日本初のAndroidOne端末「AQUOS 507SH」がY!mobileから7月29日に発売されます

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160705161829j:plain

シャープは日本初登場の「AndroidOne」端末、 「AQUOS 507SH (Y!mobileブランド)」を2016年7月29日にY!mobileから発売すると発表しました。

 

予約受け受けは7月22日より開始しており、Y!mobileオンラインショップで購入する際の本体価格は他社から乗り換え(MNP)の場合、実質負担12,100円からとなります。

ちなみにAQUOS 507SHの本体価格は51,948円です。

 

Android Oneとは

f:id:hakoroid:20160705165943j:plain

Android Oneとは、Googleがメーカーと協力してAndroid搭載スマホを開発するプログラムで、プリインストールされているアプリは基本的にGoogle純正のアプリのみ、また発売後18ヶ月間以内にOSバージョンアップ、そして2年間は毎月セキュリティアップデートが実施されます。

Android Oneは常に最新のAndroid OSとセキュリティでGoogleのサービスを楽しむことの出来るシンプルなスマホになっています。

 

もともとAndroid Oneは新興国向けに安価な端末を提供するという目的で2014年にGoogleが始めたプログラムです。しかし現在は様々な国で展開されているようです。

最新OSでの利用が保証されていてセキュリティアップデートも頻繁に実施されるところはNexusシリーズに似ていますね。しかしNexusシリーズはハイエンドモデル向けなのに対してAndroidOneはミドルレンジからローレンジモデルの低価格スマホ向けのものです。

となると今回のAQUOS 507SHは、わりとコストパフォーマンスの良いスマホになるかも!?

 

「AQUOS 705SH」の特徴

  • 常に最新のGoogle体験ができるAndroidOne
  • 高精細で明るい表示や低消費電力化を実現した「IGZO液晶」を搭載
  • エッジ部分が丸みをおびた2.5Dパネルを採用、画面も2.5Dガラス
  • ディスプレイには特殊化学強化ガラスを採用 (Gorilla Glass 4)
  • メインカメラは1310万画素で薄暗い場所でも綺麗な撮影が可能
  • インカメラは自撮り(セルフィー)に適した広角レンズを搭載
  • 日本仕様の防水・防塵にも対応
  • ワンセグやVoLTEに対応
  • 3010mAhの大容量バッテリーを搭載しており、3日間超えの電池長持ち
  • 対応周波数帯(バンド)は3G/LTE共にソフトバンク(Y!mobile)のプラチナバンドに対応
  • カラーバリエーションは「スモーキーブルー、ホワイト、ブラック」の3種類

 

フレーム

f:id:hakoroid:20160705164255j:plain

全体的に丸みがあって持ちやすそうですね。 

 

キャップレス防水・防塵、Gorilla Glass 4を採用

f:id:hakoroid:20160705163940j:plain

日本仕様の安心設計、しかも米コーニング社のGorilla Glass 4を採用しているので画面の傷にも強そうです。でも一応保護フィルムはつけたほうがいいかもしれません。

※細かい石や金属などで何度もこすれるとGorilla Glassでも傷がつきます。

 

カメラ機能

f:id:hakoroid:20160705164832j:plain

 

電池長持ち

f:id:hakoroid:20160705163709j:plain

 外出先で電池切れの心配があまり無いのは嬉しいです。

 

カラーバリエーション

f:id:hakoroid:20160705162802j:plain

 

デザイン

f:id:hakoroid:20160705161402j:plain

 

「AQUOS 507SH」スペック

メーカー名 シャープ
モデル名 705SH (Y!mobileブランド)
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5インチ / 解像度 HD (1280 x 720)
IGZO液晶 / 2.5D / Gorilla Glass 4
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952
[ 1.5GHz(クアッドコア) + 1.2GHz(クアッドコア) ]
GPU Adreno 405
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 1310万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3010mAh
サイズ 142 x 71 x 8.8mm
重さ 135g
通信 (LTE) 900MHz/1.7GHz/2.1GHz/2.5GHz (AXGP)
通信 (3G) 900MHz/2.1GHz
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
microSD microSD / SDHC /SDXC (最大200GB)
SIMサイズ 不明
カラバリ スモーキーブルー / ホワイト / ブラック
防水・防塵 IPX5/IPX8 /IP5X
その他 VoLTE対応 / ワンセグ / 急速充電 /NFC

 ※通信(電波)はLTE/3G共にソフトバンク(Y!mobile)のプラチナバンドに対応 (Band8:900MHz)

 

 Y!mobileオンラインショップ

ワイモバイルのスマートフォンなら2,980円!

 

所感

日本で初のAndroidOneの登場ですね、てっきり日本ではNexusを販売しているので、主に新興国向けの「AndroidOne」は発売しないものだと思っていました。

ちなみにAQUOS 507SHは基本スペックが高くCPU(SoC)にQualcomm Snapdragon 617 (オクタコア)を搭載していて高グラフィック処理能力を持つGPU Adreno 405も搭載しているので3Dゲームでも存分に楽しめると案内されています。最近スマホのゲームでも3Dを使用したゲームが沢山有るので、それに対応できるのはいいですね。

ただ、残念ながらおサイフケータイや緊急速報メールには対応していないようです。

そして気になるのは本体価格です、AndroidOneとはいえ防水防塵機能が付いていたり、IGZO液晶、Gorilla Glass 4を採用していたり、CPU(SoC)もSnapdragonの8コアを搭載・・・新興国向けの格安モデルとは違い意外と高額になるのかも

でも日本初のAndroidOne気になりますね、発売されたら見に行かないと!!

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村