DMMモバイルがコスパに優れた格安スマホ「ASUS ZenFone Go」を3月下旬に発売予定

スポンサーリンク

DMMモバイル

DMMモバイルは3月17日、ASUS ZenFoneシリーズのエントリーモデル「ASUS ZenFone Go」の取り扱いを3月下旬より開始すると発表しました。

 

【追記】

発売が3月31日 15:00~と正式に発表されました。

ZenFone Goのカラーバリエーションと販売価格

 

ASUS ZenFone Go

ZenFone Goのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3色でDMMモバイルでの販売価格は一括払いで19,800円(税抜)、分割払いなら1,053円 x 24回払いです。

 

 格安スマホなのに高スペックなZenFone Go

 

ASUS ZenFone Go (ZB551KL)

ZenFone Go (ZB551KL)は本体価格が2万円弱の格安スマホですが、画面サイズが5.5インチで解像度はHD (1280 x 720)、そして視野角の広いIPS液晶が採用されています。またCPU(SoC)にはQualcomm社 Snapdragon 400 (クアッドコア)が搭載されていてメインメモリも2GBあるのでアプリを複数起動しても安心です。連続待受時間に関してもバッテリー容量が3010mAhあり、LTEで通信している状態だと約400時間です。

エントリーモデルってこんなに豪華なスペックだった?と思うぐらいのスペックです。

 

「ZenFone Go (ZB551KL)」スペック

メーカー ASUS
モデル名 ZenFone Go (ZB551KL)
OS Android 5.1.1 (Lollipop)
ディスプレイ

5.5型ワイド / 解像度 HD (1280 x 720) /

IPS液晶

CPU(SoC)

Qualcomm Snapdragon 400

[ 1.4GHz (クアッドコア) ]

メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 800万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3010mAh
サイズ 151 x 76.9 x 10.7mm
重さ 160g
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
通信 (3G) Band 1/2/5/6//8/19
通信 (LTE) Band 1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
microSD microSD (最大64GB)
SIM デュアルSIM (microSIM x 2)
カラバリ ブラック/ホワイト/ブルー
その他

ASUS WebStorageサービス 5GB (永久無料版) /

Googleドライブ 100GB (2年間無料版)

  • 通信はNTTドコモのプラチナバンド(FOMAプラスエリア)に対応しています。そしてDMMモバイルはNTTドコモの電波を使用するので電波に関しては安心ですね。

※ソフトバンクのプラチナバンドにも対応しています。

 

「DMMモバイル」料金プランの見直し

DMMモバイルは4月から料金プランを見直し、現在の料金よりも更に値下げすると発表しています。格安スマホのZenFone GoとDMMモバイルの格安SIMに興味のある方はDMMモバイルの公式サイトで簡単料金シミュレーションが出来るので、実際に月額料金がどれくらいなのか確認してみてはいかがでしょうか

【DMMモバイル】公式サイト : DMMモバイル

 

所感

個人的にもZenFone Goは欲しいなと思いDMMモバイルのページを見に行ったら、まだ申込受付が始まっていませんでした。とりあえずもう少し待ってみて申込受付が開始されたらデータ専用SIMとセットで申し込みしたいと思います。

はやり、このスペックでこの価格ははかなり魅力的ですよね。今のところZenFoneシリーズはどれも持ってないのでZenFone GoでZenFoneデビューかな?

 

【追記】

本当はDMMモバイルで格安SIMとセット購入するつもりだったのですが、ASUSの公式サイトで先に予約受け付けが開始されたので、今回はそちらで購入することにしました。

※ZenFone Goが届いたのでレビュー記事も書きました。

 

ASUSのエントリーモデル「ZenFone Go」が3月下旬に発売されます!!

【レビュー】ASUS ZenFone Shopから「ZenFone Go (ZB551KL)」が届いたので早速開封!!

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村