ソフトバンクからXperia Z5(501SO)に「バッテリーの寿命が伸びる」アップデートが配信されました!!

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160512123211j:plain
f:id:hakoroid:20160512123242j:plain

ソフトバンクは9月12日(月)、Xperia Z5 (501SO)に「バッテリーの寿命を延ばす機能を追加する」為のアップデートを本日より開始すると発表しました。

同じ内容のアップデートは既にNTTドコモやKDDI(au)も実施しており、7月にはソフトバンクのXperia Z3 (401SO)にも配信されています。このバッテリーの寿命を伸ばすための機能は多数のXperiaに実装される新機能となります。

 

 Xperia Z5 (501SO)へのアップデート内容

  • 充電方法を最適化する機能の追加

 

※ 内蔵電池への負荷を少なくするための機能追加となります
※ 充電方法の最適化を「ON」に選択した場合、1回の充電あたりの使用時間が短くなる場合があります
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております

   

アップデート方法 (端末本体で行う場合)

端末本体(Xperia Z5)でソフトウェア更新を行う方法は、 待ち受け画面で「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「システムアップデート」→「ソフトウェア更新」を選択し、そこから案内にしたがって操作を行うとソフトウェア更新を行うことが出来ます。

 

 今回のソフトウェア更新では完了までに最大20分程度かかる場合が有ります。そしてその間、発着信等スマホの各機能が利用できなくなります。またソフトウェア更新を行っている途中で電源が切れると故障の原因になります、バッテリーは満充電の状態で時間に余裕のあるときにソフトウェア更新を実施することをオススメします。

それとソフトバンクでは「ソフトウェア更新」にかかるデータ通信量はカウントされないことになっています。出来ればWi-Fi接続の状態の方が通信も安定していて速度もあるので良いかもしれませんが、電波状況の良い場所であれば4G(LTE)接続でも問題ありません。

※データが破損したり消えてしまう可能性もないわけではないので、念のためmicroSD等にバックアップを取っておいたほうが良いかもしれません。

 

 

完了後のバージョン確認 (ビルド番号の確認)

 アップデート作業が完了したら無事にアップデートが適用されているのかビルド番号(ソフトウェアバージョン)を確認します。

ビルド番号の確認方法

「メインメニュー」→「設定」→「端末情報」

で確認できます。

ここでビルド番号が「32.1.D.0.349」になっていれば無事完了です。

 

 

新しい機能「充電方法の最適化」の使用方法

今回のアップデートを実施すると「内蔵電池の寿命を長く維持するため、充電量を調節する機能」が追加されます。そしてこの機能を使用するためには設定を行う必要があります。

下記の手順で機能をONにしてください。

「メインメニュー」 → 「設定」 → 「端末情報」 → 「機器の状態」 → 「充電方法の最適化」で機能のON/OFFを設定できます。

 

 

f:id:hakoroid:20160914013024j:plain

これはXperia Z3 Compactの画像ですが、このような画面でON/OFF出来るはずです。

 

 所感

僕も少し前からXperia Z3 Compactでこの機能を使っていますが、満充電で100%になっても充電を終了してしばらくすると直ぐに97%と表示されるようになりました。

リチウムイオン電池は電池残量が0%であったり満充電の状態だとバッテリーが弱ってしまうという特徴があるので、おそらくこの機能により満充電になる前に充電を終了させているのではないかと思います。僕は既にこの機能をONにしてしばらく使っていますが、これによりスマホの使用時間が短くなったとは感じないので、おそらく大抵の方は特に問題にはならないと思います。

それよりもバッテリーの寿命が延びてスマホを長く使うことが出来るという恩恵の方が大きいのではないでしょうか

 

 

www.softbank.jp

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村