読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DSDS対応で指紋センサー搭載のZTE Blade V7 MAXが登場しました!!

スマホ-ZTE スマホ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160910190934j:plain

ZTEジャパンは9月9日(金)、指紋認証センサーとDSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)[3G + 4G(LTE)]に対応したSIMフリースマホ「ZTE Blade V7 MAX」をメーカー希望小売価格 34,800円(税抜)9月22日(木)より全国の家電量販店やネット通販サイト等より販売を開始する発表しました。

 

f:id:hakoroid:20160910180501j:plain
f:id:hakoroid:20160910180512j:plain

 

 

ZTE Blade V7 MAXはDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)対応で「3G + 4G(LTE)の同時待ち受けが可能」ととても便利に使えるSIMフリースマホです。

DSDSを使うと携帯・スマホの月額料金を抑える為のガラケーとスマホの2台持ちを解消することが出来ます。そして簡単にログインできる便利な指紋認証センサーも搭載しています。側面に搭載されている指紋センサーはわずか0.3秒で認識が可能です。

 

また画面サイズは5.5インチと少し大きめの画面で高解像度なフルHD (1920 x 1080)です。しかも画面には強化ガラスのDragontrailを採用しており画面に傷が付きにくくなっています。

ただし強化ガラスでも傷がつかないわけではないので注意してください。やはり細かな傷が気になる方は保護フィルムを貼ったほうが良いかもしれません。

処理能力に関してもCPUはMediaTek製の1.8GHzのオタクコア(8コア)でメインメモリが3GBも搭載されています。これだけの性能があれば複数のアプリを同時に起動してもサクサク動きそうですね。またジャイロセンサーも搭載しているので大人気スマホアプリPokemon GoのARモードも楽しむことが出来ます。

 

ZTE Blade V7 MAX の特徴

  • OSはAndroid 6.0 (Marshmallow)
  • CPU(SoC)はMediaTek製の1.8GHzのオクタコアを搭載、メインメモリも3GB搭載
  • 画面サイズは5.5インチ、解像度はフルHD (1920 x 1080)
  • 画面には強化ガラスのDragontrailを採用
  • ミュンヘンデザインセンターによる美しいデザインで厚さ7.2mmの超薄型メタルボディ
  • 3000mAhのバッテリーを搭載しており長時間の使用が可能
  • メインカメラの画素数は1600万画素で「プロ仕様」の撮影が可能
  • 3G + LTE(4G)の同時待ち受け機能(DSDS)を搭載
  • 通信(電波)は3G/LTE(4G)共にNTTドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応
  • ジャイロセンサーとGPSを搭載しPokemon GoのARモードに対応
  • 指紋認証センサー搭載で、認識もわずか0.3秒
  • DTSテクノロジーの高品質サウンド
  • カラーバリエーションは「ゴールド、シルバー」の2色

 

DSDS (デュアルSIM デュアルスタンバイ)について

「音声通話用にガラケー」、「データ通信用に格安SIMのスマホ」と2台持ちしている方が、DSDS対応のスマホにこの2枚のSIMカードを入れる事により「音声通話はガラケーのSIMカード」、「データ通信は格安SIM」と1台のスマホの中で使い分けることができ、2台あったガラケーとスマホを1台に集約にすることが出来ます。 

ただしDSDSの場合、同時に通信は出来ないのでこの場合通話中はデータ通信ができなくなります。

 

 

各アングル

 

f:id:hakoroid:20160910180647j:plain

 

ZTE Blade V7 MAX スペック

 

メーカー名 ZTE
モデル名 BLADE V7 MAX
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5.5インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080)
CPU(SoC) Mediatek MTK6755M
[ 1.8GHz (オクタコア) ]
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
カメラ (メイン/サブ) 1600万画素 / 800万画素
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 154 x 77x 7.2mm
重さ 167g
通信 (LTE) Band B1/B3/B5/B8/B19
通信 (3G) B1/B6/B8/B19
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
microSD microSD (最大128GB)
SIMサイズ デュアルSIM (nanoSIM x 2)
カラバリ ゴールド / シルバー
センサー GPS / 指紋 / 加速度 / 近接 / 照度 /
ジャイロ / ホール / コンパス
その他 ETWS対応 / DTSサウンド /
FMラジオ / テザリング

 

 

 

所感

このZTE Blade V7 MAXは少し前に発売された、モトローラ製のDSDSに対応したSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」に対抗する為のスマホかもしれません。

月々の携帯料金を減らすために、大手携帯電話会社で契約しているガラケーと格安SIMを入れたスマホという2台持ちで運用している人も大勢いると思いますが、その方たちの2台持ちを解消する方法としてDSDSはとても魅力的な機能です。

※通信会社の契約内容を弄らずにスマホ1台に纏められます。

 

僕も少し前まで2台持ちをしていましたが本当に2台持ち歩くのは面倒です、たまにガラケーだけ家に忘れて出かけることがありますからね・・・

 

おまけ

ドコモのガラケーを利用していてBlade V7 MAXで使おうとすると今使用しているSIMカードのサイズだと合わないかもしれません。この場合自己責任でSIMパンチを使いSIMカードを切るか、ドコモショップへ行きSIMカードの再発行(サイズ変更)を依頼する必要があります。

ドコモショップでSIMカードの再発行を依頼すると、手数料として翌月の請求に2000円(税別)が加算されます。それともしかするとドコモショップの店員が「どの端末でつかうのか?」 「使用する端末を見せてもらわないとSIMカードの再発行手続きは出来ない」と言ってくるかもしれません。その場合コチラのBlade V7 MAXが手元にあればそれを見せることにより納得してくれるかもしれませんが、もし手元にまだ無い状態でドコモショップに行くのなら、今使用しているガラケーにSIMカードのアダプターを噛ませて使用すると言い張れば行けると思います。技適マーク云々と言ってくることがあるかもしれないのであまり余計なことは言わないようにしましょう。

 

※既にZTE Blade V7 MAXが手元にある場合は技適マークを見せることもできます。

 

 

 SIMパンチを使う場合は自己責任になるので要注意です。個人的にはドコモショップでSIMカードのサイズ変更を依頼することをオススメします。

 

※今日ドコモショップに行ったらこの内容でしつこく聞かれました、ドコモとして確認義務がある訳ではないのに・・・代理店のトラブル防止用なのかかなりしつこく聞かれました

 


 

 最近SIMパンチを使い自分でSIMカードのサイズ変更をしました。自己責任ですが検討している方はよかったら下記の記事も見てみてください。

www.hakoroid.com

 

 

 モトローラ製のDSDS対応SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」について書いた記事です。

www.hakoroid.com

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村