読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTI SIMの「スマホレンタルオプション」の受付けが開始されましたが・・・

MVNO-DTI SIM MVNO スマホ

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160419023523j:plain

以前、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)から発表のあった「DTI SIM」の新しいオプションサービス「スマホレンタルオプション」の申込受付けが5月25日(水)に開始されました。

 

 

スマホレンタルオプションとは?

スマホレンタルオプションはその名前の通り、スマホを購入する事無くレンタルできるオプションで、「DTI SIM」音声プランの契約をして、毎月スマホのレンタル料金を支払うことでスマホを購入すること無く使用できるオプションサービスです。

※音声プランのみの解約はできません。

 

f:id:hakoroid:20160419031049j:plain

そして契約から1年後の更新時期になると、レンタルするスマホを新しい最新のスマホに機種変更するか、追加料金を支払いそのスマホを買い取るか、それとも今レンタルしているスマホを継続してレンタルし続けるか、自分の好きな方法を選択できます。

 ※契約から1年後に機種変更する場合、契約者の更新時期にDTI SIMが提供するスマホから選ぶことになります。

 

そこで気になるのはレンタルされるスマホが何か? ということだと思いますが。DTIが最初に選んだスマホはApple社iPhone 6s (16GB)です。

iPhone 6sが発売されたのは2015年9月25日なのでレンタルされるiPhoneはかなり新しいモデルです。また貸し出しされるiPhone 6sは海外SIMフリー版です。

※海外SIMフリー版でも普通に日本で販売されているiPhoneとほとんど同じです、ただ大手携帯電話会社から販売されていないのでSIMロックがかかっていないというだけです。

f:id:hakoroid:20160419024933j:plain

 

 スマホレンタルオプションの料金

f:id:hakoroid:20160419025653j:plain

 DTI SIMのスマホレンタルオプションにかかる費用は、初回の事務手数料(スマホレンタルオプション)2,000円(税別)と事務手数料(DTI SIM音声プラン)3,000円(税別)、そして毎月かかる月額レンタル料金の3,600円(税別)です。

そしてDTI SIM音声プランの月額料金がこれに加算されます。

 

f:id:hakoroid:20160526023846j:plain

 

  

DTI SIMのスマホレンタルオプションを利用すると、毎年新しいスマホを使うことが可能になります。これは常に新しいスマホを使いたいという新しもの好きの方にはピッタリのサービスですね。

なかなか1年毎に高スペックなハイエンドモデルのスマホを買い換えるのは難しいという方が多いと思いますし・・・中にはそういう方もいらっしゃるかもしれませんけどね。

 

でも、スマホレンタルオプションは本当におトク?

ちょっと気になったのでiPhone 6sをレンタルするとお得なのか調べてみました。

まずiPhone 6sを1年間レンタルすると3,600円(税別) x 12回43,200円(税別)かかることになります。そしてもし1年後にレンタルを止め買い取る場合には別途買い取り料金43,200円(税別)がかかります。

この場合、iPhone 6sを購入するのにレンタル料金買い取り料金を足した合計の86,400円(税別)を支払ったことになります。

  • 1年後購入する場合

43200 + 43200 = 86400円 (税別)

 

またレンタルを継続して2年間使用するとレンタル料金だけで86,400円(税別)かかることになります。

  • 1年後にレンタルを継続する場合 

2年間iPhone 6sをレンタルすると86,400円(税別)

 

1年後に最新のスマホに機種変更する場合は3,600円(税別) x 12回43,200円(税別)

だけです。

  • 1年後に機種変更する場合

3,600 x 12 = 43,200円 (税別)

 

そして「スマホレンタルオプション」にはレンタル費用の他に初回のみ事務手数料(スマホレンタルオプション)2,000円(税別)事務手数料(DTI SIM音声プラン)3,000円(税別)がかかります。

※両方かかるんですね・・・初期費用は2つ合わせて5,000円(税別)です。 

 

今現在アップルストアでiPhone 6s (16GB)のSIMフリー版を単品で購入した場合の金額は78,800円(税別)です。

※2016年5月25日現在の価格

 

このことから、スマホレンタルオプションを利用する場合、1年毎に最新のスマホに機種変更する以外の選択はおすすめしません。

もし1年後に買い取りしようとか、そのまま同じiPhone 6sを継続で使おうと思っているのならアップルストアでiPhone 6s (16GB)SIMフリー版を購入したほうが安く収まりそうです。

今後、DTI SIMで新しくレンタルされるスマホの金額が変わるとまた話は変わってきますが、とりあえず今の金額で計算するとこのようになりました。なんとなくですが毎年新しいiPhoneがレンタルされる様な感じもするので、1年毎に最新のiPhoneを使いたいという方にはいいオプションサービスかもしれません。

もし今後も最新のiPhoneがこの金額でレンタルされるのならiPhoneを購入する金額の約半分の金額で最新のiPhoneを1年間利用できるという感じですね。

 

 所感

サービス内容を色々調べて注意事項も確認しましたが、正直このサービスの利用はちょっと・・・

最初サービス内容を見ながら記事を書いている時はいいかなと思ったのですが、よくよく調べると制約も多く、最低利用期間の違約金も高額です、またレンタル終了後の端末の状態次第では修理費用が発生するようです。

 

DTI SIM |iPhoneのレンタルならスマホレンタルオプション:【dream.jp】

 

個人的にはレンタルしているiPhoneに対して傷がついたり画面が割れたり、また紛失してしまった場合のリスクを考えるとスマホレンタルオプションを利用するよりもアップルストアでiPhoneを購入したほうがいいんじゃないかなと考えてしまいます。心配症なだけでしょうか?

ちなみにこのスマホレンタルオプション以外のDTI SIMのサービスに関しては格安SIMの中でも料金が安くとても魅力的なMVNOだと思いますよ。

 

 


DTI SIM

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村