【レビュー】ASUS ZenFone Shopから「ZenFone Go (ZB551KL)」が届いたので早速開封!!

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160404232154j:plain

先月、ZenFone Shopで予約注文していた「ZenFone Go」がようやく届きました。

本当は発売日にあわせて4月2日着でZenFone Shopから発送されていたのですが、こちらの都合で受け取るのが遅れてしまいました。

そしてタイミング悪くブログの記事を書く為に使用しているパソコンの調子が悪くなり、その復旧作業に追われていて少し前にようやくZenFone Goを開封しました

 

ちなみにZenFone Goの特徴やスペックはこんな感じです。

 

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)

f:id:hakoroid:20160314005811j:plain

Zenfone Go (ZB551KL)の特徴

  • 画面サイズ 5.5インチのIPSパネル、解像度はHD (1280 x 720ドット)
  • OSはAndroid 5.1.1 (Lollipop)
  • CPU(SoC)はQualcomm社のSnapdragon 400 (クアッドコア)を搭載
  • 搭載しているメモリは2GB
  • 日本語入力に優れた日本語変換制度をもつ「ATOK」をプリインストール
  • 通信(LTE)はNTTドコモとソフトバンクのKDDI(au)のプラチナバンドに対応
  • auのLTEで高音質な音声通話可能な「au VoLTE」に対応

 

 ZenFone Go (ZB551KL)のスペック

メーカー ASUS
モデル名 ZenFone Go (ZB551KL)
OS Android 5.1.1 (Lollipop)
ディスプレイ

5.5型ワイド / 解像度 HD (1280 x 720) /

IPS液晶

CPU(SoC)

Qualcomm Snapdragon 400

[ 1.4GHz (クアッドコア) ]

メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 800万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3010mAh
サイズ 151 x 76.9 x 10.7mm
重さ 160g
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
通信 (3G) Band 1/2/5/6/8/19
通信 (LTE) Band 1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
microSD microSD (最大64GB)
SIM デュアルSIM (microSIM x 2)
カラバリ ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク/レッド
その他

ASUS WebStorageサービス 5GB (永久無料版) /

Googleドライブ 100GB (2年間無料版)

 

 

それでは早速開封していきます。

 

「ASUS ZenFone Go」開封の儀 (カラバリは白)

f:id:hakoroid:20161021022121j:plain

やはり画面が大きい分本体も大きいですね、片手持って操作するのはちょっと難しいかも・・・

そして箱の中にはスマホを使う際に必要な物が全て入っていました。

 

【付属品】

  • 充電用USBアダプター
  • microUSBケーブル
  • イヤホン
  • イヤーピース
  • ユーザーマニュアル

 

各アングル

全面

f:id:hakoroid:20161021031758j:plain

 

背面

カメラ、デュアルLEDフラッシュ、音量ボタンがあります

f:id:hakoroid:20161021031802j:plain

 

上部

電源ボタンとイヤホンジャック

f:id:hakoroid:20161021032109j:plain

 

下部

USB端子

f:id:hakoroid:20161021032125j:plain

 

5.5インチの大きな画面は電子書籍を読むのによさそうです。まだいろいろ弄りながら使い方を覚えている最中ですが、新しいスマホを弄るのはワクワクします。しかもASUS ZenFone特有の機能(ZenMotion等)がたくさんありそうなので、これからいろいろ試して行きたいです。

 

ベンチマーク

まず、ZenFone Goの処理性能をチェツクするため「AnTuTu Benchmark V6.0.1」を入れてスコアを計測してみました。

f:id:hakoroid:20160406093729j:plain

ベンチマークテスト中、画面に3Dが表示されましたがやはりカクカクしてましたね。結果を見ても3Dのスコアはかなり低そうです。

ちなみにミドルレンジクラスだとスコアは5万以上、ハイエンドモデルだと10万を超えます。

 

CPUの性能を図るためにGeekbench 3も試してみました。

f:id:hakoroid:20160406095418j:plain

 

 

搭載しているCPU(SoC)が「Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926」で約2年前に様々なスマホに搭載されていたCPU(SoC)なので、最近出ているスマホから比べるとベンチマークのスコアは少し低めのようですが、今のところZenFone Goを使っていてアプリの動きがそれほど遅いとかは感じていません。

3Dを多用するアクションゲームは厳しいかもしれませんがそれ以外のものなら普通に動きそうな感じもします。メインメモリが2GBあるおかげかもしれませんね。

今後は少しその辺りも試してみたいと思います。

 

所感

しばらく使ってみましたが、まずZenFone Goは背面が少しカーブを描いているので手にフィットして持ちやすいですね。カバーを付けるとあまり関係なくなりますが裸の状態だと持ちやすさを実感できます。

処理速度に関しては3Dを表示させるようなゲームでは読み込みなどちょっと遅く感じるところがあります。でもゲームアプリ以外ではそれほどストレスを感じるほどではなさそうです。

上でも書いていますが電子書籍を読むときは問題なく読めます。画面サイズも5.5インチと少し大きめなので文字が多い書籍でも読みやすいです。

またカメラもハイスペックモデルに搭載されているようなカメラではありませんが、それなりにきれいな写真がとれます。薄暗い場所での撮影や被写体が激しく動いていなければ問題なさそうです。

色々と総合するとやはりエントリーモデルなので過度な期待はしないほうがいいと思いますが、ゲームをあまりやらない方が普通に使用する分にはとても使いやすい良いスマホだと思います。

価格も比較的抑えられているので、得にこれからスマホを使い始めるという方の入門用にいいかもしれません。


ASUS ZenFone Shop

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村