読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xperia Z5(SO-01H)に「バッテリーの寿命が延びる」アップデートが配信されました!!

Xperia 携帯電話会社-NTTドコモ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160420003602j:plain

f:id:hakoroid:20160420003605j:plain

NTTドコモは9月1日(木)、「Xperia Z5 (SO-01H)」に対して「内蔵電池の寿命を伸ばす機能とセキュリティ更新を含む」ソフトウェアアップデートの配信を開始しました。

今回のソフトウェア更新はバッテリーの寿命が延びるという嬉しい機能が付くのと同時に重要なセキュリティ更新という役割も有ります。

 

今回のセキュリティ更新では少し前話題になったQualcomm製のCPU(SoC)に見つかった重大なセキュリティの欠陥を塞ぐという役割があります。かならずソフトウェアアップデートを実施しましょう。

 

Android のセキュリティに関する公開情報 - 2016 年 6 月 | Android Open Source Project

 

アップデートが実施される機種

  • Xperia Z5 (SO-01H)

 

アップデート内容

  • 内蔵電池の寿命を長く維持するため、充電量を調整する機能を追加します。
  • セキュリティ更新を実施いたします(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2016年6月になります)。

※上記以外にも、より快適に利用するための更新や一部仕様および表示変更もふくまれます。

 

この内蔵電池(バッテリー)の寿命を長く維持するというのは満充電を避けてバッテリーの負荷を軽減するという対策かな?

※リチウムイオン電池の特性として満充電を繰り返すと電池に負荷がかかるようです。逆に電池残量が0%の状態も良くないみたいですけどね。

 

更新にかかる時間

端末本体でソフトウェアアップデートを行う場合にかかる時間は約43分、パソコン接続によるソフトウェアアップデートにかかる時間は約17分です。

 

アップデート方法 (端末本体で行う場合)

待ち受け画面で「アプリボタン」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」を選択し、そこから案内にしたがって操作を行うとソフトウェアアップデートを行うことが出来ます。

ソフトウェアアップデートにかかる時間は約43分で、その間スマホが利用できなくなります。通話やメールの送受信なども行えないので注意してください。またアップデート中に電源が切れると故障の原因になりますので、一応電池は満充電の状態でアップデートするほうがいいかもしれません。

※通信状態などによってはより時間がかかることもあります、出来ればWi-Fi環境でアップデートしたほうがいいかもしれません。

 

ソフトウェアアップデート後の確認

今回のソフトウェアアップデートが無事終了するとビルド番号は「32.1.F.1.67」になります。

ビルド番号の確認方法

ホーム画面で「アプリボタン」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ビルド番号」

 

 

新しい機能「充電方法の最適化」の使用方法

今回のアップデートを実施すると「内蔵電池の寿命を長く維持するため、充電量を調節する機能」が追加されます。この機能を使用するためには設定を行う必要があります。

下記の手順で機能をONにしてください。

「メインメニュー」 → 「設定」 → 「端末情報」 → 「機器の状態」 → 「充電方法の最適化」で機能のON/OFFを設定できます。

 

 

Xperia(TM) Z5 SO-01Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

 所感

 セキュリティを向上させるために今回のソフトウェアアップデートはかなり重用なものとなっています。またバッテリーの寿命が延びる「充電方法の最適化」はXperia Z5をより長く使えるようにする為に必要な機能です、このようなアフターサービスはユーザーにとっては嬉しい事ですね。 なるべく早いサイクルで新しいスマホを購入して欲しいキャリアにとってはあまり嬉しく無い事かもしれませんが・・・

 

ちなみに僕もXperia Z3 Compactで同様の「充電方法の最適化」機能を利用していますが、やはりバッテリーを満充電させないようにしている為か充電が完了するときはバッテリー容量100%ですが、数分すると97%ぐらいまで減った状態で上のバーに表示されるようになりました。

 

それと「充電方法の最適化」に関する注意事項に下記のような事が書かれています。

本アップデートにより、内蔵電池の寿命をより長く維持するために、充電制御を最適化しております。
なお、端末の連続待受時間、連続通話時間等が短くなる場合があります。

 

ですが、電池の持ち時間に関して個人的には以前とあまり変わってはいないような気がします。

ただXperia Z3 Compactにこの機能が付いた時、同時にAndroid 6.0にアップデートしAndroid6.0で標準搭載された電池の消費を抑える機能「Dozeモード」も有効になってしまったので正確には電池の持ち時間が減ったのかよくわかりません。

とりあえず電池の持ち時間を出来るだけ伸ばすため、Xperiaに標準で入っている「STAMINAモード」の利用をオススメします。

※Android 6.0では自動的にDozeモードが動作します。

 

STAMINAモード

Android 6.0では「設定」→「バッテリー」→「STAMINAモード」で設定を行うことが出来ます。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村