5軸手ぶれ補正機能を搭載

f:id:hakoroid:20160902002204j:plain

 

カラーバリエーション

f:id:hakoroid:20161010204855j:plain

 

 

PV

 

Xperia X Compact スペック

メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
モデル名 Xperia X Compact (F5321)
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 4.6インチ /解像度 HD (1280 x 720) /
トリミナスディスプレイ / 米コーニング Gorilla Glass
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 650 MSM8956
[ 1.8GHz x 2 + 1.4GHz x 4 (ヘキサコア) ]
GPU Adreno 510
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
カメラ (メイン/サブ) 2300万画素 / 500万画素
バッテリー容量 2700mAh
サイズ 129 x 65 x 9.5mm
重さ 135g
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
メモリーカードスロット microSD /SDHC / SDXC対応 (最大 256GB)
SIMカード シングルSIM (NanoSIM)
カラバリ Mist Blue/White/Universe Black
(ブルー/ホワイト/ブラック)
その他 指紋認証センサー / USB Type-C /
QuickCharge (急速充電)

 

 通信(バンド)について

Xperia X Compactで発表されているのはシングルSIMモデル 1種類でグローバルモデルはF5321というモデルのみです。そしてXperia Xシリーズになってからのような気もしますが、Xperia X Compactも日本で使用されている電波に合わせてあるようです。

 

F5321の対応バンド

f:id:hakoroid:20161010193951j:plain

対応ネットワークを確認してみると 3G/LTE (4G)共にNTTドコモ (3G:Band Ⅵ / LTE:Band 19)、ソフトバンク(3G:Band Ⅷ / LTE:Band 8)のプラチナバンドをカバーしています。LTEに関してはKDDI(au)のプラチナバンド(Band 26)もカバーしています。

ただしKDDI(au)の3Gは通信方式が特殊な為、Xperia X CompactにauのSIMを挿れても音声通話はできないと思います。データ通信のみなら可能だと思いますけどね。

※あくまでも規格上は通信可能と言うだけです。日本で使用する場合は自己責任でお願いします。

 

 

 ちなみに海外通販サイト ETORENにおいて「Xperia X Compact」の取り扱いが開始されています。

f:id:hakoroid:20161010202816j:plain

ETORENではこの価格に配達料金が追加されます、少し前に利用した時は札幌までだと+$22ぐらい付きました (約2300円)。正確な金額は注文時にわかります。

ただし支払いが米ドルなのでクレジットカードで支払う場合、最終的に支払う金額はそのクレジットカード会社が設定している為替レートによります。

 


日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

 

所感

 数日前にどこかのホームページから出てきた情報のようですが、既にNTTドコモから発売されるXperia XZとXperia X Compactの型番が出ているようで、そのとおりならXperia XZはSO-01J、Xperia X CompactはSO-02Jという型番のようです。

慣例通りならSO-XXというのはNTTドコモがXperiaにつける型番です、型番が決まっていてケースやフィルムを作成するメーカーに情報が伝わっていたり、大手企業のAndroidアプリでこの型番が表示されるのなら間違いなくNTTドコモからは発売されるものと思われます。

 

 また今まで国内で発売されたXperiaシリーズの多くは防水対応だったと思うのですが、Xperia X Compactは過去に発売されたXperia Z3 CompactやXperia Z5 Compactとは違いハイスペックモデルのコンパクト版ではなく無印のXperia Xのコンパクト版になっているようです。その為グローバルモデル発表時には防水機能は無いと説明されていました。日本で発売するモデルに関してはまだわかりませんが、もしかするとそのまま非防水で発売される可能性もあります。

日本で発売するモデルだけ特別に防水機能を付けるかもしれませんが・・・どうなんだろう

 

余談ですが海外では既にXperia X Compactが販売されており、既に購入した方が悪ふざけなのかXperia X Compactをコーラ(清涼飲料水)に沈めた後に動作確認をしている動画がありました。一応その動画では水分を拭き取った後は普通に動作していましたがメーカーが推奨しない行為は止めましょうね。壊れますよ。ちなみに防水対応と書かれていても普通はただの水にちょっと浸かっても大丈夫という程度なので、それ以外の洗剤が入っている石鹸水やジュース(清涼飲料水)、海水では大丈夫ではないので注意してください。

 

 

 

10月19日 追記

ついにNTTドコモからXperia X Compact (SO-02J)が正式に発表されました。発売は11月上旬予定、そして海外版と違い「防水・防塵」対応、しかも新色のソフトピンクが追加されました。

でも本体のサイズや重量も海外版と同じだし日本版だけ設計を変えたのではなく「防水(IPX5,8)・防塵(IP6X)」の審査をパスして明記されただけかな? 実際のところ本体は海外版と同じような気もする・・・ なんとなくですけどね

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村