読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMMモバイルがデュアルスタンバイ対応「Moto G4 Plus」の申込受付を開始しました!!

DMMモバイル スマホ-モトローラ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160722022928j:plain

DMM.comは7月21日(木)、同社のMVNO「DMMモバイル」においてデュアルSIM/デュアルスタンバイ対応のSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の申込受付を開始しました。

f:id:hakoroid:20160722022903j:plain

Moto G4 Plusは今月13日にモトローラ・モビリティ・ジャパンから発表されたばかりのSIMフリースマホで最大の特徴は「デュアルSIM/デュアルスタンバイ対応」というところです。日本国内においても3GとLTE(4G)のSIMカード 2枚をMoto G4 Plusに挿入しておくことにより同時待ち受けが可能になります。またガラケーで使用しているSIMカードと格安SIM(データ専用SIM)を同時に挿入しておくことにより月額料金を抑える事も可能です。

 


(例)

NTTドコモのガラケーに使用しているSIMカードとDMMモバイルで契約したデータ通信専用のSIMカード、この2枚をMoto G4 Plusに同時に入れておくと、通話はNTTドコモの回線(電話番号)を使用してデータ通信にはDMMモバイルのLTE(高速通信)を使用するという使い方が可能になります。

こうすることにより2回線契約していても結果的に月額の通信料金を安く抑えることが可能になります。

デュアルSIM/デュアルスタンバイは本当に便利な機能です。


 

Moto G4 Plusには容量別に2つのモデルが用意されており「RAM 2GB/ROM 16GB」と「RAM 3GB/ROM 32GB」のモデルが発表されていましたが、DMMモバイルから購入できるのは「RAM 3GB/ROM 32GB」のモデルでカラーバリエーションはブラックホワイトの2色です。

 そしてDMMモバイルでの価格は一括払いで35,800円(税別)、分割の場合は1,903円 x 24回払いとなっています。これに契約するプランに応じた月額料金が加算されます。

 


SIMフリーを選ぶなら”断然”DMM mobileがおトク!!!

 

ここからはMoto G4 Plusについてより詳しく紹介していきます。

 

Moto G4 Plusの特徴

  • 画面は5.5インチ、解像度はフルHD (1920 x 1080ドット)
  • OSはAndroid 6.0、そして今後登場する予定のAndroid 7.0(Nougat)へのバージョンアップにも対応予定
  • 日本初の3G / 4G(LTE) デュアルスタンバイに対応
  • 高速で認識される指紋認証センサーを搭載 (750ms以下でロック解除可能)
  • バッテリー容量は3,000mAh、そしてTurboPower急速充電機能を搭載しており「15分充電で6時間駆動」との事です。 (専用充電器は同梱されています)
  • Moto G4 Plusには本体を持ち上げた時に着信音を停止する機能と裏返した時にサイレントモードになる機能があります。
 Moto G4 Plusは高性能カメラを搭載しています。

f:id:hakoroid:20160722024919j:plain

f:id:hakoroid:20160722024743j:plain

※SIMスロットは2つ用意されていますがLTE(4G)対応のSIMカードを2枚挿れデュアルスタンバイにして使うことは出来ません、ご注意ください。3GとLTEの組み合わせでデュアルスタンバイを使用することが出来ます。

各アングル

f:id:hakoroid:20160722031447j:plain

f:id:hakoroid:20160722031515j:plain

f:id:hakoroid:20160722031519j:plain

 

Moto G4 Plus スペック

 

メーカー名 モトローラ・モビリティ・ジャパン
モデル名 Moto G4 Plus
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5.5インチ / 解像度 フルHD (1920 x 1080)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952
[ 1.5GHz + 1.2GHz (オクタコア) ]
GPU Adreno 405
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
カメラ (メイン/サブ) 1600万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3000mAh (TurboPower高速充電対応)
サイズ 152.9 x 76.5 x 7.87 - 9.78mm
重さ 157g
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1
通信 (LTE) Band 1/3/5/7/8/19/20/28/40
通信 (3G)[W-CDMA] Band 1/2/5/8/19
SIM microSIM x 2 (nanoSIMアダプター付属)
カラバリ ホワイト / ブラック
microSD microSD (最大128GB)
センサー 指紋認証センサー 

 ※DMMモバイルでMoto G4 Plusのスペック確認をすると重量が147gと書かれていますが、発表時のスペックが157gだったのでおそらく表記ミスだと思います。

 

DMM mobile 

 

 所感

 普段ガラケーを使用してる方でスマホに興味のある方が、Moto G4 PlusをDMMモバイルからデータSIMプランの契約とセットで購入すると、いま契約している大手携帯電話会社のプランを変更すること無く電話番号をそのまま利用でき、尚且つ新しいスマホでLTE(高速通信)を安く利用できるようになりますよ。

※KDDI (au)のガラケーに入っているSIMカード (3G)には対応していませんのでご注意ください。NTTドコモかソフトバンクなら使用可能です。ただもしかするとソフトバンクのSIMカードを使う場合はショップに行く必要があるかもしれません。

 

 ※ガラケーに入っているSIMカードのサイズが「標準SIM」の場合、SIMカードのサイズ変更が必要になります。この場合ショップの窓口でSIMカードのサイズ変更手続きを行う(有料)か自己責任においてSIMカッターでカットする必要があります。

 

 

7月21日 追記

本日配信が開始されたPokemon GoですがMoto G4 Plusで快適に遊べそうです。

Pokemon Goを動作させるのに必要な条件、Android 4.4以上、メモリ2GB以上、解像度はHD以上が望ましい(Moto G4 PlusはフルHDです)、必要なセンサーとしてGPS,ジャイロスコープ(ARモードの為)等、全ての条件をクリアしています。またバッテリーも大容量で高速充電にも対応しているのでPokemon Goで遊ぶにはピッタリかも知れません。

ただ外で遊んでいる最中にバッテリーが無くなる可能性はあるので予備にモバイルバッテリーを携帯しておいたほうがいいかも

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村