読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZTE製フラッグシップモデル「ZTE AXON 7」が日本でも発売される予定!? 追記「発売が決まりました」

スマホ-ZTE スマホ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160607181854j:plain

 

先月の話ですが、5月26日にZTE社が中国・北京で新商品発表会を行い、その際同社のフラッグシップモデル「AXON 7」が紹介されました。 

f:id:hakoroid:20160607163335j:plain

AXON 7はグローバルモデルとして展開し「アメリカ、中国、日本」等で発売する予定です。日本でもZTE製のフラッグシップモデルが発売されるということなので早速スペック等を調べてみることにしました。

 

ZTE AXON 7の特徴

  • ZTE製 2016年フラッグシップモデル
  • フルメタル製のアルミボディ(Unibody)
  • 画面サイズは5.5インチで解像度がWQHD (2560 x 1440ドット)
  • ディスプレイは有機EL (AMOLED)
  • 画面は傷が付き難い米コーニング社 Gorilla Glass 4を採用
  • CPU(SoC)に最新のSnapdragon 820を採用
  • メモリは4GB以上
  • 背面に指紋認証センサー搭載
  • ハイレベルなオーディオ技術が採用されており、サウンドにもかなり力を入れている (ハイレゾ対応 Hi-Fiサウンド)
  • メインカメラ(背面カメラ)は2000万画素
  • 4K動画撮影にも対応
  • バッテリーは3140mAhでQuick Charge 3.0(急速充電)にも対応
  • GoogleのVR「Daydream」に対応
  • ハイエンドモデル(6GB + 128GB)にはiPhoneに搭載されている、3D Touchのような機能が備わってる (Force Touch)

 

メタル製のアルミボディ (Unibody [ユニボディ])

AXON 7 はiPadのように1枚のアルミ板から作られているボディ(Unibody)です。Unibodyの特徴は薄くて軽い、そして頑丈、フレームを作る際パーツを繋ぎ合わせていないので剛性が高いそうです。 (ネジなどが無いのでデザイン性も良さそうですね)

 

ディスプレイ

画面にはAMOLEDという有機ELディスプレイが採用されています。また2.5Dと書かれているので2.5Dラウンドエッジ加工がされているようですね。そして画面サイズが5.5インチで、凄いのはこの高解像度(2560 x 144)というところですね。横の解像度が2560あるので一般的に2Kと呼ばれたりします。

 ※2.5D = ディスプレイの縁がちょっと湾曲している

 

処理能力

ZTE AXON 7の処理能力はかなり高そうな感じがします。2016年フラッグシップモデルの多くに採用されているQualcomm Snapdragon 820が搭載されていて、メインメモリも4GB/6GBが搭載されています。下位モデルのメモリ4GBであってもこれだけメモリを積んでいれば複数のアプリを同時起動しても、動作が遅くなることは無さそうです。

発売されたらベンチマークの結果も確認してみたいですね。

 

カメラ機能

アメリカのZTE公式サイトでAXON 7の紹介を見てみると4K動画撮影にも対応しているようです。またスローモーションキャプチャもできそうですね。

f:id:hakoroid:20160607170047j:plain

 

 

 バッテリー

急速充電機能のQuickCharge 3.0に対応しています、また電源出力も持っていて他の端末に充電させることも可能です。(バッテリーの取り外し不可)

公式サイトによると「通話時間が16時間」「待機時間は360時間」「100分でフル充電可能」と紹介されています。

 

GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」 

Daydreamとは、Google I/O 2016で発表されたAndroid N以降に対応する予定のVRプラットフォームの事です。Google製のVRならこれからのAndroidでは主流になるかもしれませんね。

発表会ではZTE社のVRゴーグル「ZTE VR」も紹介されたようですが、まだ発売時期や価格については未定のようです。

 

f:id:hakoroid:20160607172538j:plain

 

ハイエンドモデル(6GB + 128GB)に付いているForce Touch

こちらはメインメモリが6GB、内蔵ストレージが128GBの上位モデルにのみ搭載されている機能で、画面を強くタップするとそれを感知してコンテキストメニュー等を表示できるiPhoneに搭載されている3D Touchとよく似た機能です。

 

ZTE AXON 7の画像

f:id:hakoroid:20160607163737j:plain

f:id:hakoroid:20160607163746j:plain

右(裏側)

f:id:hakoroid:20160607163802j:plain

左(裏側)

f:id:hakoroid:20160607163815j:plain

 

 

ZTE AXON 7 スペック表

メーカー名 ZTE
モデル名 AXON 7
OS MiFavor 4.0 (Android 6.0ベース)
ディスプレイ

5.5インチ / 解像度 WQHD (2560 x 1440)

[AMOLED、2.5D]

CPU(SoC)

Qualcomm Snapdragon 820

(MSM8996) [ 2.15GHz (クアッドコア) ]

GPU Adreno 530
RAM + ROM (4GB + 64GB) / (6GB + 128GB)
カメラ (メイン/サブ)

2000万画素 (オートフォーカス、F/1.9、デュアルLEDフラッシュ)

/ 800万画素

バッテリー容量 3140mAh (QuickCharge 3.0)
サイズ 151.7 x 75 x 7.9mm
重さ 175g
無線LAN IEEE802.11 a/g/b/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
microSD microSD (最大128GB)
SIMサイズ デュアルSIM (nanoSIM x 2) Slot2はmicroSDと兼用
カラバリ ゴールド / シルバー / グレー

 

 

所感

ZTEの2016年フラッグシップモデルもやはりかなりのハイスペックですね。特に画面サイズが5.5インチとわりと大きめで解像度がWQHD(2560x 1440)というのがいいですね、高解像度なのはVRの為かな? またそれ以外のメインメモリと内蔵ストレージの大きさ、カメラ機能、急速充電機能、等など流石フラッグシップモデルといった感じです。

 グローバルモデルで販売されるフラッグシップモデルが日本でも発売されるというのはちょっとワクワクします。 

 

 


 10月13日 追記

本日発表されたAXON 7 miniのスペックについても記事を書きましたので良かったら見てみてください。

 

www.hakoroid.com

 

日本で発表されたモデルは RAM 4G / ROM 64GBのモデルのみでカラーバリエーションもゴールドとグレーの2色でした。対応周波数帯(バンド)に関しては日本で発売されるモデルはNTTドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応しているので格安SIMを入れても安心して使用することができそうです。

日本での発売は10月21日(金)で本体価格は59,800円(税抜)です。フラッグシップモデルとしては価格を抑えていますね。コストパフォーマンスはいいと思います。

 

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村