読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本初のAndroidOne端末「AQUOS 507SH」がY!mobileから7月下旬に発売予定!! 追記「発売日は7月29日」

Y!mobile スマホ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160705161829j:plain

7月5日、シャープは日本初登場の「AndroidOne」端末、 「AQUOS 507SH (Y!mobileブランド)」を2016年7月下旬にY!mobileから発売すると発表しました。

 

追記

 Y!mobileがAndroidOne 「AQUOS 507SH」を7月29日に発売すると発表しました。

予約受け受けは7月22日より開始、Y!mobileオンラインショップで購入する際の本体価格は他社から乗り換え(MNP)の場合、実質負担12,100円からとなります。

ちなみにAQUOS 507SHの本体価格は51,948円です。

 

Android Oneとは

f:id:hakoroid:20160705165943j:plain

Android Oneとは、Googleがメーカーと協力してAndroid搭載スマホを開発するプログラムで、プリインストールされているアプリは基本的にGoogle純正のアプリのみ、また発売後18ヶ月間以内にOSバージョンアップ、そして2年間は毎月セキュリティアップデートが実施されます。

Android Oneは常に最新のAndroid OSとセキュリティでGoogleのサービスを楽しむことの出来るシンプルなスマホになっています。

 

もともとAndroid Oneは新興国向けに安価な端末を提供するという目的で2014年にGoogleが始めたプログラムです。しかし現在は様々な国で展開されているようです。

最新OSでの利用が保証されていてセキュリティアップデートも頻繁に実施されるところはNexusシリーズに似ていますね。しかしNexusシリーズはハイエンドモデル向けなのに対してAndroidOneはミドルレンジからローレンジモデルの低価格スマホ向けのものです。

となると今回のAQUOS 507SHは、わりとコストパフォーマンスの良いスマホになるかも!?

 

AQUOS 705SH の特徴

  • 常に最新のGoogle体験ができるAndroidOne
  • 高精細で明るい表示や低消費電力化を実現した「IGZO液晶」を搭載
  • エッジ部分が丸みをおびた2.5Dパネルを採用、画面も2.5Dガラス
  • ディスプレイには特殊化学強化ガラスを採用 (Gorilla Glass 4)
  • メインカメラは1310万画素で薄暗い場所でも綺麗な撮影が可能
  • インカメラは自撮り(セルフィー)に適した広角レンズを搭載
  • 日本仕様の防水・防塵にも対応
  • ワンセグやVoLTEに対応
  • 3010mAhの大容量バッテリーを搭載しており、3日間超えの電池長持ち
  • 対応周波数帯(バンド)は3G/LTE共にソフトバンク(Y!mobile)のプラチナバンドに対応
  • カラーバリエーションは「スモーキーブルー、ホワイト、ブラック」の3種類

 

 フレーム

f:id:hakoroid:20160705164255j:plain

全体的に丸みがあって持ちやすそうですね。 

 

キャップレス防水・防塵、Gorilla Glass 4を採用

f:id:hakoroid:20160705163940j:plain

日本仕様の安心設計、しかも米コーニング社のGorilla Glass 4を採用しているので画面の傷にも強そうです。でも一応保護フィルムはつけたほうがいいかもしれません。

※細かい石や金属などで何度もこすれるとGorilla Glassでも傷がつきます。

 

カメラ機能

f:id:hakoroid:20160705164832j:plain

 

電池長持ち

f:id:hakoroid:20160705163709j:plain

 外出先で電池切れの心配があまり無いのは嬉しいです。

 

カラーバリエーション

f:id:hakoroid:20160705162802j:plain

 

デザイン

f:id:hakoroid:20160705161402j:plain

 

AQUOS 507SH スペック

メーカー名 シャープ
モデル名 705SH (Y!mobileブランド)
OS Android 6.0 (Marshmallow)
ディスプレイ 5インチ / 解像度 HD (1280 x 720)
IGZO液晶 / 2.5D / Gorilla Glass 4
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952
[ 1.5GHz(クアッドコア) + 1.2GHz(クアッドコア) ]
GPU Adreno 405
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 1310万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3010mAh
サイズ 142 x 71 x 8.8mm
重さ 135g
通信 (LTE) 900MHz/1.7GHz/2.1GHz/2.5GHz (AXGP)
通信 (3G) 900MHz/2.1GHz
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
microSD microSD / SDHC /SDXC (最大200GB)
SIMサイズ 不明
カラバリ スモーキーブルー / ホワイト / ブラック
防水・防塵 IPX5/IPX8 /IP5X
その他 VoLTE対応 / ワンセグ / 急速充電 /NFC

 ※通信(電波)はLTE/3G共にソフトバンク(Y!mobile)のプラチナバンドに対応 (Band8:900MHz)

 

 Y!mobileオンラインショップ

ワイモバイルのスマートフォンなら2,980円!

 

所感

日本で初のAndroidOneの登場ですね、てっきり日本ではNexusを販売しているので、主に新興国向けのAndroidOneは発売しないものだと思っていました。

ちなみにAQUOS 507SHは基本スペックが高くCPU(SoC)にQualcomm Snapdragon 617 (オクタコア)を搭載していて高グラフィック処理能力を持つGPU Adreno 405も搭載しているので3Dゲームでも存分に楽しめると案内されています。最近スマホのゲームでも3Dを使用したゲームが沢山有るので、それに対応できるのはいいですね。

あと残念ながらおサイフケータイや緊急速報メールには対応していないようです。

そして気になるのは本体価格です、AndroidOneとはいえ防水防塵機能が付いていたり、IGZO液晶、Gorilla Glass 4を採用していたり、CPU(SoC)もSnapdragonの8コアを搭載・・・新興国向けの格安モデルとは違い意外と高額になるのかも

でも日本初のAndroidOne気になりますね、発売されたら見に行かないと!!

 

8月11日 追記

現物を見てきました。思ってた以上に本体が丸っこい感じですね。本体もラウンドエッジ加工がされていて4つ角も丸みがあって持ってみると軽くて手にフィットする感じでした。サイズ的にもそれほど手が大きくない方でも片手で操作ができそうです。

アプリの起動などに関してはサクサク動きました。またジャイロスコープ搭載でPokemon GoもARモードで楽しむことが出来ます。

AndroidOneとはいえ安心の国内仕様と言った感じがします。まぁシャープ製なのだから当然なのかもしれませんね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村