読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」の新モデルが7月20日に発売!!

タブレット その他(日記)

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160626020314j:plain

 

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」の新モデルが7月20日(水)に旧モデルと同じ価格の8,980円(税込)で発売されます。

※この価格はキャンペーン情報(広告)付きモデルの価格で、広告非表示のモデルは10,980円(税込)です。

 

Kindle(Newモデル)は従来のモデルよりも薄くて軽くなりました。そしてAmazonプライム会員は4,000円割引4,980円(税込)で購入できます。

 

Amazonプライムについて

Amazonプライム会員になると沢山の特典が受けられます。

まず配送特典として「お急ぎ便」や「お届日時指定」が使い放題、また購入金額にかかわらず配送料や取扱手数料も無料になります。

その他にもプライムビデオという映画やTV番組が見放題になる動画配信サービス、100万曲以上が聴き放題のプライムミュージック等の特典もあります。

f:id:hakoroid:20160625225820j:plain

これら全ての特典が受けられるプライム会員の年会費は3,900円(税込)です。

※僕は毎月定期的に缶コーヒーや飲料水をケースで購入していますし、プライムビデオにも興味があったのでプライム会員になりました。

 

Kindleを購入するのであればプライム会員特典として4,000円の値引きがあるので、プライム会員でない方は、この機会にプライム会員になったほうがお得ですよ。

 

Kindle(Newモデル)の特徴

  • 従来のモデルよりも更に薄く、軽くなりました (重量は30g軽くなりました)
  • RAM(メモリ)が従来のモデルの2倍になり512MBになりました
  • Bluetoothオーディオにも対応
  • カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色
  • ブルーライトゼロで目に優しい
  • 本物の紙のように表示されるE-inkスクリーンを搭載
  • バッテリーの持ち時間は数週間
  • Kindleには最大数千冊(書籍の場合)入ります (4GB)
  • Amazonコンテンツはクラウドに容量無制限で保管されます、追加料金はかかりません。
  • 無線LANはIEEE802.11 b/g/nに接続可能、セキュリティはWEP,WPA,WPA2に対応

 

 

f:id:hakoroid:20160626015843j:plain

Kindleは普通のタブレットとは違い電子書籍を読むことに最適化されている所がいいですよね。僕も以前Kindleを購入するかどうか検討している時に家電量販店で実物を触って見ましたが、文字がくっきり表示されていて読みやすそうでした。

 

Kindleに内蔵されている辞書機能

f:id:hakoroid:20160626020545j:plain

 Kindleには無料で辞書が付いてきます、また検索機能ではタップするだけで辞書とWikipediaを検索できるので、今読んでいるページを閉じなくてもその画面上で意味を調べることができます。

 

f:id:hakoroid:20160626020901j:plain

そしてAmazonのKindleストアでは定期的にセールが開催されています。僕も以前利用しましたが、時々に半額セール(ポイント還元)が開催されることもあるので、そのような時には読みたい本をまとめ買いするといいかもしれませんよ。

 

Kindle(Newモデル)の仕様

サイズ

f:id:hakoroid:20160626021207j:plain

 

スペック

f:id:hakoroid:20160626020153j:plain

 

f:id:hakoroid:20160626021414j:plain

 

所感

 読書が好きな方にとってKindleは最適なタブレットですね。僕は最近あまり本を読まなくなった気がしますが、以前ならコンピュータ関係の本や漫画を沢山読んでいたので迷わず購入していたかもしれません。

でも技術書ならやはり必要なページに折り目をつけたり栞を挟めるほうが便利なのかな、それでもマンガやラノベ・小説なら保管場所に困ることもなく、本を持ち歩かなくてもいい電子書籍のほうがいいですね。

最近は電子書籍で本を購入する人もかなり増えていそうですし、もしかすると紙の本の売上は減り始めているのかもしれませんね。

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村