読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

auから発売されたHTC10が気になったので価格とスペックを見てきました!!

スマホ-HTC 携帯電話会社-KDDI (au) スマホ

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160601154509g:plain

 

f:id:hakoroid:20160613012329j:plain

 

f:id:hakoroid:20160613011941j:plain

KDDI(au)からHTCの2016年フラッグシップモデル「HTC10 (HTV32)」が6月10日(金)に発売されました。

 HTC 10はこれまでKDDIから発売されたHTCのJシリーズとは違い、かなりグローバルモデルに近いモデルで、日本で発売されるスマホには当たり前のように付いている「ワンセグ/フルセグ」、「おサイフケータイ」「防水」がついてません。

※防水に関しては本体の設計上ある程度は防ぐことが出来るようです。でも過信してはいけません。

 

HTC 10 (HTV32) の価格

気になるHTC 10 (HTV32)の価格は78,840円(税込)、分割払いなら3,285円(税込) x 24回、そして毎月割は1,710円(税込)です。

f:id:hakoroid:20160613001255j:plain

 

しかも今なら他社から乗り換え(MNP)で「2016夏 のりかえ割」が付き、900円/月 (最大24ヶ月)の割引も付きます。下取りするスマホもあれば更にその分の割引まで付きます。

 

2016年 のりかえ割のキャンペーン期間は2016年6月10日(金) ~ 2016年8月31日(水)です。

2016夏 のりかえ割 | キャンペーン・割引特典 | スマートフォン・携帯電話 | au

 

MNP特典やスマホ下取りの割引が適用されれば実質負担額はかなり少なくなりますね。もしMNPで「2016年 のりかえ割」がついたら実質負担は16,200円かな?さらにauひかり等を契約していてスマートバリューまでついたら0円ですね。

 ※割引の価格について詳しい情報は実際に店頭で確認をお願いします。下取りするスマホによっても変わってきます。

 

HTC 10の特徴

  • 最新のCPU(SoC)Snapdragon 820を搭載したHTCのフラッグシップモデル
  • メインメモリは4GB搭載
  • 筐体はアルミニウム
  • ディスプレイには傷がつきにくいCorning社のGorilla Glass 3を採用
  • メインとサブ、両方のカメラに光学手ブレ補正機能を搭載
  • メインカメラには高速レーザーオートフォーカス機能搭載(連写可能)
  • カメラの起動は約0.6秒と高速
  • KDDIのキャリアアグリゲーションにも対応 (最大受信速度 370Mbps)
  • VoLTE対応
  • 防塵設計 (IP5X相当)、ある程度の防水性能はあるようです。
  • 指紋認証センサーを搭載
  • 4K動画撮影対応
  • ステレオ24bitハイレゾオーディオ録音と4K動画撮影の組み合わせが可能
  • ハイレゾオーディオ再生機器に認定
  • ハイレゾ対応イヤホンも同梱
  • USB Type-Cコネクタが採用されておりコネクタの上下を気にしなくてもいい
  • 急速充電Quick Charge 3.0対応 (専用充電器を同梱)
  • カラーバリエーションは「カメリアレッド」「トパーズゴールド」「カーボングレイ」の3色
 ※グローバルモデルのカラーバリエーションには「シルバー」がありますが、日本版にはありません。そのかわり日本限定色の「カメリアレッド」が追加されています。
 
※ディスプレイのGorilla Glass 3に関して日本のサイトでは確認できませんでした、グローバルモデルには採用されているのでおそらく日本版も採用しているの思うのですが・・・もしかしたら違うかもしれません。

カメラ

f:id:hakoroid:20160613013345j:plain

 店頭のデモ機を触ってみましたが、カメラの起動、そしてピント合わせ(オートフォーカス)がかなり早かったです。手ブレに関しては店頭だったので試すことはできませんでしたが、公式サイトの説明を見る限りかなり期待できそう、それとF値が2.0以下なので暗い場所での撮影でもかなり綺麗な撮影ができそうです。
カメラにもかなりこだわっていますね。
 

ハイレゾ

ハイレゾ対応イヤホンが同梱されているのは嬉しいですね、ハイレゾ対応のイヤホンはとても高価でソニー製のものだと約8600円ぐらいで販売されています。

SONY h.ear in カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 MDR-EX750

SONY h.ear in カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 MDR-EX750

 

※ハイレゾイヤホンはカメリアレッド、カーボングレイには黒のイヤホン、トパーズゴールドには白のイヤホンが同梱されています。

f:id:hakoroid:20160613002500j:plain

 

 

HTC 10のディスプレイは2.5Dラウンドエッジ加工ですが、このようなフィルムなら綺麗に貼れそうですね。 

 

 最近のスマホは2.5Dのディスプレイが多いのでこれからはこのようなフィルムが主流になるのかな

 

HTC 10のPV (Youtube)

 

HTC 10 スペック表

メーカー HTC
モデル名 HTC 10
OS Android 6.0 / HTC Sense
ディスプレイ

5.2インチ / 解像度 WQHD (2560 x 1440)

564ppi /Gorilla Glass 3 / 2.5D

CPU(SoC)

Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996

[ 2.2GHz x 2 / 1.6GHz x 2 ](クアッドコア)

メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 32GB
通信 4G LTE / WiMAX 2+
microSD midroSD/SDHC/SDXC (最大200GB)
カメラ (メイン/サブ) 1200万画素 (レーザーAF) / 500万画素
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 146 x 71.9 x 9.2mm (最も薄い場所は3mm)
重さ 161g
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIM au Nano IC Card 04(VoLTE)
その他 テザリング機能 / GPS / バッテリー節電機能

 ※地震、災害時の「緊急速報メール(エリアメール)」には対応しています。

 

所感

HTC 10が発売されたので早速、近くの家電量販店で動くHTC 10を触ってきました。まずカメラの起動がとても早くアプリボタンを押したらすぐに起動しました。

またSnapdragon 820の発熱も気になっていたのでビデオ撮影もちょっと試してみたのですが、数分撮影しても本体の背面が少しだけ暖かくなる程度で特に問題は無さそうでした。

あとは手に持った感じがかなり持ちやすかったです、画面サイズは5.2インチで片手での操作は難しいかと思ってたのですが「HTC 10」は背面が若干湾曲していて端の方は特に厚みが薄くなっているので握りやすく親指が画面の端まで届きました。ただ重量はそれなりにあります。

男性でも手が小さい方でないのなら片手操作ができそうです、女性の場合スマホの操作は両手で行うことが多いようなので問題なさそうですね。

 
それと店頭に置いてあるデモ機なのでハイレゾがどれだけ素晴らしいのか体験できなかったのはちょっと残念です。友達HTC 10買わないかなぁ (笑)
 
※持った感じは動作するデモ機(ホットモック)だと防犯上の理由から配線が付いている為しっかり握れないので、動かない模型(コールドモック)で確認しました。
 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村