読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASUSがZenPad 8.0(Z380KL)にAndroid 6.0へのOSアップデートの配信開始!!

ASUS タブレット

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160823144540j:plain

f:id:hakoroid:20160907144237j:plain

 

 ASUSジャパンが9月7日(水)、8インチのSIMフリータブレット「ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)」にAndroid 6.0 (Marshmallow)へのFOTAアップデート配信を9月7日 12時より順次配信すると発表しました。

 

 

Android 6.0 (Marshmallow)の特徴

Android 6.0にはホームボタン長押しで、画面に表示されている文字から欲しい情報を自動的に表示してくれる「Now on Tap」や、省電力機能の「Dozeモード」等のとても便利な機能が沢山あります。

それとAndroid 6.0ではAPP2SDという「アプリをSDカードに移動させる」機能(アプリ)が利用できなくなり、アプリは全て本体の内蔵ストレージにインストールすることになります。既存のアプリがSDカードに入っている場合、先に内蔵ストレージに移動させておく必要がありますのでご注意ください。

 

 

対象型番

ZenPad 8.0 (Z380KL)

  • Z380KL-BK16 / ブラック
  • Z380KL-WH16 / ホワイト
  • Z380KL-SL16 / シルバー

 

アップデート方法 (FOTA) [Firmware On-The-Air]

ホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので矢印をタップし、ファームウェアのアップデートを実行します。アップデートをすぐに実行する場合は「インストール」をタップ。

インストール終了後、本体が再起動されOSアップデート完了です。

 

 

アップデート時の注意

OSのバージョンアップには、ある程度時間がかかることが予想されます。

今回ASUSジャパンからのお知らせではアップデートにかかる時間の事が記載されていませんでしたが、OSのバージョンアップを実施する場合は1時間近く掛かることもあるので時間に余裕があるときにアップデートを実施したほうが良さそうです。

 

またアップデート中、電池切れなどにより電源が落ちると故障の原因になりますのでバッテリーを100%まで充電してからアップデートを実施することをオススメします。 

アップデート中はタブレットの機能が使えなくなります、電話やメールなども使用できないので注意してください。

 

そしてOSアップデートではソフトウェア更新に必要なファイル容量も大きいことが予想されます。LTE/3G回線でアップデートを実施するとダウンロードに時間がかかったりデータ通信量を大量に使用してしまうので、出来ればWi-Fi環境でアップデートを実施することをオススメします。

 

ビルド番号の確認

OSのバージョンが上がりandroid 6.0 (Marshmallow)になっていると思うので確認する必要は無いかもしれませんが、一応アップデート完了後に無事アップデートが実施されたのか「ビルド番号」を確認します。

ビルド番号の確認方法は「設定」→「タブレット情報」をタップすると確認することが出来ます。

おそらく一番下に「ビルド番号」が表示されていると思います。

※手元にZenPadがないためASUS製のタブレット Nexus 7で確認しました。

 

そして下記のビルド番号が表示されていれば無事完了です。

 

ZenPad 8.0 (Z380KL)最新のビルド番号:

JP_V5.6.0_20160823

 

 

所感

先月のZenPad 7.0 (Z370KL)に続いてZenPad 8.0 (Z380KL)にもandroid 6.0 (Marshmallow)へのOSアップデートが来ましたね。最近ASUSジャパンは積極的にOSのアップデート配信を行っているように感じます。この調子なら他のタブレットにもOSアップデートの配信があるかもしれませんね。

 

 

 そしてどうやら9月28日午後2時から、ASUSジャパンが新商品発表会を行うようです。ようやく日本でもZenFone3が発表されるのかな? 先にグローバルモデルを手に入れた方の情報によるとDSDS対応のようですし楽しみです。

個人的には5.2インチのZenFone3 (ZE520KL)が気になっています。でももし日本での価格が高かったらETORENからの購入も検討してみようかなぁ

※ちなみにETORENだと今現在ZenFone 3 (ZE520KL)ホワイトで約32,000円でした

 


日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

 

DSDS(デュアルSIM デュアルスタンバイ)について 

 

  • デュアルSIMデュアルスタンバイ (DSDS) : SIMが2枚入り、同時待受が可能、ただし同時に使用できない為、着信が入り通話中になるともう一枚のSIMは使えない

※通話中はデータ通信を使用できません。 

 

www.hakoroid.com

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村