読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xperia X Performance用にガラスフィルムと手帳型ケースを購入しました!!

Xperia その他(日記)

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20161010160426j:plain

f:id:hakoroid:20161010160429j:plain

 

そろそろXperia XZが国内でも発表されそうなタイミンクで、今更感はありますが少し前にXperia X Performanceを購入しました。

Xperia X Performanceはハイスペックモデルでアプリ起動時の反応も早く、すぐにログインできる便利な指紋認証センサーも搭載していてとても使いやすい良いスマホです。そしてカメラの起動、ピント合わせシャッタースピードはとても早いです。ただ宣伝していた先読みオートフォーカス(Predictive Hybrid Autofocu)については被写体の動きが少し早いとフォーカスが外れてしまいます。この機能に関してはあまり過信しないほうがいいかもしれません。でもそれ以外はとても満足できるカメラ性能です。

 

購入したフィルム、ケース、装着済みの本体一式

f:id:hakoroid:20161010155149j:plain

 

スマホ用 強化ガラス製フィルム

以前から色々なところでガラスフィルムを一度使うと、もう通常のフィルムでは満足できなくなるという話を聞いていたので、今回初めてスマホにガラスフィルムを貼ってみました。

f:id:hakoroid:20161010145718j:plain

ガラス製のフィルムは本当に何もフィルムを貼っていないように感じるほどの透明感で表面もツルツルしておりとてもいい感じです。表面を触ってみても画面に何も貼っていないように感じました。

また手垢?指紋も付きづらく表面が少し汚れても軽く拭き取るだけできれいになります。さすがガラス製は違いますね。

※フィルムが少しずれているのは僕の腕のせいです・・・(汗)

 

そして今回僕が購入したガラス製フィルムはLEPLUSというメーカーの全画面保護タイプで高硬度9H、厚さ 0.2mmの強化ガラスフィルムです。Xperia X Performanceの画面は2.5Dラウンドエッジ加工により画面の端が少し湾曲している為、端が浮いてしまわないように全画面を覆うタイプのガラス製フィルムにしました。

 

 

パッケージに書かれている硬度とは、表面が擦れたときに傷が付き難いということを表しているので衝撃が加わったときに割れ難いというものとは違います。

ガラスが割れに難いかどうかは基本的にフィルムの厚さが影響します。とはいえあくまでも本体の画面を守るための保護フィルムなので最悪落とした時にガラスフィルムだけ割れてスマホ本体の画面に傷がつかなければ良いというぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

何かの衝撃でガラスフィルムだけ割れても、フィルムを張り替えるだけで済むので本体のガラス面を交換するよりは安く済むはずです。ですがあくまでも本体の画面を細かい傷などから守るための保護フィルムです。過信は禁物ですよ。

ちなみに今回、僕が購入したガラスフィルムは全面保護の為かサイド部分が画面に少しかぶって端が見えなくなってしまいました。これから全面保護タイプのガラスフィルムを購入するのならサイドのベゼル部分が画面にかぶっていないか注意して購入したほうがいいかもしれません。僕の場合まぁなんとか使えているのでしばらくはそのまま使うつもりです。でも今後もし気になるフィルムを見つけたらガラスフィルムだけ交換するかもしれません。

まだそれほど長い期間使っているわけではありませんがガラスフィルムはとても気に入りました、次からもきっとガラス製の保護フィルムにすると思います。皆さんも是非 (笑)

 

 ラスタバナナの手帳型ケース

ケースはラスタバナナ製の手帳型ケースにしました。ケースを開けると電源がオンになります、そして側面(右側)にある電源ボタンについている指紋認証センサーで素早くログインできるのでとても使いやすいです。

ちなみにこの手帳型ケースには左下にストラップ用の穴もついています。お気に入りのストラップを持っている方はストラップも装着できますよ。

それと少し心配していたガラスフィルムとケースの干渉ですが、この手帳型ケースではガラスフィルムがケースに引っかかって剥がれそうになったことはありません。おそらく大丈夫だと思います。

f:id:hakoroid:20161010153147j:plain

表面はそれほどツルツルしていないので手から滑り落ちることはなさそうです。ちなみに材質は合皮素材です。

 

f:id:hakoroid:20161010153150j:plain

背面はカメラ部分だけ穴が空いています。でもこの状態で撮影すると映像を確認できないので見開き上にして撮影する必要があります。完全にケースを開き蓋を奥に畳むとケースが若干カメラのレンズにかぶります。ちょっとだけ使い勝手が悪いところかもしれませんね。

 

f:id:hakoroid:20161010153254j:plain

右側面の電源部分(指紋認証センサー)はケースを開くと触ることができます。ここを登録している指で触るとすぐにログインしてスマホを使えるようになります。

 

f:id:hakoroid:20161010153436j:plain

開くとこんな感じで、手帳の裏側にカードポケットが2つあります。そしてこの手帳型ケースは背面を折り曲げて視聴スタンドにすることもできます。

f:id:hakoroid:20161010154406j:plain

 

 

 Xperia X Performanceが指紋認証センサーに登録できる指は5本ですが、登録している指でもセンサーを触る角度や場所によってはうまく認証されないことがあるので指を登録するときはケースに付けて実際に触る角度や場所で登録したほうが良さそうですよ。

 

 これで新しく購入したXperia X Performanceを安心して使うことができます。やはりお気に入りのスマホは傷を付けないように大切に使いたいですよね。Xperiaのデザインは気に入っているけど裸で使うのはちょっと抵抗があります。ソニーモバイルの代表がスティーブ・ジョブズみたいな人でなくてよかった (笑) もしそうならケース付けて持っていたら嫌な顔されそう・・・

 

そういえば以前のQualcomm Snapdragon 810のときは発熱の問題もあったりしたのでケースで本体を全部覆ってしまうのはあまり良くなかったかもしれませんが、Snapdragon 820はほとんど発熱を感じることはありません。このケースを装着した状態でゲームやカメラを起動してもせいぜい背面がほんのり温かくなる程度です。発熱の心配はなさそうですね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村