読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEモバイルのサービス内容が明らかになりました、LINE使い放題プランは月額500円~ !!

MVNO MVNO-LINEモバイル

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160906173211j:plain

LINE㈱がNTTドコモの回線を使用したMVNO「LINEモバイル」の格安SIMサービスを9月5日(月)より開始すると発表しました。

そしてまずは2万名限定の契約を開始し、正式なサービス開始は10月1日からとなります。

 

また以前発表があったとおりLINEモバイルでは同社のSNSアプリ LINEを使用した場合に発生するパケット(データ通信)に関してはカウントしない「カウントフリー」という制度が導入されます。

これによりLINEを使用した場合のデータ通信に関しては無制限で使用できるようになります。音声通話やトーク、動画の送受信などデータ通信が多く発生するサービスを利用する際にデータ通信量を気にしなくて良いのは嬉しいですね。

 

LINEモバイルのプラン

f:id:hakoroid:20160906173241j:plain

LINEモバイルが提供するプランは大きく分けて2種類あり、LINE使用時のデータ通信は「カウントフリー」により使い放題 + 月間データ容量 1GB月額500円~の「LINEフリープラン

 

f:id:hakoroid:20160907011546j:plain

もう一つのプランはLINEの通信に加えて、「Twitter / Facebook」のデータ通信もカウントしない月額1,110円~「コミュニケーションフリープラン」で月間データ容量「3GB,5GB,7GB,10GB」が用意されています。

 

また、月間データ容量を使いきった後でも、データ通信量がカウントされないSNSサービス(カウントフリー対象サービス)に関しては高速通信での利用が可能となっています。

※月間データ容量を使い切ると最大通信速度は200kbpsに制限されます。(カウントフリーのサービスは除く)

  

 

 

LINEフリープランの料金

カウントフリー対象サービス : LINE

月間データ容量データ通信のみデータ通信+SMSデータ通信+音声通話
1GB 500円 620円 1,200円

 

コミュニケーションフリープランの料金

カウントフリー対象サービス : LINE , Twitter , Facebook

月間データ容量データ通信+SMSデータ通信+音声通話
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

 音声通話料金は 20円/30秒

 ※全て税抜き表記

 

LINEモバイルのサービス 

またLINEモバイルならではの限定サービスもあります。通常格安SIMでは年齢制限が行えないために利用できるサービスが限定される場合がありますが、LINEモバイルでは「LINEの年齢認証」や「SMS認証のスキップ」が可能になります。

また友達同士で自分が使用しない分のデータ容量をプレゼントすることが出来る「データプレゼント」という仕組みもあります。

f:id:hakoroid:20160906173336j:plain

 

これら以外のサービスとして利用開始日を含む初月の月額基本料金は基本的に無料になります。また月間データ容量の余りを翌月末まで繰り越すことが出来ます。

 

LINEモバイルで利用できるスマホ(端末)

LINEモバイルはNTTドコモの回線を使用したMVNO(格安SIM)サービスなのでNTTドコモから購入したスマホや家電量販店などで販売されているSIMフリースマホ、またLINEモバイルから購入したスマホでの利用が可能となっています。

 

必要ならLINEモバイルから下記のスマホ(タブレット)の購入も可能です。

f:id:hakoroid:20160906173312j:plain

f:id:hakoroid:20160906173317j:plain

f:id:hakoroid:20160906173320j:plain

 

 

LINEモバイルの公式サイト

mobile.line.me

 

11月22日 追記

LINEモバイルのSIMパッケージがAmazonから発売されました。公式サイトで直接申し込みをするよりも先にパッケージを購入して、パッケージに入っているエントリーコードを使用したほうが初期費用が安くなりますよ。

 

 

所感 

格安SIMでLINE等SNSのサービスを目一杯利用するならLINEモバイルはかなりいいですね。学生などはデータ通信の大半をSNSで使用しているという方も多そうですし、そのような使い方をするのなら実質的には使い放題プランと言った感じかも知れません。

 

また子供に持たせるスマホにLINEモバイルのSIMカードを入れると、親がデータ通信量を確認できたり、無料で使えるフィルタリングアプリで有害サイトに接続できないようにすることも出来るので安心です。

ちなみにLINEモバイルのMVNEは「OCNモバイルONE」のようです。

 

おまけ

ツイッターでLINEモバイル公式がツイートしていたのですが

 少し専門的な話で恐縮ですが、LINEモバイルはOCNモバイルONE様と同じ通信帯域を利用しておらず、OCNモバイルONE様の速度≠LINEモバイルの速度、となります。原理として、設備が共有であっても別のネットワーク・速度設計です。

 との事です。

ユーザーの多い「OCNモバイルONE」の設備を共有していてもLINEモバイルの通信帯域を圧迫することはないそうですね。そして回線設備にMVNO大手のOCN(NTTコミュニケーションズ)の設備を利用しているのであればLINEモバイルの回線も安心して利用できそうです。

※個人的な感想です。

 


 

www.hakoroid.com

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村