読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FREETELが新フラッグシップモデル「極 KIWAMI 2」を発表しました。 発売は12月22日!

FREETEL スマホ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20161006202934j:plain

プラスワン・マーケティングは10月6日(木)、FREETELブランドの記者向け新商品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」において新フラッグシップモデル「SAMURAI 極 KIWAMI 2」を発表しました。

 

f:id:hakoroid:20161006235441j:plain

極 KIWAMI 2 の発売は12月を予定しており端末価格は49,800円(税抜)です。フラッグシップモデルにしては控えめの価格設定ですね。

 

11月21日 追記

本日開催された「FREETEL World 2016 Fall/Winter 2」で極 KIWAMI 2 の発売日が発表されました。発売日は12月22日 (木)で、予約受け付けは本日より開始されました。

価格は以前の発表どおり 49,800円(税別)となっています。

 

 

f:id:hakoroid:20161006235431j:plain

デザインはREI (麗)に似てるかな? フルメタルでユニボディ構造というのも同じなので質感も似ていそうですね。それとサイドのベゼル幅が狭いですね、画面占有率はかなり高いかも。

 

SAMURAI 極 KIWAMI 2 の特徴

  • 画面サイズは5.7インチ 、解像度はWQHD (2560 x 1440ドット)
  • 有機ELのSuper AMOLEDディスプレイ搭載
  • 画面は傷がつきにくい米コーニング社のGorilla Glass 3を採用
  • ボディはアルミ削り出しの高品質アルミボディ (ユニボディ構造)
  • SAMURAI REI (麗)と同じ7.2mmのスリムボディ
  • Android 7.0 (Nougat)へのアップデートを予定
  • CPU(SoC)はMediaTek製の10コア Helio X20、メインメモリは大容量の4GB
  • DSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)機能あり
  • 4G(LTE)のキャリアアグリゲーションに対応 (B3/B19,B1/B19)
  • USB Type-C (USB2.0)によりケーブルの上下を気にせず使えます
  • 対応バンド(周波数帯)はNTTドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応
  • ジャイロスコープを搭載しているのでPokemon GoのARモードを楽しめます
  • 指紋認証センサーを搭載

 

CPU (SoC)

f:id:hakoroid:20161006235424j:plain

極 KIWAMI 2に搭載されているCPUはMediaTek製の最新CPU Helio X20 (MT6797)で

  • Cortex-A72 x 2 (2.3GHz)
  • Cortex-A53 x 4 (2GHz)
  • Cortex-A53 x 4 (1.4GHz)

という仕様で負荷に合わせて自動的に動作させるCPUを選択することにより省電力性も兼ね備える高性能なCPUとなっています。これなら処理能力が高いだけではなくバッテリーの持ちも良くなりますね。

 

SAMURAI 極 KIWAMI 2 スペック

メーカー FREETEL
モデル名 極 KIWAMI 2
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5.7インチ / 解像度 WQHD (2560 x 1440)
CPU(SoC) MediaTek Helio X20 (MT6797) 
[ 最大2.3GHz (10コア)]
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
カメラ (メイン) 1600万画素 / 800万画素
通信 (3G) Band 1/5/6/8/19
通信 (LTE) Band 1/2/3/4/5/7/
8/12/17/19/28
Wi-Fi (無線LAN) IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1 HS対応
バッテリー容量 3400mAh
サイズ 157.2 x 77.5 x 7.2mm
重量 168g
メモリーカードスロット 外部メディア非対応
SIMカード デュアルSIM (nano / nano)
センサー GPS/加速度/近接/光/重力/
気圧/ジャイロスコープ/磁気/
電子コンパス/指紋認証
カラーバリエーション メタルシルバー

 

所感

 10月6日 FREETELから新たなフラッグシップモデルが発表されました、今回発表されたフラッグシップモデル「極 KIWAMI 2」は高性能なCPUと大容量のメインメモリを搭載しているだけではなく、DSDS対応となっています。最近日本でもDSDS対応のスマホが立て続けに発表されていますがやはり人気なんですね。

また発表会で少しだけ触れられていましたが「極 KIWAMI 2」には新バージョンのFREETEL UIが搭載されます。既に販売中のSAMURAI REI (麗)に搭載されているバージョン 1.0から2.0にバージョンアップされたものが「極 KIWAMI 2」に搭載される予定です。

FREEETL UIはiPhoneのようなホームボタン(FREETELボタン)に色々な機能が付き、画面の下からスワイプした時にもすぐにアプリを起動できるという便利なFREETELオリジナルのUIです。

 

f:id:hakoroid:20161007004105j:plain

こちらの新バージョンが極 KIWAMI 2に採用される予定です。

 


 

DSDS (デュアルSIM デュアルスタンバイ)について

「音声通話用にガラケー」、「データ通信用に格安SIMのスマホ」と2台持ちしている方が、DSDS対応のスマホにこの2枚のSIMカードを入れる事により「音声通話はガラケーのSIMカード」、「データ通信は格安SIM」と1台のスマホの中で使い分けることができ、2台あったガラケーとスマホを1台に集約にすることが出来ます。 

ただしDSDSの場合、同時に通信は出来ないのでこの場合通話中はデータ通信ができなくなります。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村